クロアゲハが羽化しました

クロアゲハだろうな、とは思いつつも、確信が持てなかった巨大な幼虫でしたが、 8/4に、大きくて立派な蛹になり そして、本日(8/16)の昼頃に羽化しました クロアゲハの♀だと思います 翅の表側は、赤い点もなく、墨絵のように黒いです これで、飼育中の幼虫も蛹も全ていなくなりました 今年度の飼育納めに、ナミアゲハ…
コメント:0

続きを読むread more

男梅ダルマのオマージュ

TVで見る男梅のCMが恰好いいです。 あの梅干ダルマのイメージで、どっしりとした大振りな根付が欲しくなりました。 と言う訳で、7月下旬の私の誕生日を機に製作を着手。 その参考にするため、男梅を一袋買ってきました。 袋の左下に梅干ダルマのイラストが入っています。 このイラストはマンガチックなので、もう少し落ち着いた感…
コメント:0

続きを読むread more

庭の初ミンミンゼミと初茗荷

出窓の下に植えてあるというか、口から吐き出した種から勝手に生えたグレープフルーツの木、これに多くの種類のアゲハチョウが産卵します。 その若枝に先日から卵が産みつけられているな、と思っていたのですが、そこそこ3齢くらいまでに育っていました。 ちょっと写真がピンボケですが、一本だけ伸びた若枝に集中しています。 この若い枝のみに、柔…
コメント:0

続きを読むread more

金豆(キンズ)の盆栽に小さな実が生りました

今年の初詣に参った調布の深大寺の門前にある園芸植物店で、可愛いので買ってみた金豆(キンズ)の盆栽です。 こういうものは我が家では、翌年にも実を付けることは滅多にありません。 何か、園芸のプロの技がないと無理だと思っていました。 買ったときに付いていた実が、皆落ちてからは室内から出して、陽光に当てるため縁側近くの庭に出しておきま…
コメント:0

続きを読むread more

今年5回目のヤマメ釣り

水害に遭った東北地方の方々には、お気の毒で申し訳ないけれど、昨日は関東地方はいい雨になりました。 意想外に早かった梅雨明けで、ヤマメ釣りの好機を逸していた身としては、絶好のチャンスです。 というわけで、本日は少し遅めでしたが7:15に家を出発。 上野原の鶴川には、9:40到着。 釣り支度をして、渓に降り立ち、竿を出したのが10:…
コメント:0

続きを読むread more

路傍の雑草と庭の草を生ける

床屋さんに散髪に行った帰り、空き地や道端に野の草が生い茂っていました。 エノコログサ(ネコジャラシのことです)、カヤツリグサ、野生化したスペアミントなどです。 何気なく見過ごしてしまうような雑草ですが、見方によっては風情もあります。 野趣を愛する鰍工房主人は、少々、これを摘み取ってみました。 帰宅してから、庭に蔓延るメドーセ…
コメント:0

続きを読むread more

巨大幼虫は巨大な蛹に

今朝、ケージの中を覗いてみると、昨日の早暁に前蛹になっていたクロアゲハ(?)の巨大幼虫は、巨大な蛹に変身していました。 ケージから蛹が付いた枝ごと、取り出して観察してみます。 綺麗な緑色です。 左上の茶色のナミアゲハの蛹と比較すると、とても巨大な蛹です。 長さで、1.6倍、体積だと4倍はあるでしょう。 これ…
コメント:0

続きを読むread more

クロアゲハ(?)の終齢幼虫が前蛹になっています

たぶん、クロアゲハ(?)と思われる終齢幼虫が、今朝ほど前蛹になっていました。 明日には、本蛹になると思われます。 ナミアゲハと比べると、とても大きな幼虫で、終齢幼虫のとき最大サイズは5センチを軽く超えていました。 今朝は、最後に残っていたナミアゲハの蛹2個のうち1個が羽化。 残り1個の蛹は一昨日に最後のナミアゲハの幼虫が…
コメント:0

続きを読むread more

炎天下の淡水小物釣り

最近仕事が増えて釣りに行けなくなっていたK名人、やっと、連休が取れたというので、天気予報は猛暑日にはなっていましたが、昨日(8/1)、久しぶりに小物釣りに行ってみました。 東京都と違って、埼玉県は無料で釣りが出来る公園がいくつもあります。 しかも、公園の駐車場も殆どが無料です。  埼玉県最高! 羨ましいです。 公園の池での釣…
コメント:0

続きを読むread more

カラスアゲハ(?)と思っていた4齢幼虫が脱皮して終齢幼虫になりました

今朝がた、私が見ている中で、カラスアゲハ(?)と思って大切に育てていた4齢幼虫が脱皮し、緑色の終齢幼虫になりました。 上の画像はプラ板越しの撮影なので、段ボール製のケージから出してみます。 期待していたカラスアゲハではありませんでした。 参考までに、以下の写真は、6/22に羽化させたカラスアゲハの終齢幼虫です。 …
コメント:0

続きを読むread more

カラスアゲハの4齢幼虫が巨大です

飼育中のアゲハチョウ(ナミアゲハ)は、既に50頭ほどが羽化して放蝶しました。 私の誕生日(7/25)の朝に羽化していた2頭です。 多数を保護飼育した効果なのか、例年よりずっと多くのアゲハチョウが、毎日のように我が家の庭に飛来しています。 残る飼育中のナミアゲハは、終齢幼虫が1頭と、蛹が2個のみとなりました。 やっと、毎日…
コメント:0

続きを読むread more

実は2匹だったガマ君

先日、建屋の北側にある外水道付近に居たガマ君、いつものガマ君より心成しか小振りに見え、色も薄いように感じたのですが、そこは両生類ですから周囲に合わせて多少の体色を変化させることは出来るのだろうと思っていました。 それに、建屋の北側から東側の通路を通って、「コ」の字型の通路に沿って南側の庭に面した軒下に移動中の姿も確認しています。 …
コメント:0

続きを読むread more

アゲハチョウの羽化がピークになりました

このところ連日のように1~2頭のアゲハチョウが羽化していたのですが、昨日(7/19)には、6頭ものナミアゲハが羽化しました。 羽化が間近になると、蛹の中が透けてきて黒い翅が畳み込まれているのが判るようになります。 ※このブログの全ての画像は、マウスで左クリックするとポップアップ画像となり、さらにその画像を左クリックすると、オ…
コメント:0

続きを読むread more

ガマ、かえる

「ガマ、かえる」というのは、もちろん「ガマ蛙」と「ガマ帰る」の掛け言葉です。 我が家の庭には、以前は、いつも1~2匹のガマが住み着いていました。 しかし、3年前の晩秋に痩せて弱った姿を見せたのを最後に、その後3年間近くガマ君の姿を見ることは無くなっていました。 ところが、半月ほど前から、どこからか1匹のガマ君がやってきて庭に住…
コメント:0

続きを読むread more

親子三世代で昆虫採集

本日(7/18)は、雨続きの3連休の最終日です。 やっと雨は上がりました。 昨日から、息子が孫を連れて我が家に前泊し、今朝はジイジ、お父さん、小1のハル君の親子三世代で昆虫採集に出発です。 目的地は、例年この時期にルリボシカミキリが出現する、奥武蔵にある貯木場です。 我々は、貯木場の所有者の許可を得て、昆虫採集をさせて頂いたので…
コメント:0

続きを読むread more

アゲハの幼虫、大半が蛹になりました

今朝も、ケージの蓋を取ってみると、1匹が羽化していました。 本日までの累計は、20匹を越したと思われます。 このところ、20匹を超える終齢幼虫の餌やりが大変になっていたのですが、その殆どが蛹になりました。 ケージ側面の金網に10頭が蛹になって付いています。 皆、明るい窓際に面した金網に付いています。 この金網は青みがかった…
コメント:0

続きを読むread more

今年4回目のヤマメ釣り

山梨県の桂川漁協の年間入漁券を毎年購入しています。 年券は5千円と比較的安く、日釣り券は千円で普通かな。 このように年券は日釣り券の5倍の価格なので、年間5回以上行かないと日釣り券の方が得になります。 そういう「さもしい」根性も働いて、昨日は雨のなか、痛む脚をさすりながら今年4回目の鶴川までヤマメ釣りに行ってきました。 といいま…
コメント:0

続きを読むread more

クマンバチの飛行

「熊蜂の飛行」と申しましても、リムスキー=コルサコフ作曲の楽曲のことではありません。 今朝、二階の窓際にあるPCデスクに座っていますと、窓の外でブンブンと羽音がしています。 窓を開け、間際の百日紅を見ると、何尾ものキムネクマバチやマルハナバチ、ヒラタアブなどが花を巡って飛び回っていました。 飛翔している蜂を撮影するのは中々…
コメント:0

続きを読むread more

アゲハチョウ続々と羽化してます

アゲハチョウが連日のように続々と羽化しています。 本日(7/7)も、朝に1頭が羽化していました。 エサが不足していた影響でしょうか、夏型にしては小さく春型くらいのサイズです。 緑色だった蛹から羽化してきました。 網戸越しに、百日紅の花影が見えています。 窓の外では、百日紅が咲き出しています。 網戸を開けて、ア…
コメント:0

続きを読むread more

湯呑に蓋を作ってみた

愛用の大振りな萩焼きの湯呑です。 口の縁が欠けた部分を、漆で補修して使っています。 毎晩、就寝前に、この湯呑にたっぷりと焙じ茶を入れておきます。 夜中に、2回も3回もトイレに起き、その都度、糖尿病の所為か口渇が激しいので、これを一口飲んでからまた寝ます。 しかし、夏になると時折ゴキブリも出るし、小蝿も飛んでいます。 夜…
コメント:0

続きを読むread more