役所や東京電力と付き合うには、絶大なる忍耐と諦めの心が必要です

きょうは、最悪の一日だったです。 生保会社から、年一回送られてくる恒例の「まだ生きてますか」の現況届けの用紙が届いた。 個人年金を受け取るのに、受取人が死んでいるのを隠して年金を受け取っていないか、の調査確認である。 そもそも民間の個人年金とは、自分が支払った金を分割して受け取るだけなのにね・・・。 この郵便が届くだけでも不…
コメント:0

続きを読むread more

今年の初物、蕗の薹

きょうは、持病の薬を貰いに、自宅から電車で駅2つ離れた病院まで行きました。 帰途は、脚のリハビリ目的で歩いて帰宅です。 途中、石神井川べりの空き地で蕗の薹が出る場所があるのですが、まだまだ時期尚早、何もないだろうなと思いつつ見てきました。 我が家の庭にも、蕗の薹が出るのですが、例年の初物は、2/17~2/23の間で、収穫の盛期…
コメント:0

続きを読むread more

壊れかかった包丁の命を蘇らせる

私は、クリエーティブな創作よりも、道具の修理再生作業の方が好きだし、仕事のやり甲斐を感じます。 それは、モノの命を大切にしたい、これで捨てられてしまうのでは道具が可哀相、ということもありますが、自分自身が定年退職という通告を受けた身であることから、まだまだ若いモノより遥かに高い能力がある(と自分では思っている)のに、”使用期限切れ…
コメント:0

続きを読むread more

釣り始めは黒目川でオイカワ釣り

昨年末の釣り納めと同じく、今年の釣り始めも黒目川でオイカワ釣りです。 本日は、いつもと少し別なポイントを試してみました。 夏場には、良く釣れるポイントなのですが、寒中はどうでしょう。 10時半に現地到着し、30分ほど川虫採り。 夏には鮎も釣れるので、護岸の蛇籠に、コロガシ禁止の注意書きが掲示されています。 昨年秋の台風…
コメント:0

続きを読むread more

我が家の庭に珍客コゲラが飛来

先に、小鳥の餌台を作った記事をアップしましたが、 https://kazika-koubou.at.webry.info/201912/article_13.html 最近では、毎朝、シジュウカラがペアでやって来て、餌台に小粒ヒマワリの種を入れてくれ、と催促するようになりました。 暮れになっても大掃除もせず、汚れたままの窓…
コメント:0

続きを読むread more

令和2年の工作初め

明けまして、おめでとうございます。 本年も、鰍工房を応援のほど、宜しくお願い申し上げます。 書初め、出初式、こういった事始めは、昔から1月2日に行なうことと相場が決まっています。 そこで、鰍工房も最も好きなジャンルである手作り釣具で、令和2年の工作初めを致しました。 最近、思い出したようにマゴチ、ヒラメの釣りを再開したの…
コメント:0

続きを読むread more

令和元年の釣り納めは、黒目川のオイカワで

大晦日の今日、朝からカミさんに命じられて、スーパーに買出しの荷物持ちにお伴する。 帰宅すると、まだ10時半。 天気も良い。 急遽、釣り支度を整えて家を飛び出します。 黒目川の、いつものポイントには、11時15分に到着。 泡喰って、飛び出してきたので、手拭を忘れてしまいました。 川虫を採捕して、竿を出したのは11時45分。 …
コメント:0

続きを読むread more

鋸の替え刃に柄を挿げる

暮れになると、いろいろと大物ゴミが出てきます。 我が家でも、風呂桶のプラスチック製の折り畳み式の蓋を新しくしたので、古いものを捨てねばなりません。 天井に取り付けた大きな長方形の蛍光灯も交換したので、これも古いものは捨てねばなりません。 昨日、好天だったので、ちょっと黒目川まで遊びに行こうとしていたら、 カミさんから、『よく…
コメント:0

続きを読むread more

庭に小鳥の餌台を置いてみた

近年、ヒヨドリ、メジロ、シジュウカラ、ムクドリなどの野鳥が増えています。 代わって、スズメは激減したように感じられますのは、田畑が減ったからでしょうか? 我が家の庭では、ヒヨドリは大害鳥です。 以前は、満開の花を咲かせてくれていた、シデコブシの花は、7~8年前から蕾を悉くヒヨドリに喰い荒らされて、花を見ることが出来なくなってい…
コメント:0

続きを読むread more

沢蟹の根付、出来上がりました

12月の10日頃から製作に着手していた沢蟹の根付、 拭き漆での塗装色付けも終わり、眼も黒漆で点睛です。 紐も付きました。 腹側は、ちょっと脚が蜘蛛みたいになってしまいました。 爪の部分など、拭き漆をする前に、上州屋で売られている合成漆の朱赤を薄く塗っておいたのですが、本漆に負けて朱赤の色は沈み込んでしまいました。
コメント:0

続きを読むread more

マゴチの根付(ドウダン材)

6~7年、やっていなかったマゴチ釣り、誘われてこの暮れからカムバック。 昔ハマッていただけに、なかなか面白い。 沢蟹の根付を作った時にに出た、ドウダンの端材があって捨てるには惜しく、何か作れるものは無いか考えていたら、マゴチが彫れそうだと気が付きました。 これをザックリの形に指物用の胴付き鋸でカットします。 小刀で削…
コメント:0

続きを読むread more

沢蟹の根付け、だいぶ出来上がってきました

来年の私製カレンダーも出来上がり、年賀状も書き終わり、製作途中の沢蟹の根付に少し手を加える時間が出来てきました。 眼も入りましたし 紐穴も穿って、紐も仮付けしました。 またまた石に置いてみます。  眼が入ったので、だいぶ雰囲気が出たのではないでしょうか。 まだまだ未完成で、手を入れるべき部分が残っています。 後は…
コメント:0

続きを読むread more

びん沼川の小鮒釣り

昨夕、タナゴ釣り仲間のK名人から、いきなり『明日、どうです?』とお誘いの電話。 昨日は、昼は甥が嫁さんを紹介しに連れてきたので、寿司をとって皆で昼食。 夜は、私が部長をしている釣り愛好会の忘年会と忙しく、帰宅したのは10時半を過ぎていました。 それは、予定のことだったので、いつものタナゴ釣りの定例出発時間である6時を1時間遅らせて…
コメント:0

続きを読むread more

一日置きに黒目川に遊ぶ

この処、一日置きに、天気の良い日と悪い日が繰り返されています。 そして、今日は天気の良い日です。 14日、16日に続き、本日(16日)も黒目川で遊んできました。 昨日から天気予報で、今日は気温が17℃くらいまで上がって暖かい日、という事だったので、黒目川に行ってみようと思っていたのですが、それにしては出発が遅く、例によって現地到着…
コメント:0

続きを読むread more

ドウダンツツジ材で作る沢蟹の根付

今まで作ってきた根付の類は、瓢箪とか茄子とか栗とかで、形がシンプルな初心者向けのモチーフが大半でした。 今回は、一念発起して、中級者向けレベルの複雑な形の沢蟹のモチーフに挑戦しています。 素材は、我が家の庭木だったドウダンツツジ材です。 伐ってから、まだ1年と9ヶ月で、やや枯らし期間が短い感は禁じ得ません。 これをカ…
コメント:0

続きを読むread more

またまた、黒目川でオイカワ釣り

14日に続き、中一日置いた16日も中々の好天に恵まれました。 風の強さ、気温の上がり具合など、前日の天気予報では把握しきれません。 当日の朝、それも10時くらいになって陽が暖かく感じてから、 『今日も行ってみるか!』ということで、のそのそと出動する訳です。 こういう場当たり的な生活って、最高ですね。 鰍工房主がモットーとしてい…
コメント:0

続きを読むread more

小春日和に誘われて、黒目川でオイカワ釣り

この1週間は厳しかった。 というのは、先週の日曜(12/8)にマゴチ釣りに行き、目出度く良型2尾を釣り上げたのは良かったのですが、その翌日の晩、マゴチ三昧の夕食を美味しく頂き、満ち足りた気分で床に入ったまでは良かったのですが、深夜12時半ころに急激な嘔吐に見舞われ、翌朝まで何回も激しい嘔吐が続き、朝からは激しい下痢となって2日間も下痢…
コメント:1

続きを読むread more

枇杷材の栗型根付

だいぶ以前に、ユスラウメ材で一対(2個組)の小さな芝栗のストラップを作ったことがあり これは無塗装でも色艶があって、かなり気に入っていたのですが、ぜひ譲って欲しいという人がいて売ってしまいました。 今回、8年ぶり位になりますが、再び栗のモチーフを扱ってみることにしました。 もう、ユスラウメ材は殆ど手元に残っていないので…
コメント:0

続きを読むread more

マゴチ料理

昨日の釣果ですが、 昨夜は時間もなく、一尾の半身だけ使って、手っ取り早く刺身を作っただけでした。 残り半身は、ご近所さんにお裾分けしました。 一夜明けて、一晩冷蔵庫で寝かせたマゴチを調理します。 時間はたっぷりあるので、念入りに包丁研ぎから始めます。 マゴチは、先ずは三枚に下ろして冊にします。 二夜続きにはなりま…
コメント:0

続きを読むread more

チビた小刀と鉛筆(刃物研ぎ師の独り言)

私はガキの頃から、鉛筆は小刀で滑らかな鋭い切り口で削らないと、気が済みませんでした。 クルクルと柿の皮でも剥くように削る小さな鉛筆削りなら未だしも、ハンドルを回して鉛筆の木肌を毟り取るような鉛筆削り機、まして電動などもっての外だと今でも思っています。 私が中学の2年生の頃だったでしょうか、当時、新宿通りの紀伊国屋書店の斜め向かい…
コメント:0

続きを読むread more