小春日和に誘われて、黒目川でオイカワ釣り

この1週間は厳しかった。
というのは、先週の日曜(12/8)にマゴチ釣りに行き、目出度く良型2尾を釣り上げたのは良かったのですが、その翌日の晩、マゴチ三昧の夕食を美味しく頂き、満ち足りた気分で床に入ったまでは良かったのですが、深夜12時半ころに急激な嘔吐に見舞われ、翌朝まで何回も激しい嘔吐が続き、朝からは激しい下痢となって2日間も下痢が続き、2キロも痩せました。
9月から11月までの3ヶ月、糖尿病の治療にカナグルという薬の投与を受け、これは血糖が身体に吸収される前に強制的に尿中に排出させ、体重(特に体脂肪)を落すという薬で、この3ヶ月に亘る服用で、5キロも痩せたばかり。
そもそも私は、昔から体格は痩せていて、169センチで63キロでした。
この体重を、3ヶ月で5キロ落として58キロになって、体力も落ちていたところに今回の下痢で56キロまで激痩せしてしまいました。

マゴチの乗り合い船には、釣った魚を押さえつけたり手についたヌルヌルを拭ったりするために、一回も洗ったことがなさそうな不潔な湿ったタオル(実態は雑巾以下のもの)が備え付けられているのですが、恐らく、これを触った手でオニギリを食べ、ウィルス性の胃腸炎(ノロ・ウィルスかも)に感染したものと思われます。

しかし、木曜(12日)には、何とか快復して金曜(13日)までには下痢の脱水で減った分2キロの体重も戻りました。

そして、昨日となる土曜(14日)、朝からパソコンで来年のカレンダー作りなどしていると、
カミさんが
『素晴らしい天気ですよ! 朝からパソコンなんかしてないで、外に行って身体を動かしていらっしゃいよ。』
と叱咤します。
庭に出て、木刀なんぞ振っていると、ピカピカの晴天で風もなく暖かい。
これは、家に引き篭もっていては勿体無い日だな、時計を見ると11時です。
今からでも、近場の黒目川なら3時間くらいは遊べそうです。
という訳で、急いで支度をして11時45分に家を出て、途中のコンビニで弁当を買い、現地に着いたのは12時20分ころでした。

黒目川は、台風19号以来、ずっと水量が多い。 
先週(12/3)にも来たのですが、その時よりは多少は流れの透明度は上がっていましたが、似たような水量です。
岸辺の雑木林は、すっかり紅葉しています。
PC140288.JPG
上の写真の奥の方に、シラサギが写っているのが判りますか?
バカチョンカメラのズームで追ってみます。
PC140297.JPG
と、いきなり飛び立ちました。 
すかさずシャッターを切ると、何とか捉えることが出来ていました。
PC140298.JPG
小学生が二人、魚捕り網で遊んでいたので、何か捕れたか訊いてみると、何も捕れないと言う。
そこで、大昔の小学生がお手本を見せてレクチャー。
1回目の網掬いで、川エビの大漁。 これには、小学生は目を丸くしていました。
30分ほど小学生と付き合って、網の使い方を指導してから、釣り座を確保します。

例のように、ズック魚篭を水に沈めます。 水色は清冽透明なクリスタル。
PC140291.JPG
台風19号後、岸辺の草が流され地形も多少変化して、具合のよいスペースが出来たので、椅子なども置きます。
釣りの合間に、この椅子でまったりとタバコをふかしつつ、休憩したりします。
PC140299.JPG
少し、道具を紹介しましょう。
今回は、最近モエビの飼育が楽しくなって、専門の淡水エビ/カニ類図鑑なども購入したので、川エビを持ち帰るためのブクブク容器を持ってきています。
マゴチ釣りの餌にする、ハゼを活かして持ち運ぶのも、この道具を使っています。
PC140293.JPG
小学生と一緒に採捕したエビが入っています。
一緒に入れてあるクロモなどに隠れて、数匹しか見えませんが、実際には50尾くらい入っています。
PC140294.JPG
昭和30年代~50年代頃までは作られていた桐製の道具入れです。
PC140304.JPG
これは、2個目の箱で、最初に高校生の頃に800円で買ったものは、とっくに壊れて無くなりました。
これは、10年ほど前に谷中の骨董店で同一のものを発見し、2千円で買ったものです。
PC140305.JPG
中は、私が改造して仕切などりを作り、
PC140306.JPG
更に、自作の仕掛け巻き収納部の造作を行なってあります。
PC140307.JPG
PC140308.JPG

5mの竿に仕掛けをセットし、クロカワムシの採捕を開始。
餌に適した、小型を20尾ほど採取してところで、釣りを開始したのは13時を過ぎていました。

小春日和の陽気に誘われて、入れ喰いとはいきませんが、竿出しから順調にオイカワが釣れます。
PC140300.JPG
風がないので、軽い仕掛けも的確に投入できました。
PC140303.JPG
12月ともなれば、3時を過ぎると気温が急に下がってきます。
ここで、2時間ほどの釣りは終了です。
釣果は30尾ほどで、全てリリースしました。
PC140309.JPG
冬とは言っても、12月中は、こういう宝石みたいな陽気の日が数回あります。
そのタイミングを逃さず、すかさず出動できるのは無職で自由な老人の特権ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2019年12月15日 18:10
お久しぶりです。今年、タナゴの釣れる場所を伺って、教えて頂いたものです。
お体、回復されて良かったですね。川釣りのブログから遠のいていたようですが、短時間で、オイカワをたくさん釣られて、驚きました。玉ウキの流し釣りになりますか? それにしても、黒目川は良い川ですね。いつまでも、きれいな川であってほしいですね!