黄楊製角印の印面保護キャップを作ってみた

地元の町会長を仰せつかっていますので、町会長印を預かっています。 黄楊製の立派な角印で、1万5千円ほどもしたとのこと。 年額1,200円の町会費ですから、12世帯分以上の町会費を投じないと作れない高価な印鑑です。 会社勤めをしていた頃、総務部に行くと、こういう印がいくつもありましたが、印面の保護キャップが付いていたように記憶し…
コメント:0

続きを読むread more

黒目川土手道の散策

きょうは、ヤマメ釣りに行きたい気分で、前夜から用意だけはしていました。 しかし、この冬、持病の脊柱管狭窄症が悪化していて具合が悪いのに加え、2週間ほど前から右足の膝関節に軟骨が挟まってとても痛い。 少しずつ良くはなっていますが、まだ車のアクセルを踏んでも痛い。 という訳で、足慣らしと運動不足解消のため、家内と黒目川まで行ってみました…
コメント:0

続きを読むread more

日本刀(脇差)の修復

鰍工房ブログの読者から依頼されて、脇差しの修復を行いました。 ご自宅の屋根裏だか神棚の奥だかから出てきたものだそうで、 先祖伝来のものだから何とか修復したいとのことでした。 依頼品が手元に届いたのは、2月12日です。 約1ヶ月半を掛けて、漸く修復が終わりました。 届いた時の状態は、刀身は赤錆の鉄塊といった様相で、ハバキ…
コメント:0

続きを読むread more

春雪の翌朝に

昨日の雪は、当初の予報よりも大雪になりましたが、午後には天気は回復。 車に積もった雪は、翌朝に備えて水を掛けて溶かしておきました。 一夜明けて、今朝、工房の庭に面する雨戸を開けますと、沓脱石にキジバトの足跡が・・・。 雪で餌台を室内に取り込んでしまい、代わりに、ここにパラパラとヒマワリの種を撒いておいたのを食べに来たのですね。…
コメント:0

続きを読むread more

春の淡雪、庭に降り積む

コロナ騒ぎの真っただ中、この季節外れの雪もまた春の椿事か。 これでは、花見もままならず、都知事の要請がなくとも出掛ける人は少ないでしょう。 私も、70歳を越え、糖尿病などの生活習慣病の基礎疾患を持ち、かつタバコを吸う、という三拍子揃った典型的なコロナ重症化タイプなので、自宅に引き篭もっておりますよ。 仕方ないので、雪の降り…
コメント:0

続きを読むread more

石神井川の桜、満開です

義母(家内のお母さん)は、とうとう亡くなってしまい、昨日に葬儀も済みました。 行年92歳、立派なお義母さんでしたが、重度の肝硬変には勝つことが出来ませんでした。 気の毒だったのは、新型コロナ対策で、入院中の病院が家族も含めて入院病棟を立ち入り禁止とし、全室面会謝絶としたために見舞いにも行けず、最期まで意識ははっきりしていた義母で…
コメント:0

続きを読むread more

シジュウカラの巣箱を作ってみた

先日、TVでシジュウカラの特集をやっていました。 頭の良い小鳥で、京都大学の研究では、単語をいくつか繋げて文章にして、仲間同士で会話もするらしい。 それに、雑食性で人なつこく、里山から市街地に進出して郵便受けなどにも巣を作る例があるらしい。 我が家でも、餌台を作って庭に置いたら、毎日、シジュウカラの夫婦が仲良く来るようになって…
コメント:2

続きを読むread more

我が家の庭から、春の便りを届けます

年々温暖化が進み、昨年より2週間ほど早く我が家の庭も春が溢れる。 尤も、明後日が春分の日だから、暦の上でも春なのです。 木瓜(ボケ)は好きな花木なので、数種類のものが植わっています。 ピンクの花 シドミとも呼ばれる野生種の草木瓜 銀長寿という園芸品種で 大輪の白花を咲かせます シドミとは異なる赤花の園芸…
コメント:0

続きを読むread more

今週もヤマメ釣りに出動しました

昨日は、自宅療養中の家内のお母さん(93歳)が、病状が悪化して救急車で入院したりと、朝からバタバタ。 午後は、予約されていた私の運転免許高齢者講習と大雨のなか忙しい一日でした。 先週、3/3に今年の初ヤマメ釣りに行きましたが、釣果は2尾と貧果でした。 この大雨で、渓流のヤマメも活気を得ているのではないでしょうか。 義母の入院…
コメント:3

続きを読むread more

金沢八景のイシモチ乗り合い船の釣り

昨年は、脚の動脈閉塞で入院手術したり、体調不安な状態が続き、金沢八景には1月に小学校からの朋友との黒川丸からイシモチ釣りに行ったきりで、1年以上もご無沙汰でした。 この朋友から、『通っている成人大学講座がコロナで休講になって暇だから、海の空気でも吸いにいこうよ。』とのメール。 二つ返事でOKし、好天を待って本日(3/6 金)昨年…
コメント:0

続きを読むread more

ヤマメ釣り解禁

一昨日の3/1から、山梨県の渓流釣りが解禁になりました。 今年、買い求めたのは桂川漁協管轄の年鑑札のみです。 毎日が日曜の小生は、土日は働いている皆さんのことを配慮して釣りに行きません。 本日の3/3火曜日、今年の初ヤマメ釣りに出動です。 と言っても、若い頃とは違って、そんなに気張っては行きません。 起床したのは、5時過ぎ…
コメント:0

続きを読むread more

瓢箪で作った花活け

1月末に、釣り仲間から、彼が自宅で栽培した瓢箪を沢山頂きました。 その話は、こちらに紹介しています。  https://kazika-koubou.at.webry.info/202001/article_7.html それから、1ヶ月。  小さな瓢箪を使って、タナゴ釣り用のグルテン容れを作ろうかと思っているのですが、なかな…
コメント:0

続きを読むread more

大きさの一致に驚く

比較的最近、自作した釣り餌のサシ入れですが、 その記事は、2/8に掲載してあります。 https://kazika-koubou.at.webry.info/202002/article_1.html これを手に取って眺めていたら、何かに似ていると思いました。 それは、私が10年以上も使っている折り畳みガラケイです。 タテ…
コメント:0

続きを読むread more

散歩ついでに、B級骨董の無駄遣い

もう、7~8年、皆勤で出店してきた西荻手しごと市。 以前に、1回だけ大雪の影響で中止になったことがありましたが、今回の2月23日は、新型アポロ肺炎の影響で自粛という形で中止になりました。 西荻手しごと市が中止となった昨日、予定も無くなったので、散歩がてら石神井公園まで歩きに行ってみました。 古民家の内田家住宅には、季節柄、雛人…
コメント:0

続きを読むread more

電動ドリルを新調しました

3日ほど前のこと、永年愛用していたリョービ製の電動ドリルが突然壊れてしまいました。 実に、40年も使ってきた愛着のある道具でしたので、分解して直そうとしたのですが、ダメでした。 それで、昨日の釣りの帰途、ホームセンターを2ヶ所ほど見てきたのですが、気に入ったドリルがありません。 どちらの店も、充電式とか、ドリル&ドライバーの製…
コメント:0

続きを読むread more

黒目川の土堤は、もう春の気配だが・・・

先週の15日(土)に続き、本日21日(金)も黒目川まで、脚慣らしに行ってみました。 風も弱く、暖かい日でした。 もう、再来週には渓流釣りが解禁になります。  既に、入漁年鑑札を取り寄せたし・・・、 脚慣らしに加えて、流し方、合わせの勘を鈍らせてはなりません。 その為に、冬場でも瀬でオイカワの脈釣りが出来る、ここは貴重な場所…
コメント:1

続きを読むread more

渓流釣りの春近し

私は、飽き易い性格なのか、数年ほど同じ釣り場に通って、その渓のポイントなどが判ってしまうと、もうつまらなくなってしまいます。 いくら釣れても、どのポイントでどうゆうパターンで流せば釣れるかが判ってしまうと、もう面白くないです。  そして、翌年からは別の渓流に釣り場を変えて、新規の釣り場を開拓調査するのが楽しいですね。 以前は、…
コメント:0

続きを読むread more

庭の蕗の薹と黒目川のオイカワ釣り&野蒜採り

本日は薄曇ながら寒気は緩み風も穏やか。 いつものように、朝6時に起床。 犬の餌、5個のメダカとタナゴの水槽の世話、仏壇の水換えを済ませ、 庭に出て、シジュウカラの餌台にヒマワリの補充をしていると、 既に、蕗の葉はだいぶ大きく育ってきています。 その根元付近を搔き分けて捜してみると、蕗の薹を発見。 6個ほど採れました。 …
コメント:1

続きを読むread more

昔の名人職人が作ったサシ容れのレプリカを作ってみました

サシとは、釣り師の隠語で、「サばのむシ」という語の先頭と最後だけを残した言葉です。 サバの虫、つまり腐った鯖(サバ)にハエをたからせて湧いたウジムシです。 そういう直截的な言葉を使いますと、女子供に嫌われますからね・・・、ですから、サシと呼びます。  あまり清潔感はありませんが、昔のポットン便所に湧いていたウジムシよりは遥かに…
コメント:0

続きを読むread more

またまた蕗味噌を作る

1月22日に今年の初蕗の薹を採ってから早くも10日が経ちました。 当然ながら、もう作った蕗味噌も食べ尽くしました。 それで本日、限定新発売のピース・リトル・シガーを売っているタバコ店を探しながら、チャリで散歩。 昨日とは打って変わって、寒風が吹いて寒かったです。 残念ながら、ピース・リトル・シガーは、回ったどのタバコ屋さんに…
コメント:0

続きを読むread more