鰍工房 手作り小品工芸 工作日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 金沢八景からイシモチ釣り

<<   作成日時 : 2018/05/27 07:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

金沢八景の黒川丸はイシモチ釣りの老舗ですが、例年なら今の時期はイシモチ乗り合いは終わってカサゴに変更しているのですが、今年はイシモチがいつまでも釣れています。 しかも良型が主体。

5日前となる20日(日)の新修丸のカサゴ釣りに都合がつかなかった練馬稲門会釣り部のメンバーと、25日(金)は黒川丸からイシモチ釣りに出ました。

新修丸はカサゴ釣りの老舗で、私は40年前、先代の大船長の頃には足繁く通っていました。
しかし、貸し竿も有料なので初心者を連れて行くのに抵抗があるし、駐車場も有料で500円も取られるうえ、店から徒歩4分ほども離れた場所なので、脚腰がへたってきた私には使いにくく、黒川丸がカサゴ乗り合いを出している期間は行かないのですが、どうしてもカサゴが釣りたい時だけ顔を出しています。
電車で来る客は駅まで無料送迎するのですから、車で来る客から駐車料金を取るのは納得いきませんね。
しかも、私以外に4人も連れてきているのだから、サービス精神も経営感覚もゼロですよ。
先代の頃には、いい船宿で大繁盛していたのですがねぇ・・・。
早朝から汚い格好した大オカミが桟橋でサバを切ってエサ作りに精出して。
今は、美人の若オカミがベンツで店に来て、ワンコロ抱いて愛想を撒いているだけで、時代が変わったのでしょうかね。 ボロ車で行く私など、店前にデンと置かれたベンツを見ると貧乏感と劣等感を感じてイケマセンな。
でも、カサゴ釣りに関してはポイントを熟知しているし、カワハギ釣りを最初に始めたのは現在の船長なので、そういう面では良い船宿ですけどね。

黒川丸は、桟橋前が駐車場で非常に使い易いうえ無料だし、貸し竿も無料と良心的な店です。

帰帆橋近くにある新健丸も、40年前、先代の大船長の頃にはタコ釣りの乗り合いがあり、午前タコ・午後カサゴという乗り合いに良く乗っていたのですが、息子の代になってからはタコをやらないので最近は行かないのですが、こじんまりとした良い船宿だし、若船長や奥さんも感じの良い人たちなので、夕方からの根魚釣り乗り合いなど、この店しかやらない釣りもあるので、そのうち乗ってみようと思っています。
もちろん、貸し道具、駐車場とも無料ですしね。

その他、金沢八景地区の乗り合い船宿は、8軒ほど使ったことがありますが、いろいろな理由で現在の船宿を使うように落ちつきました。 
そこまで実践的に乗って調査するのに、数十年の歳月とかなりの経費が掛かりましたよ。
月1回平均で年間15万円、それを40年間ですから、600万円くらいは投資して来ましたね。
私は渓流釣りがメインで海釣りは余技ですから、釣り全体では、どの位になるのでしょうね。
竿も150本くらいあるし、リールも30個は下らない。 
釣りをやらなかったら、小さなマンションの一室くらい買えていて、人に貸して老後資金にできたでしょうに。

さて、メンバー2人とともに、いざ出港。 強風予報の出ている平日とあって、我々3人を含めた乗船客は7名ほどでした。
画像
 
当日は若潮で上げ潮。 私の統計によれば、この潮回りが一番釣れています。
黒川丸は3人ほど船長がいますが、この日の操船は、私が一番信用しているS船長だし期待できるな。

船が走り出しますと、乏しくなった髪の毛が強風で危ない状態に・・・。
画像


釣り場までは僅か15分の猿島の見える横須賀沖です。 近くてイイね!
この日は、米朝首脳会談中止の報を受けてのことか、米軍のイージス艦の動きが激しく近くに3隻もウロウロしていました。
画像

画像

船長も危険を回避するため、イージス艦の動きに気を配りながら釣り開始です。

喰い込みの良さを考えて、私は3.3mのメバル竿を使用。
画像

このシマノの幻波シリーズは、程好い柔らかさと粘りを兼ね備えた竿で、とても気に入っており、他にもマゴチ竿、キス竿、カレイ竿など5〜6本ほど使っています。
画像

初めのうちは、23〜25センチほどの中型を調子よく釣り上げていたのですが、
画像

竿が3.3mと長いうえ、錘負荷15号なのに25号を用いていたので、この良型は抜き上げることがままならず、船長の手を借りるという失態を演じてしまいました。
画像

風もだんだん強くなって長竿は扱いにくくなって来ましたし、竿が長いうえ良型が掛かった状態で垂直に竿を立てると柔らかい穂先が折れそうで、自分で糸を掴むことも出来ず自力で取り込めないのではしょうがない。
ここで、シマノの幻波シリーズ2.4mのマゴチ竿にチェンジしました。
この竿は愛用の万能竿で、マゴチは勿論、カサゴ、イシモチ、カレイ、アイナメ、カワハギ、深場のシロギスなど近海の中型魚釣りには何でも使えます。
この竿に替えて良かった。 この後に、28センチ前後の良型が連発。
数はイシモチ12尾、カサゴとシロギス各1尾、他にトラギスに似ているキヌバリが3〜4尾と大したことは無かったのですが、イシモチは23センチ以下は無しの良型揃いだったので大満足。
画像

同行の二人には、良型アジが掛かったのですが、残念ながら私にはアジは来ませんでした。

入れ食いも楽しいですが、喰い渋る状態のなか、誘いとか持てる技術を駆使してポツポツと釣り上げて結果を出すのが最も釣趣があって達成感がありますね。

当日は、釣り終了後に近くの野島公園にある伊藤博文公の別宅跡の見学などオプション観光したりで、
画像

帰宅したのはTVで栃ノ心の相撲取り組みに丁度間に合う頃。
相撲を最後まで観てから、時間もないので当日は良型2尾だけを調理しました。
画像

1尾はその日に夕食用の刺身
画像

1尾でもカミさんと二人では食べきれないほどでした。

もう1尾は、翌日用の昆布〆に。
画像

翌日だと時間を置きすぎで、本来なら3〜4時間が丁度よいです。
昆布〆にしますと、イシモチがヒラメに化けます。

この2尾ともメスで立派な卵が入っていましたので、アラ煮にしました。
画像


残りの魚は、開いて塩を振り、冷蔵庫で干物にしています。

25日はこのイシモチ釣り、昨26日は稲門会の麻雀大会、そして本日27日は今から西荻手しごと市で店を出します。 遊ぶのに忙しくて大変です。
気が向いたら、西荻手しごと市、観にきてくださいね。
アットホームで楽しい催事ですよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
金沢八景からイシモチ釣り 鰍工房 手作り小品工芸 工作日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる