黒目川の土堤は、もう春の気配だが・・・

先週の15日(土)に続き、本日21日(金)も黒目川まで、脚慣らしに行ってみました。 風も弱く、暖かい日でした。 もう、再来週には渓流釣りが解禁になります。  既に、入漁年鑑札を取り寄せたし・・・、 脚慣らしに加えて、流し方、合わせの勘を鈍らせてはなりません。 その為に、冬場でも瀬でオイカワの脈釣りが出来る、ここは貴重な場所…
コメント:1

続きを読むread more

渓流釣りの春近し

私は、飽き易い性格なのか、数年ほど同じ釣り場に通って、その渓のポイントなどが判ってしまうと、もうつまらなくなってしまいます。 いくら釣れても、どのポイントでどうゆうパターンで流せば釣れるかが判ってしまうと、もう面白くないです。  そして、翌年からは別の渓流に釣り場を変えて、新規の釣り場を開拓調査するのが楽しいですね。 以前は、…
コメント:0

続きを読むread more

庭の蕗の薹と黒目川のオイカワ釣り&野蒜採り

本日は薄曇ながら寒気は緩み風も穏やか。 いつものように、朝6時に起床。 犬の餌、5個のメダカとタナゴの水槽の世話、仏壇の水換えを済ませ、 庭に出て、シジュウカラの餌台にヒマワリの補充をしていると、 既に、蕗の葉はだいぶ大きく育ってきています。 その根元付近を搔き分けて捜してみると、蕗の薹を発見。 6個ほど採れました。 …
コメント:1

続きを読むread more

昔の名人職人が作ったサシ容れのレプリカを作ってみました

サシとは、釣り師の隠語で、「サばのむシ」という語の先頭と最後だけを残した言葉です。 サバの虫、つまり腐った鯖(サバ)にハエをたからせて湧いたウジムシです。 そういう直截的な言葉を使いますと、女子供に嫌われますからね・・・、ですから、サシと呼びます。  あまり清潔感はありませんが、昔のポットン便所に湧いていたウジムシよりは遥かに…
コメント:0

続きを読むread more

またまた蕗味噌を作る

1月22日に今年の初蕗の薹を採ってから早くも10日が経ちました。 当然ながら、もう作った蕗味噌も食べ尽くしました。 それで本日、限定新発売のピース・リトル・シガーを売っているタバコ店を探しながら、チャリで散歩。 昨日とは打って変わって、寒風が吹いて寒かったです。 残念ながら、ピース・リトル・シガーは、回ったどのタバコ屋さんに…
コメント:0

続きを読むread more

雪のち陽春の黒目川

一昨日の雪、そして昨日は終日の雨に降り込められて、最近古書店で見つけた開高健の『雨の日の釣り師のために』などという本を読んでいました。 そして本日は何と4月の陽気だという。 これでは、人間はおろか自然界の生物もまごついてしまいますよ。 ともあれ、陽春の陽射しに誘われて、きょうも黒目川に行ってみました。 例により、自宅を出…
コメント:0

続きを読むread more

淡雪積もる

昨夜は、練馬区の西部に位置する我が家にも、初雪が薄く積もりました。 車の屋根に積もった雪は、融けにくいので困りものです。 しかし、我が鰍工房の手作り看板に淡く積もった雪は、風情があります。 新聞を取りに出た時、イイナ! と思ったのですが、いろいろ朝の用事を済ませてから、カメラを持って出たら、もうだいぶ融けてしまって、あまり良い…
コメント:0

続きを読むread more

瓢箪たくさん頂きました

少し前に、ハゼ・タナゴ釣り仲間のYさんが、FBに自宅で成った沢山の瓢箪の画像をアップしていました。 同じ釣り仲間のタナゴ釣り名人Kさんと、これ欲しいね、となってYさんにおねだりして頂戴しました。 手提げ袋一杯、頂戴してしまいました。 嬉しいっす! 並べて眺めていると、ほっこりとした気分になります。 種まで頂いたので、春に…
コメント:0

続きを読むread more

今年の初物、蕗の薹

きょうは、持病の薬を貰いに、自宅から電車で駅2つ離れた病院まで行きました。 帰途は、脚のリハビリ目的で歩いて帰宅です。 途中、石神井川べりの空き地で蕗の薹が出る場所があるのですが、まだまだ時期尚早、何もないだろうなと思いつつ見てきました。 我が家の庭にも、蕗の薹が出るのですが、例年の初物は、2/17~2/23の間で、収穫の盛期…
コメント:0

続きを読むread more

壊れかかった包丁の命を蘇らせる

私は、クリエーティブな創作よりも、道具の修理再生作業の方が好きだし、仕事のやり甲斐を感じます。 それは、モノの命を大切にしたい、これで捨てられてしまうのでは道具が可哀相、ということもありますが、自分自身が定年退職という通告を受けた身であることから、まだまだ若いモノより遥かに高い能力がある(と自分では思っている)のに、”使用期限切れ…
コメント:0

続きを読むread more

釣り始めは黒目川でオイカワ釣り

昨年末の釣り納めと同じく、今年の釣り始めも黒目川でオイカワ釣りです。 本日は、いつもと少し別なポイントを試してみました。 夏場には、良く釣れるポイントなのですが、寒中はどうでしょう。 10時半に現地到着し、30分ほど川虫採り。 夏には鮎も釣れるので、護岸の蛇籠に、コロガシ禁止の注意書きが掲示されています。 昨年秋の台風…
コメント:0

続きを読むread more

我が家の庭に珍客コゲラが飛来

先に、小鳥の餌台を作った記事をアップしましたが、 https://kazika-koubou.at.webry.info/201912/article_13.html 最近では、毎朝、シジュウカラがペアでやって来て、餌台に小粒ヒマワリの種を入れてくれ、と催促するようになりました。 暮れになっても大掃除もせず、汚れたままの窓…
コメント:0

続きを読むread more

令和2年の工作初め

明けまして、おめでとうございます。 本年も、鰍工房を応援のほど、宜しくお願い申し上げます。 書初め、出初式、こういった事始めは、昔から1月2日に行なうことと相場が決まっています。 そこで、鰍工房も最も好きなジャンルである手作り釣具で、令和2年の工作初めを致しました。 最近、思い出したようにマゴチ、ヒラメの釣りを再開したの…
コメント:0

続きを読むread more

令和元年の釣り納めは、黒目川のオイカワで

大晦日の今日、朝からカミさんに命じられて、スーパーに買出しの荷物持ちにお伴する。 帰宅すると、まだ10時半。 天気も良い。 急遽、釣り支度を整えて家を飛び出します。 黒目川の、いつものポイントには、11時15分に到着。 泡喰って、飛び出してきたので、手拭を忘れてしまいました。 川虫を採捕して、竿を出したのは11時45分。 …
コメント:0

続きを読むread more

鋸の替え刃に柄を挿げる

暮れになると、いろいろと大物ゴミが出てきます。 我が家でも、風呂桶のプラスチック製の折り畳み式の蓋を新しくしたので、古いものを捨てねばなりません。 天井に取り付けた大きな長方形の蛍光灯も交換したので、これも古いものは捨てねばなりません。 昨日、好天だったので、ちょっと黒目川まで遊びに行こうとしていたら、 カミさんから、『よく…
コメント:0

続きを読むread more

庭に小鳥の餌台を置いてみた

近年、ヒヨドリ、メジロ、シジュウカラ、ムクドリなどの野鳥が増えています。 代わって、スズメは激減したように感じられますのは、田畑が減ったからでしょうか? 我が家の庭では、ヒヨドリは大害鳥です。 以前は、満開の花を咲かせてくれていた、シデコブシの花は、7~8年前から蕾を悉くヒヨドリに喰い荒らされて、花を見ることが出来なくなってい…
コメント:0

続きを読むread more

沢蟹の根付、出来上がりました

12月の10日頃から製作に着手していた沢蟹の根付、 拭き漆での塗装色付けも終わり、眼も黒漆で点睛です。 紐も付きました。 腹側は、ちょっと脚が蜘蛛みたいになってしまいました。 爪の部分など、拭き漆をする前に、上州屋で売られている合成漆の朱赤を薄く塗っておいたのですが、本漆に負けて朱赤の色は沈み込んでしまいました。
コメント:0

続きを読むread more

マゴチの根付(ドウダン材)

6~7年、やっていなかったマゴチ釣り、誘われてこの暮れからカムバック。 昔ハマッていただけに、なかなか面白い。 沢蟹の根付を作った時にに出た、ドウダンの端材があって捨てるには惜しく、何か作れるものは無いか考えていたら、マゴチが彫れそうだと気が付きました。 これをザックリの形に指物用の胴付き鋸でカットします。 小刀で削…
コメント:0

続きを読むread more

沢蟹の根付け、だいぶ出来上がってきました

来年の私製カレンダーも出来上がり、年賀状も書き終わり、製作途中の沢蟹の根付に少し手を加える時間が出来てきました。 眼も入りましたし 紐穴も穿って、紐も仮付けしました。 またまた石に置いてみます。  眼が入ったので、だいぶ雰囲気が出たのではないでしょうか。 まだまだ未完成で、手を入れるべき部分が残っています。 後は…
コメント:0

続きを読むread more

びん沼川の小鮒釣り

昨夕、タナゴ釣り仲間のK名人から、いきなり『明日、どうです?』とお誘いの電話。 昨日は、昼は甥が嫁さんを紹介しに連れてきたので、寿司をとって皆で昼食。 夜は、私が部長をしている釣り愛好会の忘年会と忙しく、帰宅したのは10時半を過ぎていました。 それは、予定のことだったので、いつものタナゴ釣りの定例出発時間である6時を1時間遅らせて…
コメント:0

続きを読むread more