鰍工房 手作り小品工芸 工作日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 水槽に新らしい魚が仲間入り

<<   作成日時 : 2018/01/10 13:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

刃物研ぎ仕事場の出窓に置かれた、140センチ幅の水槽です。
手前に置いた2リットルのペットボトル16本、これで水道水を汲み置きして、水槽水の交換に使っており、水槽の3分の一の水を交換することが出来ます。
また、これは大震災の際には、沸かして飲料水にも使おうという算段。
画像

ここで、魚を眺めながら刃物研ぎの仕事をしています。
入っている魚に、ペット・ショップで買ったものは1尾もいません。
大半は、タイリクバラタナゴですが、
画像

オオタナゴも2尾ほどいます。
画像

臆病で、人が覗くと、なかなか水槽の手前には出てきません。
左手前と中央部にいるのがオオタナゴ。
画像

今は冬眠中で、砂に潜って顔を出しませんが、大きなドジョウと中ぐらいのシマドジョウもいます。

カマツカも好きな魚なのですが、なかなか1年以上生かしておくのが難しく、今はいません。
スジエビ、ヌマエビ、なども多数入っていて水槽内で繁殖しています。

暮れに釣ってきたヤマベが、2尾います。
画像

14センチ前後と大きなヤマベなので、飼育は無理かな? と思ったのですが、もう2週間、口の鈎傷も治ってきて、だんだんと元気になってきました。
画像


初釣りでカワヨシノボリのペアが川虫捕りの網に入ったのですが、両方とも元気です。
オスが、水槽のガラス面に胸の吸盤で貼り付いています。
画像

腹の膨れたメスも、水槽の右上隅に貼り付いています。
画像

この他に、石神井公園で釣れた小さなヨシノボリも2尾ほど入っています。

タナゴ釣りの外道に釣れる、タモロコやモツゴも居ます。
タモロコは幼魚の頃は、キラキラ輝いて綺麗なのですが、すぐ大きく育ってしまいます。
画像

概ね、こういった飼育下での川魚の寿命は3年ほど。
飼育してみると、彼らの成長の速さには驚かせられます。
網で掬った、10ミリ〜15ミリの稚魚が、3ヶ月も経つと立派な成魚になるのでビックリします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
二匹のために煩雑な手続きをされて飼われているんでしょうから、オオタナゴ よっぽどお好きなんですね
タナゴ好き
2018/01/27 10:19
タナゴ好きさんは、決してタナゴ好きな方とは云えないですね。
誰かが密放流した魚なのでしょうが、リリースすれば再放流ということで法律違反、しかし魚に罪はないので殺すのは可哀相、ということで繁殖させないよう持ち帰って自然環境から隔離しているだけです。
オオタナゴのみならず、タイリクバラタナゴ、アメリカザリガニ、タップミノー、ミシシッピーアカミミガメ、そういった外来生物についても同じです。
それをもって、チクチクと匿名で嫌味を投稿する者の品性を疑います。
私は、このブログの中で、住所や本名を公開しているのですから、文句があるならば堂々と実名を名乗って告発などされたら宜しい。 受けて立ちますよ。 

2018/01/27 10:46
オオタナゴは特定外来生物に2016年に指定されていますので、現在飼育していることを公表されていると言うことは
規制前から飼育されていて、飼育許可を取られているのだと思いましたので書いたのですが、魚類の申請はしたことはありませんが、図面を書いたり写真を撮ったりと大変でしたので
外来種であるオオタナゴを私は飼育しようとは思わないので、よほどオオタナゴがお好きなのだとおもい書き込みました。
何か気に障ることがあったのでしたら申し訳ないです。
タナゴ好き
2018/01/27 11:20
な〜んだ! タナゴ好きさんは、きちんとした方のようじゃないですか。 変な書き込みをする人が多いので、その類と思い失礼しました。 魚を愛する者として、フィールドで特定外来魚が釣れてしまった場合、法に従えば、その場で殺すしかないのですが、それは不憫でなかなか出切ることではありません。
法の精神は、他のフィールドに移動させて新たな繁殖地を作ってはいけない、また、釣り上げたらリリースしてもならない、繁殖を目的とした飼育もいけない、ということと解釈しています。

2018/01/27 19:33
特定外来生物法で、少し誤解なされている所があるようなので、私の知る限り事を書かせていただきます、間違いがあるかもしれませんがご了承お願いします。
野外で釣れてしまった場合、選択肢はその場でリリース、もしくは殺処分のいずれかです。釣れた川なり池から生きたまま持ち出さなければいいわけです。再リリースする事は違法ではありません。
法では、飼育、運搬、輸入、もちろん繁殖も禁止です、ただし、規制前に飼育していて、飼育を継続しようとするときは規制より半年のうちに環境省に申請をして許可をいただなければ違法となります、ですから愛玩目的でも飼育は許可無しでは出来ないのです。
今飼育されているタナゴが確実にオオタナゴなのでしたら、なんの罪もないのですが法律上運搬もできないので殺処分しかないので種を見極めて下さい。

ちなみにタップミノー[カダヤシ]も規制されていますのでご注意ください。
長々と書いてすみません。
タナゴ好き
2018/01/27 20:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
水槽に新らしい魚が仲間入り 鰍工房 手作り小品工芸 工作日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる