テーマ:自然観察

家族で流しソーメン

2週間ほど前から、娘が孫のために流しソーメンをやりたい、と言ってきた。 竹で蕎麦猪口やら箸やらの食器を作り、夏休みの工作とし、流しソーメンで楽しもうという。 当初は、我が家の5本しか生やしていない孟宗竹を伐って、それでソーメン流しの樋も作ってくれと言っていたのですが、流石にそれには私が難色を示したので、ネット通販で1万円也のソーメン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カミキリムシの飼育

7/2に採集してきた、カミキリムシやタマムシ、そして、自宅工房の竹材から出てきたタケトラカミキリなど、孫に見せようとプラケースで飼っています。 残念ながら、小学3年生の孫は、男の子なのに怖くてカミキリムシに触れず、5歳の孫の方は、『僕は、ダンゴムシの方の方が好き~!』と、ジイをがっかりさせてくれます。 タマムシ類は、短命で最初に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

梅雨はオイラの天下だぜぃ~(蝦蟇くん)

50年ほど前には、我が家の庭には小さな池があり、毎年、蝦蟇が産卵に来ては、小蛙が沢山生まれて大変な有様でした。 その後、父の手によって池は埋められ、お玉杓子もいなくなった訳ですが、不思議なことに、何年、何十年と経っても蝦蟇が庭に現れます。  そのうちの1尾は、あきらかに我が家の庭に住み着いています。 今年、初めて彼の姿を見たのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も工房にカミキリムシが続々と

私の工房は、フルネームだと天牛庵・鰍工房と勝手に名前をつけておりますが、漢語で天牛とはカミキリムシのことです。 なぜ、そういう名前にしたのかと言いますと、工作材料の木材や竹材から、毎年、かなりのカミキリムシが出てくるからです。 今年も、今のところはタケトラカミキリばかりですが、もう4頭ほど室内で見つけました。 これで、また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨空の下、ひまわりの花

庭にやってくるシジュウカラやキジバトの為に、餌台を作って”小粒ヒマワリ”という餌を毎日やっています。 その食べ散らかした、ヒマワリの種が、庭の其処此処で芽を出してきます。 その中の丈夫そうな芽生えを選んで、4本ほど鉢に植えておいたら、この梅雨空の下で、花を咲かせてくれました。 小振りな花ですが、花瓶に活けるには手頃な大きさです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジジイが二人で昆虫採集

今日は、高校で同級だったタカシさんと奥武蔵高原方面に昆虫採集です。 我々は、半世紀以上も前の東京オリンピックの年に高校に入学し、ムシ好きで意気投合していた仲間です。 今回の場所は、過去にも2回ほど行ったことのある貯木場で、スギ、ヒノキだけではなく、広葉樹も多く貯木されています。 すぐ上の高架には、西武秩父線が走っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メダカの赤ちゃん、大量孵化

6月初め頃から、メダカの産卵が始まって、そろそろ産卵期は終わりになります。 親メダカの入っている火鉢です。 オス、メス、合わせて20尾ほどの親メダカが居たのですが、そもそもメダカの寿命は2~3年ほどしかなく、産卵で体力を使い果たし、今回の産卵後に、親メダカの半分近くが死にました。  ホテイソウ(ホテイアオイ)が入っていれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気分転換のためのヤマメ釣り、結果は散々

此の所、コロナ騒ぎに加え、いろいろと家庭内の問題があって、気持ちが穏やかになれません。 ひとつは、ワン公のクロスケ(という名でも、実はお婆さん犬です)に、腫瘍が3ヶ所ほど出来て、うち2ヶ所の切除手術を今月初めに行ないました。  その結果、国から支給された新型コロナの助成金10万円は、私の口座に3日間しか留まらず、右から左に獣医さんに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メダカの孵化

6月9日に掲載した、『メダカの採卵』の記事  https://kazika-koubou.at.webry.info/202006/article_3.html に記しているように、このところ、一日置きに採卵を行い、今シーズンは、累計で500粒は採卵していると思います。 その卵が、ポツポツ孵化し始めています。 この2枚の画像で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の山椒にアゲハ産卵

例年なら、庭の山椒の木には、とっくに多くのアゲハの幼虫が生まれているのですが、どうした訳か今年は姿を見せません。 半月ほど前に、1尾だけ一齢幼虫を見つけたのですが、その後、何かに喰われてしまったようで消えてしまいました。 しかし、今朝、いつものように山椒の若葉をチェックしていると、一齢幼虫を2頭発見できました。 近くの葉の裏を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メダカの採卵

先週、タナゴ釣りに行ったときに採捕したクロメダカは、腹に卵を付けていました。 我が家のメダカも卵を産んでいるのかな、とその翌日に見てみたら、鉢に入れてあるウィローモスにポチポチと卵が付着していて、この日は、30粒くらい見つけました。 我が家は、道路から玄関へのエントランスに3個のメダカ鉢(実は、古い火鉢)を下半分ほどを土に埋める形で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々のタナゴ釣り

新型コロナも緊急事態宣言が解除されたので、久々の気晴らしにタナゴ釣りに出掛けてみました。 しかし、東京アラート(何なのこれ?、日本語で言ってくれよな~、頭の悪いのに限って、変なカタカナ語を使いたがる傾向がありますな)が出されたので、何だか良く判らないが、取り敢えず釣り場まではマスク着用で行きました。 朝6時前にKさんと共に出発。 関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入梅模様の空の下、青紫蘇で爽やかな食味を味わう

沖縄はもとより、四国も梅雨入り宣言が出たようです。 東京も、6月に入った途端、入梅模様の空からシトシト雨が降っている。 白かった紫陽花の花も、青みを増してきました。 季節遅れの筍が、一夜にしてガーデンテーブルを突き抜けていました。 孟宗竹なのですが、遅れて生えてくるヤツは細いです。 昨年に種を買って育てた青紫蘇の鉢に、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

山椒の実を収穫する

私が、毎年、庭に生じた山椒の芽生えを集め育てているので、我が家の庭は、さながら山椒屋敷の呈を為しております。 地植えにした大きな木が8本、そのうち実が成るメスの木は3本あります。 小さな鉢植えの山椒は、軽く100本以上はあるかと思われます。 実生から育てると、花しか咲かないオスの木と、実も成るメスの木の自然での比率は、経験的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石神井川畔の桑の実

きょうは、2ヶ月に1回ほど高脂血症治療薬と逆流性食道炎の予防薬を出して貰っている医院に行く。 事前に電話しておいたので、待合室で待たずとも、処方箋だけ瞬時に受け取って終了。 運動不足解消のため、片道2.7km電車で2駅の距離を自転車で行き、帰途は石神井川に沿った散歩道を自転車を押して歩いてきました。 散歩道の、或る区域にはヤマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この水草は何だろう?

昨年、黒目川でオイカワ釣りをしていた時に、岸辺近くの水中で、睡蓮を小さくしたような、見かけたことのない水草を発見。 持ち帰って、メダカを泳がせている庭の火鉢に入れておきました。 冬が来て、枯れて無くなったので、期待していなかったのですが、春が来て4月の声を聞く頃になったら、健気に若葉を伸ばしてくれました。 一体、何という種類の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珍客ナガサキアゲハが飛来しました

コロナ緊急事態体制が延期となったので、 本日(5/8)もまた、大好きな釣りにも行けずに、家に引き篭もっています。 あまりに良い天気なので、庭のガーデンテーブルに座って、 「 眠狂四郎殺法帖 」をタバコを咥えながら読んだり、 カメラを片手に、植物の生育状態を見たり、昆虫を探したり、 時々、木刀を振って運動したり・・・。 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巣篭もりGWは庭いじり

私の場合は、特に世間が騒ぐGWというものはありません。 言ってみれば、毎日が休日ですから人生の中のGY(ゴールデン・イヤー)と言うべきか。 ですから、例年であれば人出で混雑するGWは、どこにも行きません。 他人様が仕事に出掛ける平日が、私の出動日。 今年のGWも、どこにも出掛けないのは例年と同じなのですが、自分の意思で外出しない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の食材で作る天麩羅ラーメン

10日ほど前に採ってきた野蒜(ノビル)が、まだ沢山残っています。 玉の方は、半分ほど味噌漬にして保存。 しかし、タッパーに入れて冷蔵庫に保管している葉の方は、どんどん固くなっていきます。 そこで、今朝方、庭で採った食材と一緒に、皆、天麩羅にしてみました。 庭で採れたものは、アミガサタケが1本 そして、小振りな筍1本と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山の散策

18日に続き中一日を置いて20日にも結構な降雨がありました。 そこで、21日、久し振りに山梨県上野原の棡原(ゆずりはら)地区にカメラと釣竿を片手に行ってきました。 今回の大きな目的は、コゴミの採取。 昨年の同時期には、コゴミの大きな群落が見られた場所に行ってみました。 しかし、全くありません。 皆無です。 狐につままれたよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨後の筍

昨日は、昼過ぎまで大変な豪雨。 それで、庭の筍チェックもやっていませんでした。 明けて、今日は快晴。  本来なら、雨後の増水を狙って、ヤマメ釣りにすっ飛んでいくところですが、コロナ自粛しています。 で、朝から庭をチェックしていますと、案の定、出ていましたね。 しかも、かなり地上に頭を出してしまっています。 昨日、チェック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた黒目川でノビル採り

4/15、前日にチェックした天気予報では、まずまずのヤマメ釣り日和。 一応、ヤマメ釣りの用意をしていたのですが、私の今年のヤマメ釣り場は桂川漁協管内、つまり山梨県です。 東京ナンバーの車を停めて釣りして大丈夫かな~。 東京モンが、コロナ連れて来やがったか! とか思われて嫌がらせされたり、車にキズでも付けられたらイヤだな~。 そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年、2本目の筍の収穫

今年、我が家の初筍は、4/11でした。 その後、毎日、庭を見張っています。 4/14の朝、シジュウカラの様子を眺めたりしながら、 庭の其処此処を見て回っていますと、 アミガサタケが出ていました。 もう少し、数があれば料理するのですが、1本ではどうにもなりません。 このまま放置して、来年のために胞子が飛び散るのを期待します…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の初筍とジャコ山椒

外出禁止令が出ているので、工房での作業に疲れると庭に出て木刀を振る。 それに飽きたら、アマゾンで取り寄せた講談本「鳴門秘帖」を読み耽る、 そんな日々を過ごしている訳ですが・・・。 例によって、今朝がたも庭に出て木刀を振っていると、こんな地割れを発見。 すわっと、その奥に目を凝らすと、土塊を押しのけた筍の穂先が見える。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒目川土手道の散策

きょうは、ヤマメ釣りに行きたい気分で、前夜から用意だけはしていました。 しかし、この冬、持病の脊柱管狭窄症が悪化していて具合が悪いのに加え、2週間ほど前から右足の膝関節に軟骨が挟まってとても痛い。 少しずつ良くはなっていますが、まだ車のアクセルを踏んでも痛い。 という訳で、足慣らしと運動不足解消のため、家内と黒目川まで行ってみました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春雪の翌朝に

昨日の雪は、当初の予報よりも大雪になりましたが、午後には天気は回復。 車に積もった雪は、翌朝に備えて水を掛けて溶かしておきました。 一夜明けて、今朝、工房の庭に面する雨戸を開けますと、沓脱石にキジバトの足跡が・・・。 雪で餌台を室内に取り込んでしまい、代わりに、ここにパラパラとヒマワリの種を撒いておいたのを食べに来たのですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の淡雪、庭に降り積む

コロナ騒ぎの真っただ中、この季節外れの雪もまた春の椿事か。 これでは、花見もままならず、都知事の要請がなくとも出掛ける人は少ないでしょう。 私も、70歳を越え、糖尿病などの生活習慣病の基礎疾患を持ち、かつタバコを吸う、という三拍子揃った典型的なコロナ重症化タイプなので、自宅に引き篭もっておりますよ。 仕方ないので、雪の降り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石神井川の桜、満開です

義母(家内のお母さん)は、とうとう亡くなってしまい、昨日に葬儀も済みました。 行年92歳、立派なお義母さんでしたが、重度の肝硬変には勝つことが出来ませんでした。 気の毒だったのは、新型コロナ対策で、入院中の病院が家族も含めて入院病棟を立ち入り禁止とし、全室面会謝絶としたために見舞いにも行けず、最期まで意識ははっきりしていた義母で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シジュウカラの巣箱を作ってみた

先日、TVでシジュウカラの特集をやっていました。 頭の良い小鳥で、京都大学の研究では、単語をいくつか繋げて文章にして、仲間同士で会話もするらしい。 それに、雑食性で人なつこく、里山から市街地に進出して郵便受けなどにも巣を作る例があるらしい。 我が家でも、餌台を作って庭に置いたら、毎日、シジュウカラの夫婦が仲良く来るようになって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が家の庭から、春の便りを届けます

年々温暖化が進み、昨年より2週間ほど早く我が家の庭も春が溢れる。 尤も、明後日が春分の日だから、暦の上でも春なのです。 木瓜(ボケ)は好きな花木なので、数種類のものが植わっています。 ピンクの花 シドミとも呼ばれる野生種の草木瓜 銀長寿という園芸品種で 大輪の白花を咲かせます シドミとは異なる赤花の園芸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more