鰍工房 手作り小品工芸 工作日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 海の初釣りはイシモチ

<<   作成日時 : 2018/01/17 07:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大学釣り部同期のK君から、イシモチ釣りに行こうと誘われたので、今年の船釣り始めは、金沢八景の黒川丸からのイシモチ釣りとなりました。
昨日となる1/16(火)、この日は春のような暖かくて穏やかな日並で潮回りも大潮で絶好と思われました。
そう考えた釣り師も多かったようで、また、1/14には照英と児島玲子の釣りバカ対決で、黒川丸を舞台に好釣りの様子が放映されたこともあり、平日にも拘らず、我々が乗った左舷には7人の釣り人、右舷側は数えていないが、同じ位は乗っていたでしょう。
この位の人数が乗って、大潮で水深30mを釣ると、やはりお祭りが多かったです。

絶好のピクニック日和の例に漏れず、魚信はかなり遠い。
でも、大艫に陣取った常連のベテランは、40尾台を釣っていたのは流石です。
しかし、他の釣り師は、1桁〜20尾程度の釣果で、釣り座による差は歴然。
我々両名は、10数尾に留まりましたが、食べるための釣果としては充分です。

終日、風もなく暖かい日並で、丹沢山塊の向こうにはドッカと冠雪した富士山が聳えているのを眺めながらの正月気分でした。
2時半に帰港し、3時に車に乗ったのですが、帰途の環八も殆ど渋滞せず、4時15分には帰宅できたのは新記録でした。

今回は、カメラを持って行かなかったので、帰宅してからの調理写真のみです。

イシモチの釣果は、23cm〜28cmを10尾。
画像

ゲストは、24cmのアジ2尾、23cmのシロギス1尾、トラちゃん3尾でした。
画像

当日の夕食には、アジとシロギスを刺身に造りました。
画像

アジの刺身はカミさんの大好物なので、これは必ず造らなければなりません。
次回の釣りにも気持ち良く行かせて貰う秘訣です。
何しろ、今週は19日(金)にも、M先輩と一緒に釣りに行くことになっていますからね。

良型のイシモチ3尾は、昆布締めにして、冷蔵庫で保管し翌日の食卓に上る予定です。
少し水気の多い白身魚ですので、こうすると適度に水分も抜けて美味しくなります。
画像

残りのイシモチは開いて軽く塩を振ってから笊に並べ、一夜干しにします。
画像

帰宅してから、休む間もなく、テレビの大相撲中継を見ながらの作業。
ここまでの作業、我が家の夕食の7時半ギリギリまで掛かりました。
これ以上、釣れていたら大変でしたので、丁度よかったですよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
海の初釣りはイシモチ 鰍工房 手作り小品工芸 工作日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる