テーマ:釣り

家族で流しソーメン

2週間ほど前から、娘が孫のために流しソーメンをやりたい、と言ってきた。 竹で蕎麦猪口やら箸やらの食器を作り、夏休みの工作とし、流しソーメンで楽しもうという。 当初は、我が家の5本しか生やしていない孟宗竹を伐って、それでソーメン流しの樋も作ってくれと言っていたのですが、流石にそれには私が難色を示したので、ネット通販で1万円也のソーメン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カサゴ釣りで、一気にストレス解消

この所のコロナ騒ぎで、大好きな釣りの方も回数が激減。 行っても気合が入らず、釣果も推して知るべし。 5月のマゴチ釣りも惨敗、6月のタコ釣りもタコ。 そのような状況を打破すべく、この4連休は、初めの3日間は小池都知事の顔を立てて外出を自粛し、最後の7/26(日)は、西村大臣の観光産業支援の要請を受けて出漁です。 釣り船業界も、厳し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

タコ釣りとタコ料理

稲門OB会は、コロナ対策として、年内一杯、集会など人の集まる公式イベントは中止です。 従って、釣り部もオフィシャルな例会は開催せず、個人レベルの少数で釣りに行くようにしており、往復の自動車の中もマスク着用としています。 昨日(7/11)は、金沢八景は金沢漁港にある、横内丸という船宿に初めて行ってみました。 参加メンバーも私を含め3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々のタナゴ釣り

新型コロナも緊急事態宣言が解除されたので、久々の気晴らしにタナゴ釣りに出掛けてみました。 しかし、東京アラート(何なのこれ?、日本語で言ってくれよな~、頭の悪いのに限って、変なカタカナ語を使いたがる傾向がありますな)が出されたので、何だか良く判らないが、取り敢えず釣り場まではマスク着用で行きました。 朝6時前にKさんと共に出発。 関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山の散策

18日に続き中一日を置いて20日にも結構な降雨がありました。 そこで、21日、久し振りに山梨県上野原の棡原(ゆずりはら)地区にカメラと釣竿を片手に行ってきました。 今回の大きな目的は、コゴミの採取。 昨年の同時期には、コゴミの大きな群落が見られた場所に行ってみました。 しかし、全くありません。 皆無です。 狐につままれたよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週もヤマメ釣りに出動しました

昨日は、自宅療養中の家内のお母さん(93歳)が、病状が悪化して救急車で入院したりと、朝からバタバタ。 午後は、予約されていた私の運転免許高齢者講習と大雨のなか忙しい一日でした。 先週、3/3に今年の初ヤマメ釣りに行きましたが、釣果は2尾と貧果でした。 この大雨で、渓流のヤマメも活気を得ているのではないでしょうか。 義母の入院…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

金沢八景のイシモチ乗り合い船の釣り

昨年は、脚の動脈閉塞で入院手術したり、体調不安な状態が続き、金沢八景には1月に小学校からの朋友との黒川丸からイシモチ釣りに行ったきりで、1年以上もご無沙汰でした。 この朋友から、『通っている成人大学講座がコロナで休講になって暇だから、海の空気でも吸いにいこうよ。』とのメール。 二つ返事でOKし、好天を待って本日(3/6 金)昨年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマメ釣り解禁

一昨日の3/1から、山梨県の渓流釣りが解禁になりました。 今年、買い求めたのは桂川漁協管轄の年鑑札のみです。 毎日が日曜の小生は、土日は働いている皆さんのことを配慮して釣りに行きません。 本日の3/3火曜日、今年の初ヤマメ釣りに出動です。 と言っても、若い頃とは違って、そんなに気張っては行きません。 起床したのは、5時過ぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒目川の土堤は、もう春の気配だが・・・

先週の15日(土)に続き、本日21日(金)も黒目川まで、脚慣らしに行ってみました。 風も弱く、暖かい日でした。 もう、再来週には渓流釣りが解禁になります。  既に、入漁年鑑札を取り寄せたし・・・、 脚慣らしに加えて、流し方、合わせの勘を鈍らせてはなりません。 その為に、冬場でも瀬でオイカワの脈釣りが出来る、ここは貴重な場所…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

渓流釣りの春近し

私は、飽き易い性格なのか、数年ほど同じ釣り場に通って、その渓のポイントなどが判ってしまうと、もうつまらなくなってしまいます。 いくら釣れても、どのポイントでどうゆうパターンで流せば釣れるかが判ってしまうと、もう面白くないです。  そして、翌年からは別の渓流に釣り場を変えて、新規の釣り場を開拓調査するのが楽しいですね。 以前は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の蕗の薹と黒目川のオイカワ釣り&野蒜採り

本日は薄曇ながら寒気は緩み風も穏やか。 いつものように、朝6時に起床。 犬の餌、5個のメダカとタナゴの水槽の世話、仏壇の水換えを済ませ、 庭に出て、シジュウカラの餌台にヒマワリの補充をしていると、 既に、蕗の葉はだいぶ大きく育ってきています。 その根元付近を搔き分けて捜してみると、蕗の薹を発見。 6個ほど採れました。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

雪のち陽春の黒目川

一昨日の雪、そして昨日は終日の雨に降り込められて、最近古書店で見つけた開高健の『雨の日の釣り師のために』などという本を読んでいました。 そして本日は何と4月の陽気だという。 これでは、人間はおろか自然界の生物もまごついてしまいますよ。 ともあれ、陽春の陽射しに誘われて、きょうも黒目川に行ってみました。 例により、自宅を出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釣り始めは黒目川でオイカワ釣り

昨年末の釣り納めと同じく、今年の釣り始めも黒目川でオイカワ釣りです。 本日は、いつもと少し別なポイントを試してみました。 夏場には、良く釣れるポイントなのですが、寒中はどうでしょう。 10時半に現地到着し、30分ほど川虫採り。 夏には鮎も釣れるので、護岸の蛇籠に、コロガシ禁止の注意書きが掲示されています。 昨年秋の台風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年の釣り納めは、黒目川のオイカワで

大晦日の今日、朝からカミさんに命じられて、スーパーに買出しの荷物持ちにお伴する。 帰宅すると、まだ10時半。 天気も良い。 急遽、釣り支度を整えて家を飛び出します。 黒目川の、いつものポイントには、11時15分に到着。 泡喰って、飛び出してきたので、手拭を忘れてしまいました。 川虫を採捕して、竿を出したのは11時45分。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びん沼川の小鮒釣り

昨夕、タナゴ釣り仲間のK名人から、いきなり『明日、どうです?』とお誘いの電話。 昨日は、昼は甥が嫁さんを紹介しに連れてきたので、寿司をとって皆で昼食。 夜は、私が部長をしている釣り愛好会の忘年会と忙しく、帰宅したのは10時半を過ぎていました。 それは、予定のことだったので、いつものタナゴ釣りの定例出発時間である6時を1時間遅らせて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日置きに黒目川に遊ぶ

この処、一日置きに、天気の良い日と悪い日が繰り返されています。 そして、今日は天気の良い日です。 14日、16日に続き、本日(16日)も黒目川で遊んできました。 昨日から天気予報で、今日は気温が17℃くらいまで上がって暖かい日、という事だったので、黒目川に行ってみようと思っていたのですが、それにしては出発が遅く、例によって現地到着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた、黒目川でオイカワ釣り

14日に続き、中一日置いた16日も中々の好天に恵まれました。 風の強さ、気温の上がり具合など、前日の天気予報では把握しきれません。 当日の朝、それも10時くらいになって陽が暖かく感じてから、 『今日も行ってみるか!』ということで、のそのそと出動する訳です。 こういう場当たり的な生活って、最高ですね。 鰍工房主がモットーとしてい…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

小春日和に誘われて、黒目川でオイカワ釣り

この1週間は厳しかった。 というのは、先週の日曜(12/8)にマゴチ釣りに行き、目出度く良型2尾を釣り上げたのは良かったのですが、その翌日の晩、マゴチ三昧の夕食を美味しく頂き、満ち足りた気分で床に入ったまでは良かったのですが、深夜12時半ころに急激な嘔吐に見舞われ、翌朝まで何回も激しい嘔吐が続き、朝からは激しい下痢となって2日間も下痢…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

だてまき丸のマゴチ釣りに再チャレンジ

11月の3日に稲門会の釣り仲間であるIさんに誘われて、新子安の「だてまき丸」のマゴチ釣りに行ったのは、先にブログで書きました。 https://kazika-koubou.at.webry.info/201911/article_1.html この時は、前日に江戸川放水路の高常遊船のボートでハゼを釣って餌として活かして持って行き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釣ってはヒラメ尽くし、食べてもヒラメ三昧

11/2(土)は、一人でいつもの江戸川にハゼ釣りに。 三連休の初日ということで、往路の外環道は朝早いのにかなりの渋滞。 渋滞で止っているところに、携帯が鳴ったので出てみると、稲門会の釣り仲間からです。 「今、高常遊船にきたら『鰍工房さんと一緒じゃないの?』と言われたけど来るの? それなら、先にボートに乗っているから、一緒に釣りまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月3回目の江戸川ボート鯊(ハゼ)

大雨台風19号で、行徳の可動堰が開放され、もう終わりかと思われていた江戸川放水路のボート鯊。 しかし、釣果は半減したものの再び釣れてきたとの情報で、昨日、釣友ふたりと出動。 しかし、前日の雨から夜半には一転して快晴になったお蔭で、放射冷却されたのか、珍しく濃霧の朝。 その影響なのか、天皇即位正殿の儀関連の交通規制も終わったのに、外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中2日でのボートハゼ

6日の日曜のハゼ釣りは、悪天候に悩まされ満足な釣りが出来ませんでした。 その、ストレス解消のため、中2日でとなる昨日(9日)、今度は一人で自由気儘なボート釣りです。 自宅から15分の大泉ICで外環道に入ると、混んでいなければ、市川南ICで出るまで35分ほどです。 ここから、行き着けの高常遊船までは5分も掛かりません。 自宅か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸川放水路のハゼ釣り

今年は、腰の不調から練馬稲門会釣り愛好会の例会は、ピンチヒッターを依頼しての一回のみでした。 手術で多少は、腰の具合も良くなったので、釣り愛好会の会長である私としては、何とか二回目を、との思いで本日のハゼ釣りを企画。 本日、江戸川放水路の原木中山側にある常宿の高常遊船から大型ボートで出船。 企画した当初の天気予報とは、大きく狂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渓流釣り今シーズンの最終釣行

先週の木曜から丁度一週間経った本日の木曜、今シーズンの渓流釣り納めと思い、4時半にセットしておいた目覚まし時計が電池切れで鳴らなかったので、予定よりも1時間も起床が遅れてしまいました。 ワン公の世話やゴミ出しなど、いろいろと朝の用事を済ませたら、出発が7時20分になってしまいました。 そんな訳で、一般道を山梨県上野原まで走って、鶴川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禁漁間近のヤマメ釣り

渓流釣りの一年は短いです。  3月に解禁となって、5月のGW頃は山菜採りと相俟って、どこの渓流もドッと釣り人が押し寄せる。  そして、梅雨の頃は好漁の時期です。 しかし、梅雨が明けると日本の熱帯化で、もう暑くてダメです。 そして、猛暑が過ぎて、何とか釣りに行こうと思う頃には、禁漁目前となっているのです。 7ヶ月の漁期ですが、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脚の手術後、初のヤマメ釣り

脚の動脈閉塞症の手術を受ける関係もあって、7月18日を最後に、もう1ヶ月半も釣りに行っていませんでした。 8月6日に入院して7日に手術を受けましたが、予後は良好で、先日も自宅から石神井公園を回り、大泉方面を大きく周回して上石神井の早稲田高等学院の前まで、外環の2の工事予定ルートを、この辺りは皆さん不本意な立ち退きを強いられて気の毒なこ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

梅雨空にヤマメ釣り

17日は、大変お世話になった元会社の上司で、かつ渓流釣り仲間であった方の新盆のお参りで、当時の会社仲間と共に飯能郊外にある能仁寺という古刹にある墓所を訪れました。 夕方に帰宅してから、Yahoo!のピンポイント天気予報をチェックしたら、山梨県上野原、東京都下の桧原村、ともに18日、19日は風弱く終日曇りとなっていました。 という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏ヤマベ(オイカワ)釣り、盛期に入る

高校時代からの朋友が大病を患って、2年連続の大手術でかなり体力がへたっていたのですが、嬉しいことに、かなり元気になってきました。 思えば、半世紀を越える55年間の付き合いです。 定年退職後は、昔のように、全国あちこち昆虫採集や魚釣りに一緒に行こうと楽しみにしていたのですから、簡単にへたられては困るのですよ。 一時は、歩けなくなって自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新作タナゴ竿の試し釣り

総塗り寒竹製のタナゴ竿四尺一寸を試すべく、先月に好釣果のあった釣り場に、タナゴ釣り仲間2人と出掛けてみました。 今回は、奮発し往きだけ高速道を利用。 自宅を6時頃出て、大泉ICから外環道、東北自動車道と乗り継いで約45分で到着。 一般道で行くのと較べ、半分の時間です。 現地に到着してみると、調節池は先月に来たときとは様変わりの大減…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ウスバシロチョウ舞う、初夏のヤマメ釣り

ウスバシロチョウとヤマメ 昆虫と魚の違いはあっても、どちらも氷河期からの生き残りで、高原の清楚な妖精といった趣があります。 私は、幼少の頃から図鑑を愛読書とした生き物好きでしたが、東京都内で生まれ育った関係で、遠くまで行ったことがありませんでした。 昔のことですから、家に自家用車など無く、また父親がフリーの音楽家だったので、学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more