アカザの杖

釣り名人のMさんが、どこぞの原っぱで採ったのか、暮れにアカザを3本持ってきてくれました。
そこで、手始めに一番小さいものを選び、節を綺麗に削り落とし、アカザの杖を作ってみました。
全長 108センチ、 重量 150グラムです。
画像

先端にはゴムを取りつけて石突とし
画像

握り部の近くに、吊り紐を取りつけました。
画像

アカザの杖とは、いったいどの位の価格で売られているモノなのかと、
ネット通販を調べたら、2点ほどヒットし、一つ目の品は3千9百円、
もうひとつの品は2万4千円もの値で販売されていました。
高い方の製品は、全体がポリウレタンで黒く塗装されていて立派でした。

私も暇なときに、漆を塗ってみますかな。
しかし、アカザの素材は大量の漆を吸い込んでしまいそう。
そうなると材料の漆代だけでも、軽く1万円以上は掛かりそうで怖いです。

そんな訳で、何か漆を塗ったときに、残った漆を少しずつ摺りこんで気長に塗装してみようと思っています。
赤や黒などムラになって、それもまたオツなものかと。

< 2/22 追記 >
塗装しました。
漆で下地塗りをし、その後、アクリル系塗料を何回も塗り重ねています。
色は、漆の黒です。
画像

握りの部分
画像

ゴム塊を貼り付けた、石突部分です。
画像

既に石神井公園まで数往復、昨日も町歩きで草加松原に行き、累計で計10km以上を歩いていますが、石突のゴムが剥がれることもなく、軽く快適に使えています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック