ジジイが二人で昆虫採集

今日は、高校で同級だったタカシさんと奥武蔵高原方面に昆虫採集です。 我々は、半世紀以上も前の東京オリンピックの年に高校に入学し、ムシ好きで意気投合していた仲間です。 今回の場所は、過去にも2回ほど行ったことのある貯木場で、スギ、ヒノキだけではなく、広葉樹も多く貯木されています。 すぐ上の高架には、西武秩父線が走っています。 …
コメント:0

続きを読むread more

メダカの赤ちゃん、大量孵化

6月初め頃から、メダカの産卵が始まって、そろそろ産卵期は終わりになります。 親メダカの入っている火鉢です。 オス、メス、合わせて20尾ほどの親メダカが居たのですが、そもそもメダカの寿命は2~3年ほどしかなく、産卵で体力を使い果たし、今回の産卵後に、親メダカの半分近くが死にました。  ホテイソウ(ホテイアオイ)が入っていれば…
コメント:0

続きを読むread more

気分転換のためのヤマメ釣り、結果は散々

此の所、コロナ騒ぎに加え、いろいろと家庭内の問題があって、気持ちが穏やかになれません。 ひとつは、ワン公のクロスケ(という名でも、実はお婆さん犬です)に、腫瘍が3ヶ所ほど出来て、うち2ヶ所の切除手術を今月初めに行ないました。  その結果、国から支給された新型コロナの助成金10万円は、私の口座に3日間しか留まらず、右から左に獣医さんに…
コメント:0

続きを読むread more

メダカの孵化

6月9日に掲載した、『メダカの採卵』の記事  https://kazika-koubou.at.webry.info/202006/article_3.html に記しているように、このところ、一日置きに採卵を行い、今シーズンは、累計で500粒は採卵していると思います。 その卵が、ポツポツ孵化し始めています。 この2枚の画像で、…
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の時期、恒例の梅ジャム作り

梅の雨と書いて、梅雨(つゆ)と読ませる。  季節に敏感な昔の人は、上手い名前を付けたものですね。 我が家では、この時期、毎年恒例の梅ジャム作りです。 この豊後梅、母方の祖母は大分県の人だったので、母の実家には、豊後梅が数本あり、その一本が我が家に貰われて来たのは、私が小学校に入学した年に、武蔵野の土地に父が新居を建築した時…
コメント:0

続きを読むread more

庭の山椒にアゲハ産卵

例年なら、庭の山椒の木には、とっくに多くのアゲハの幼虫が生まれているのですが、どうした訳か今年は姿を見せません。 半月ほど前に、1尾だけ一齢幼虫を見つけたのですが、その後、何かに喰われてしまったようで消えてしまいました。 しかし、今朝、いつものように山椒の若葉をチェックしていると、一齢幼虫を2頭発見できました。 近くの葉の裏を…
コメント:0

続きを読むread more

メダカの採卵

先週、タナゴ釣りに行ったときに採捕したクロメダカは、腹に卵を付けていました。 我が家のメダカも卵を産んでいるのかな、とその翌日に見てみたら、鉢に入れてあるウィローモスにポチポチと卵が付着していて、この日は、30粒くらい見つけました。 我が家は、道路から玄関へのエントランスに3個のメダカ鉢(実は、古い火鉢)を下半分ほどを土に埋める形で…
コメント:0

続きを読むread more

久々のタナゴ釣り

新型コロナも緊急事態宣言が解除されたので、久々の気晴らしにタナゴ釣りに出掛けてみました。 しかし、東京アラート(何なのこれ?、日本語で言ってくれよな~、頭の悪いのに限って、変なカタカナ語を使いたがる傾向がありますな)が出されたので、何だか良く判らないが、取り敢えず釣り場まではマスク着用で行きました。 朝6時前にKさんと共に出発。 関…
コメント:0

続きを読むread more

入梅模様の空の下、青紫蘇で爽やかな食味を味わう

沖縄はもとより、四国も梅雨入り宣言が出たようです。 東京も、6月に入った途端、入梅模様の空からシトシト雨が降っている。 白かった紫陽花の花も、青みを増してきました。 季節遅れの筍が、一夜にしてガーデンテーブルを突き抜けていました。 孟宗竹なのですが、遅れて生えてくるヤツは細いです。 昨年に種を買って育てた青紫蘇の鉢に、…
コメント:4

続きを読むread more

山椒の実を収穫する

私が、毎年、庭に生じた山椒の芽生えを集め育てているので、我が家の庭は、さながら山椒屋敷の呈を為しております。 地植えにした大きな木が8本、そのうち実が成るメスの木は3本あります。 小さな鉢植えの山椒は、軽く100本以上はあるかと思われます。 実生から育てると、花しか咲かないオスの木と、実も成るメスの木の自然での比率は、経験的に…
コメント:0

続きを読むread more

タナゴ釣り用に、いいモノ貰っちゃいました!

タナゴ釣りに行くときには、グルテンで汚れた手をちょっと洗ったり、釣れたタナゴを一時的に入れたりするのに、小さなボウルを持って行きます。 しかし、小さなボウルといっても、合切箱に仕舞うには、それなりに嵩張るものです。 ところで、私が飼っているコッカスパニエルのクロスケは、気の毒なことに癲癇(テンカン)持ちなのです。 延々と死ぬま…
コメント:0

続きを読むread more

石神井川畔の桑の実

きょうは、2ヶ月に1回ほど高脂血症治療薬と逆流性食道炎の予防薬を出して貰っている医院に行く。 事前に電話しておいたので、待合室で待たずとも、処方箋だけ瞬時に受け取って終了。 運動不足解消のため、片道2.7km電車で2駅の距離を自転車で行き、帰途は石神井川に沿った散歩道を自転車を押して歩いてきました。 散歩道の、或る区域にはヤマ…
コメント:0

続きを読むread more

アベノお子様マスク、届きました

今度の週明けには、緊急事態宣言を終了するかもしれない、 とアベくんが言い出した本日、やっと我が家にもマスクが届きました。 知り合いの区議会議員に尋ねたら、4月中には届いていたとのこと。 同じ練馬区内でも、届くのに、1ヶ月の違いがある。 うるさい区議の先生には、早く送ったのかと勘ぐりたくもなります。 それと、日本郵便に支払う…
コメント:0

続きを読むread more

この水草は何だろう?

昨年、黒目川でオイカワ釣りをしていた時に、岸辺近くの水中で、睡蓮を小さくしたような、見かけたことのない水草を発見。 持ち帰って、メダカを泳がせている庭の火鉢に入れておきました。 冬が来て、枯れて無くなったので、期待していなかったのですが、春が来て4月の声を聞く頃になったら、健気に若葉を伸ばしてくれました。 一体、何という種類の…
コメント:0

続きを読むread more

筍と蕗と山椒で料理を作ってみました

15日は、新型コロナの緊急事態制限が解除されれば、 友人と一緒に上野原方面に初夏の昆虫観察に行く予定でした。 しかし、残念ながら私の住む東京都も友人が住む埼玉県も、 ともに解除されず、引き続き自宅に篭ることになってしまいました。 致し方なく、庭の楓の木の下で、ガーデンチェアに座り、 日がな眠狂四郎殺法帖なんぞを読みつつ、傍…
コメント:0

続きを読むread more

珍客ナガサキアゲハが飛来しました

コロナ緊急事態体制が延期となったので、 本日(5/8)もまた、大好きな釣りにも行けずに、家に引き篭もっています。 あまりに良い天気なので、庭のガーデンテーブルに座って、 「 眠狂四郎殺法帖 」をタバコを咥えながら読んだり、 カメラを片手に、植物の生育状態を見たり、昆虫を探したり、 時々、木刀を振って運動したり・・・。 今…
コメント:0

続きを読むread more

庭の蕗で伽羅蕗を作ってみた

当初予定では、緊急事態宣言による巣篭り最終日となった筈の昨日(5/6)、外出せずに一日を送るため、庭の草取りを兼ねて蕗を刈って伽羅蕗(キャラブキ)を作ってみました。 冬の間は、枯れ枯れとしていた庭も、既にボウボウとなりつつあります。 蕗の薹を探していた頃は、ショボショボと生えていた蕗も、今や庭いっぱいに蔓延っています。 …
コメント:0

続きを読むread more

巣篭もりGWは庭いじり

私の場合は、特に世間が騒ぐGWというものはありません。 言ってみれば、毎日が休日ですから人生の中のGY(ゴールデン・イヤー)と言うべきか。 ですから、例年であれば人出で混雑するGWは、どこにも行きません。 他人様が仕事に出掛ける平日が、私の出動日。 今年のGWも、どこにも出掛けないのは例年と同じなのですが、自分の意思で外出しない…
コメント:0

続きを読むread more

亡父が遺した本

昔は、カートン買いして週に10箱以上は吸っていたタバコも、今は節煙中。 買いだめすると沢山吸ってしまうので、2日に1箱を買っていたのですが、 コロナ対策で、お上からのお達しにより、不要不急の外出は自粛、 更には、スーパーなどに行くのも3日に1回にせよとの由。 そこで、タバコも1週間分を買ってしまいました。 外に出ることが大…
コメント:0

続きを読むread more

庭の食材で作る天麩羅ラーメン

10日ほど前に採ってきた野蒜(ノビル)が、まだ沢山残っています。 玉の方は、半分ほど味噌漬にして保存。 しかし、タッパーに入れて冷蔵庫に保管している葉の方は、どんどん固くなっていきます。 そこで、今朝方、庭で採った食材と一緒に、皆、天麩羅にしてみました。 庭で採れたものは、アミガサタケが1本 そして、小振りな筍1本と…
コメント:0

続きを読むread more