テーマ:素材

お正月は、松竹梅の竹で遊ぶ

新年、明けましておめでとうございます。 本年も、釣り・工作・刃物研ぎに精出していきたいと思います。 暮れの12/10には、都幾川の上流方面で寒竹系の竹を採取。 そして、12/26には高麗川の上流方面で、黒竹、布袋竹、篠竹を採取してきました。 河川敷をあちこちと探し歩き、こんな布袋竹の竹薮などを見つけては ハサミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南高梅の材をプレナー掛けしてもらいました

本日は、先に記事を掲載しました、友人から預かっている南高梅の材を <経緯はこちら>  http://kazika-koubou.at.webry.info/201611/article_4.html プレナーで整えてもらうべく、吾野方面の木工房まで行くことになりました。 それだけの用事で、車を往復200kmも走らすのも勿体無い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年秋の西荻骨董好き祭りに行ってきました

昨10/8(土)は、年2回、春と秋に開催される西荻骨董好き祭りがありました。 会場は、西荻窪は女子大通りの地蔵坂にある井荻会館です。 この会場と主催者は、私が毎月第4日曜に刃物研ぎの店を出している西荻手しごと市と同じなので、顔なじみの人が、多く楽しい催しですので、例年必ず顔を出しています。 ところが、今回は幼稚園に通う孫の運動…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

我が家のチェーン・ソー、久々に出動

チェーン・ソーを購入してから20年ほど経ちます。 長野県は佐久穂町の山中に別荘地を購入した頃には、チェーン・ソーも いろいろ使途もあろうかと思ったのですが、その後バブルもはじけ、 更に定年退職となって、年金暮らしとなった今となっては、余裕の金など あろう筈もなく、別荘を建てる夢は、儚く消えてしまいました。 そんな情況ではあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡竹(ハチク)を根掘りで採取する

以前から、タナゴ釣り友達のKさんが、手製タナゴ竿の手元にするのに 根掘りの淡竹(はちく)の細いのが欲しいと言っていた。 3月3日、まだ孫に女の子はいないので、雛祭りは関係ない。 犬の散歩に出ると、暖かい陽気でハイキング日和です。 淡竹の生えている場所に心当たりがあったのを思い出しました。 もう竹採りをするには季節が過ぎてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中曽根元首相の別荘、日の出山荘を訪れてみました

この12日の未明に、長男のところに男児誕生。 娘のところには、3歳の孫がいるので、私にとっては2人目の孫です。 25日が予定日だったので、マダマダと油断して今週はいろんな予定を入れてしまっており、生まれた日には顔を見に行けませんでした。 やっと昨日、ドライブがてら顔を見に、五日市の秋川近くの産院にカミさん(祖母)とその母(ひいおば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葡萄の材

毎日の犬の散歩コースは、近在に幾つかある農産物直売所を巡るコースでもあります。 今日は、最初の直売所で山芋(200円)を購入。 ここは安定的に良いものがあります。 それに仕事熱心で閉まっていることがありません。 石神井川近くにある次の直売所は閉っていました。  ここは、赤ダイコンとかズッキーニとか洒落た野菜があるのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の孟宗竹を伐る

一昨年に生えたこの孟宗竹、大きな筍であったにも関わらず、コンクリートの万年塀に沿ってコソっと生えてきたので、気が付いた時には2メートル程に育っていました。 その後も伸び続け、1ヶ月後には軽く10メートルを越えていました。 隣家より、大風の日に軒を叩く惧れがあるとのクレームもあり、昨年の春先に園芸業者に伐採を見積もらせた処、5~6万円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

材木をゲット!

犬の散歩に行く公園近くにある造園業者さんと思われる庭木畑の脇に、以前から伐採木や抜根が放置されていて、「欲しいなぁ」と思っていたのですが、今朝、犬の散歩に行くと、 「まきストーブ用に、この木あげます」 の立て札が立っていました。 な~んだ、もっと早くそう言ってくれれば良かったのに・・・ 貰っても良いか、自分から積極的に訊…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

お買い得? 古道具屋で見つけた木材

眼鏡の作り買えで、このところ2回ばかり、西荻窪に行きました。 我が家から自転車で15分ほどです。 眼鏡は、3年前に4個作ったものが、皆2段階ほど視力の方が落ちて見難くなってきたのです。 乱視が酷いし、老眼も進行しました。 4種類の眼鏡とは、こんな具合で、年取ると不便極まりないですね。  ・遠近両用   ・車の運転と釣り用  ・…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

竹工藝品用の真竹の採取

この夏、高麗川にオイカワ釣りに行った時、地元のご主人が、河川敷に隣接する裏庭に生えた真竹の間伐をしていらっしゃいました。 声を掛けて挨拶し、冬になったら伐りに来させて下さいと、お願いしておいたのです。 この処かなり涼しくなってきたので、 頃は良し! とクロスケと一緒に、ノコギリ、剪定鋏などを車に積み込んで出発。 あいにく、顔見知…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

竹採りの季節

一般に竹を伐る時期は、10月下旬~12月中旬と言われています。 その伝でいきますと、前シーズンの終わりというにも、かなり遅い今年の2月9日に、 布袋竹を伐らせて頂いたのは、2月に掲載したとおりです。 詳しくは、以下をご参照ください。  http://kazika-koubou.at.webry.info/201102/artic…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

寒竹(カンチク)と大木賊(オオトクサ)の移植成功

いずれも頂いたものですが、寒竹(カンチク)と大木賊(オオトクサ)の移植が巧くいき、我が家の玄関前エントランスに沿って、育ってきました。 普通の木賊(トクサ)なら従来より我が家にも、庭の片隅にミョウガなどと一緒に細々と生えていたのですが、ご近所の華道がご趣味の方の家に、巨大なトクサが生えているのが、以前からとても気になっていました。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

西荻窪は井荻会館の骨董市で素材を探す

西荻窪は面白い街です。 駅北口から五日市街道方面に歩くと、私の好きな鉱物ショップとか刃物の菊屋さんがあります。 菊屋の老主人は、マニアックなオヤジで、店の裏に鍛冶場を作っていて、自分で切り出し小刀やら彫刻刀などを打っており、私も胡桃の透かし彫りに使う特殊な彫刻刀を特注して作って貰ったことがありますし、切り出し小刀も、いい仕事して…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

奥武蔵の渓流で流木拾い

今週は、よく頑張ったな~。 週に3回も川歩きです。 8日に大増水の高麗川でのオイカワ釣りと鰍捕り。 11日には、増水の芦ヶ久保川でヤマメ&ニジマス釣り。 そして、12日には、前日に渓で見つけた流木が、どうしても頭の中から離れず、車で取りに行きました。 前日は伐採道具も持ち合わせず、電車だったので流木を持ち帰るのは無理でした。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

竿袋の素材

釣りやドライブで、あちらこちら行った折に、良い端切れが売っていると、ついつい買い求めてしまいます。 以前には小川町方面の和紙の里にある道の駅で、藍染の端布れ。  藍染は端布れであっても、なかなか高価なものでした。 今回は、先日の秩父方面でのヤマメ釣りの帰途、R299沿いの芦ヶ久保道の駅で、 秩父縞紬の端布れが目に留まり、6本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

またまた、布袋竹の採取

昨日、石神井公園まで犬の散歩の帰り、以前から気になっていた一軒のお宅に声を掛けて、 またまた布袋竹を伐らせてもらいました。 布袋竹が植わっているお宅が、路地に、2件並んであるのですが、 少なく生えている奥側のお宅の布袋竹が、以前からとても気になっていたのです。 声を掛けたら、快く伐らせて頂けたのですが、話をしてみたら、その…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

採取した布袋竹の保存用の火入れ(粗矯め)

前夜からの雪で、東京では珍しい雪景色の朝となり、鰍工房の看板扁額も、うっすらと雪をかぶっていました。 こんな寒い日は、火の仕事がいちばん。  昨日、芽取りをしておいた原竹の粗矯め火入れをすることにしました。 竹の芽取り 山でザックリ枝払いしただけなので、火入れして固くなる前に、芽(枝の付け根)を綺麗に削っておきます。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

布袋竹の採取

朝方の雪は、うたかたの如く消え、昼からは好天になりました。 そこで、雨男のN氏とともに、ノコギリ、剪定ハサミ、ナイフなどの竹採り七つ道具に、アンパンと魔法瓶の熱いお茶などを持って、竹採りに行ってきました。 ちょっとした遠足気分です。 良質の竹を得るには、冬季の竹が休眠中で寒気で身が締まっている必要があるのですが、もう春目前で、竹を伐…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

竹刈りの季節になりました(和竿製作用・工芸用の素材取り)

初冬の恒例行事である竹取りに、チョロ助を連れて行ってきました。 本日の収穫は、黒竹、孟宗竹、真竹、矢竹、布袋竹・・・ 西武秩父線の横瀬付近、奥武蔵路の山は晩秋の趣き。 こんな川原に矢竹が生える。 川は、横瀬川の清流。 チョロ助は、枯葉まみれになってダッシュで駆け回っています。 矢竹の収穫。 タナゴ竿用です。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

千葉の山地で竹採り

SNSの趣味人倶楽部で、『皆で田舎を楽しもう会』というコミュに入れてもらっています。 そのオフ会が東関東自動車道は成田の先の里山の風情漲る農園でありました。 『極楽とんぼ農園』で検索すると農園HPがあります。 初めてオフ会でお会いした方ばかりでしたが、平均年齢60歳、皆さん、それぞれ趣味の一芸に秀でた方ばかりで感心いたしました。 そこで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

公園伐採木の無料配布ゲット!

西東京市(旧田無市)の西原自然公園で、年1回の剪定・伐採木の無料配布があった。  今年は、公園の3分の1位の面積の雑木(コナラ、クヌギ、ミズキ、エゴ、など)を更新の為に完全伐採したので、大きな丸太が累々と・・・スゲ~!丸太の山じゃ~!。 けっこう、レクリエーション気分でマキ割りに興じている親子もいる。 きっと、家には薪ストー…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

天然素材の研磨用具(木賊・椋の葉・カワハギ皮)

エコが盛んに喧伝される今日この頃ですが、天然素材、リサイクルがモットーの鰍工房では、本来がエコ志向ですから変な廃物は一切出ないのです。 出るのは、木や竹の削りクズだけで、しかも銘木の木クズは、サンドペーパーで粉末にして保存して別の用途に使いますので、トコトン自然素材を活用し尽くすスタイルです。 このサンドペーパーですが、鰍工房でも現代…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

物置の前での至福のひと時

我が家は、道路と宅地に1メートルほどの段差があります。 カースペースの奥に土留めの擁壁があって、1坪半ほどの3角地があります。 本当は、坪庭にでもすればいいのでしょうが、ここに素材入れの物置があって、手に入れた竹材、木材などを収納しています。 物置前の1坪程度のスペースで、拾ってきた木材を収納サイズに切り分けたり、物置から選び出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女竹伐りに行ったら、早春全開でした

此の所10日以上も風邪が抜けず、ノロノロと会社にやっと行くばかりで、休日は家に籠もって、竹のサンドペーパー掛けとか、しょうもない事をしていたのですが、やっと復調の兆しを感じたので、愛犬を引き連れてタナゴ竿用に女竹(丸節竹)を採りに行きました。 矢竹や篠竹同様にどこにでも叢生している竹です。 但し、風景の良い処で刈りたいし、大量に生えてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原竹の火入れ完了

成人の日で3連休になった、この週末、初日はご近所から預かった研ぎ仕事の庖丁2本と華鋏2丁がなかなか程度が酷い難物で、庖丁の柄の補修やら鋏の刃角の補正から始めなくてはならず、終日を費やしてしまいました。 どうも、鰍工房の刃物研ぎには、一般の刃物研ぎ業者からは相手にされないようなひどい状態の刃物も持ち込まれます。 刃物研ぎ以前の刃物再生工…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹の火入れ作業(色彩の移ろい変化)

正月4日に大量に竹を伐り出して来ましたが、これらは火入れをしておかないと、カビが出たりして台なしになってしまいます。 冬に竹を伐るのは、寒気で材も締まっていて保水量が一番少ない時期だからですが、昨今のように暖冬だと水分が多く、早く火入れしておかないとダメです。 しかし、季節とは善くしたもので、暑がりの私にとって、夏の火入れ作業は考えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春の竹材採り

正月4日は、終日よく晴れ渡り、風もなく穏やかな釣り日和でしたが、工房主は、愛犬を伴に関越道から圏央道に入り富士山を遠望して、馬引沢の芦刈場というところに向かいました。 林縁にはヤマベの泳ぐ小川が流れ、芦の茂る湿地に覆われており、最初にここを見つけた時は、隔世の別天地と思いましたが、近くにはゴルフ場もあり、開発の魔手が延びて来ているのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の収穫(沢胡桃)

渓流釣りシーズンも最終章を迎え、たぶん今年最後となる(?)ヤマメ釣りに行ってきました。 とは云え、今月は釣り三昧で満ちたりておりましたので、秋の収穫(山栗・胡桃・アケビなど)狙いがメインで、奥武蔵にある中年オジサン向きの楽な渓流である国道299沿いの芦ヶ久保川(横瀬川)にぶ~らりと行ってきました。 しかし、中高年向きの楽な渓流とは云え、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more