鰍工房 手作り小品工芸 工作日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小川町の国指定文化財古民家での春芸展

<<   作成日時 : 2017/04/06 12:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

いい季節になりましたね。
西荻手しごと市の出店仲間のLayさん夫妻から、古民家で開催される「春芸展」の案内を頂きました。
春風に誘われて、孫や家内の母(孫の曾祖母)を車に乗せて、さっそく行ってきました。

関越道を嵐山小川インターで降り、小川町勝呂にある、国指定文化財でもある古民家、「吉田家住宅」までは、我が家から1時間15分ほど。
随所に咲く桜やコブシ、海棠など、春の花を眺めながらのドライブは快適でした。
画像

こんな里山の佇まいのなかにありました。
画像

古民家の裏山は花盛り
画像

裏山の頂上には、手作り風の展望台もあって
画像

周囲には、カタクリ、ショウジョウバカマ、スミレ、イチリンソウ、ミツマタ、シャクナゲ、桜、桃、など、春の山野草が咲き乱れていました。
和紙の里に相応しい、ミツマタの花です。
画像

自然豊かなところとみえ、イノシシ捕獲用の檻や、
画像

もっと小さな、タヌキやイタチ程度の捕獲用の檻も仕掛けられていました。

古民家の脇には、大八車があり
画像

藁葺き屋根の軒です
画像

この軒下には、広い濡れ縁が作られており、この縁側で、蕎麦とうどんの昼食をとりましたが、とりわけ蕎麦は絶品で、野菜天麩羅も最高でしたが、とても値段が安くてビックリしました。
画像


古民家の内部は、囲炉裏が2ヶ所も作られており、
5歳になる孫のソラマメ君は、すっかり囲炉裏が気に入った様子です。
画像

もう一つの椅子がある方の囲炉裏で、枇杷茶をご馳走になりながら団子を焼いて食べました。
画像


家の内部では、「春芸展」の展示即売会が開催。
手漉き和紙工芸のリチャード・フレイビンさん、挽き物・漆工芸の田中康次さん、変った趣向の焼きものを作る陶芸家の関口克己さんなど、古民家の雰囲気とマッチする作家の作品が厳選されて展示販売されていました。
画像

家内とその母上は、リチャードさんの作品が甚くお気に召したようで、何点か奮発して買い求めていたようです。

5歳の孫を連れていったので、子どもには面白くなくて30分くらいしか持たないだろうと、車で15分ほどの処にはローラー滑り台のある公園があることなど事前チェックしていたのですが、意外に孫は古民家を気に入ってくれ、滑り台には行かず、古民家の持ち主のお孫さんとも仲良しになり、ここで3時間以上も過ごしました。 
お蔭で、ジジ、ババ、ヒィババも、まったりとした大人の時間を満喫することが出来ました。

もちろん私は抜かりなく、往復のドライブ中に、タナゴが釣れそうな小川などをチェックすることを忘れません。 
どこかは教えられませんが、穴場と予感されるポイントが何ヶ所もありましたね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小川町の国指定文化財古民家での春芸展 鰍工房 手作り小品工芸 工作日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる