テーマ:自然観察

石神井公園界隈の散歩で見つけた

昨日のボートのハゼ釣りで、脚が固まってしまったので、本日は脚慣らしウォーキングです。 自宅から徒歩20分ほどで石神井公園の南側にある自然観察園に到着。 アキチョウジの草叢には、スカシバやらマルハナバチやらがブンブンしていました。 ここから史跡の内田家住宅を通り抜け、ボート池の西端から道路を渡って三宝寺池に回ります。 池を周回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩でみつけた、活け花のような自然の造形

此の処、脚のリハビリ目的で、我が家から徒歩2kmほどの石神井公園まで散歩に行っています。 ボート池の装いも、かなり秋めいてきました。 この池の岸近く、点々と水中に打ち込まれている棒杭には、かつてはロープが張られていたのですが、今は朽ち果てかかっていて、その朽ち窪んだ頭の部分には、いろいろな植物が逞しく根づいています。 ネコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

別荘地の草刈りイベント

佐久町と八千穂村が町村合併して、佐久穂町と折中した町名になりましたが、此処に私の所有地があります。 今の天皇が皇太子の頃に登ったという茂来山の山麓にあるので、春は山菜採りやハイキング、初夏からは、抜井川でヤマメやイワナ釣り、秋には、地元でリコボウと呼ばれるキノコ(ハナイグチ)が採れます。 冬は、八千穂高原スキー場まで、30分くらいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝦蟇の置物?

今朝、6時半頃に新聞を取りに玄関ドアを開けると、見慣れない蝦蟇の置物が・・・。 こんな処に、陶器製の蝦蟇が置いてあったかな~? 近づいてみると、目が合いました。 何じゃ! 本物じゃん。 新聞受けから戻ってくると、 『カエルはカエルよ』と言って、どこぞに帰っていきました。 夏の我が家の庭は草ぼうぼうで、小さなオンブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏が来て、今年の我が家の茗荷と蝉が初見参

長かった梅雨の冷夏が過ぎてみると、いきなり連日の猛暑です。 年寄りでなくとも、これは堪えますよね。 で、いきなり我が家の庭も真夏の様相。 梅雨の間は水遣りの必要も無かったのですが、僅か数日、目を離したら鉢物は枯れ枯れです。 猛暑とヤブ蚊の猛攻に耐えながら、ホースで水遣りしていますと、水に驚いて木の根元から何匹も蝉が飛び立って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴川渓谷の散策

脚腰が悪くなって、もう正面きって渓流釣りと呼べるような行動は出来なくなりましたが、大好きな谷あいの景色に触れに、梅雨の晴れ間となった昨6月26日に出かけてみました。 勿論、相棒であるM名人も誘っていきました。 釣りがメインではないので、車で家を出たのは朝6時です。 目的地は、上野原の鶴川。 谷沿いの車道の脇に車を置き、渓に下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴川の自然観察

昨日(6/13)は、梅雨の晴れ間となる好天で、M名人とともに鶴川まで行ってみました。 記事のタイトルをヤマメ釣りとしなかったのは、いよいよ私の脚腰が具合が悪く、沢では殆ど歩行困難状態だったので、昆虫や植物の写真を撮ったりして遊んだだけであったからです。 阿寺沢の林道を進むと、「阿寺沢の滝」の案内標識があります。 この石段を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チアシードの発芽観察

6/2に自由が丘のGRADANAというショップで見つけた素焼きの動物です。 ヒツジに似ておりますが、角が何本もあって、正体不明の怪獣ですね。 釉薬の掛かっていない茶色の素焼き部分には、ネバネバのチアシードの種を貼り付け易くするための溝が刻み込まれています。 その購入の経緯は、こちらを参照ください。 https://kazik…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GW中の渓谷を楽しむ

10連休のGW中は、渓流釣りには行かない心づもりでしたが、如何せん長すぎます。 そこに、連休中では人出が少なそうな2日の前に、条件のいい雨が降りました。 軽いハイキングのノリで、ゆっくりと朝は6時半に家を出ます。 秋川渓谷本流の中流部に位置する十里木にある駐車場に車を置いたのが8時。 ここから、釣りの身支度を整えて、戸倉まで歩い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の豊後梅の実は

我が家の豊後梅の古木、大きく育ち過ぎたので、一昨年に三分の二ほどの大きさにまで枝払いして小さくしました。 その結果、昨年は殆ど実が付かず、例年なら西荻手しごと市で売り出すほど作っていた梅ジャムも、自家用に3壜ほど作れただけでした。 今年は、枝払いされたダメージから回復し、花もよく咲きました。 現在の木の姿です。 母方の祖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山の春は花盛り(鎌北湖)

「筍が出たら掘りたいから教えて」、と孫に頼まれていたのですが、今年は我が家の庭は筍の出が遅く、4/13の土曜にやっと発見。 孫のところに電話をしたら、家族で長瀞方面にドライブ中という。 家内が、それを聞いて羨ましくなったのか、ウチもどこかに行こうと言い出しました。 天気は上々、時間的には、かなり出遅れ感はあるものの、却って道路…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒目川土手の春

一昨日、午前中にクロスケを風呂で洗ってから、昼近くになって、テンカラ毛鉤でオイカワを釣ってみようと、黒目川に出動。 大泉学園駅から北に向かう桜並木は満開で、外人が写真を撮っていたりと春爛漫。 黒目川近くの「山田うどん」で、春限定という「はまぐり饂飩」で昼食をとってから、のんびりと土手を歩いて釣り場に向かいます。 まず目にとまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の庭

ついこの間まで、毎日フキノトウを探すのが日課だった我が家の庭も、春まっ盛となりました。 すっかり蕗も葉を拡げ、もうじきキャラ蕗の材料を提供してくれるでしょう。 豊後梅の花は、とっくに終わって小さな実の元が出来かかっています。 杏の花も終わっています。 代わって今は、君子欄の花が見頃を迎え シャガの花も、ちらほら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒目川の翡翠

本日(12/17)は、朝のうちは雨が残ったものの、10時前には雨もあがり好天となりました。 脚の運動のため、M名人と一緒に黒目川まで行くことになりました。 現地で竿を出したのは、11時頃。 前回に引き続き、さっぱり魚信がありません。 しかし、こちらの名ハンターは流れの上の藪から水面を覗き 獲物を発見すると水面近くでホバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孟宗竹内部の水

どこぞかでM名人が伐ってきた、太い孟宗竹の材を頂戴しました。 太くて長いのを3つに切断したうちの一つです。 担いでみると、かなり重い。 10kg以上はあるでしょう。 おまけに、揺すってみると、竹の内部でチャポチャポと水音がします。 何か、この竹を切って水を出してみたら、澄んで甘く美味しい水が出てくるのではないか・・? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魚が釣れなかったときは

釣りにボーズはつきものです。 これが、海の船釣りですと、天を仰いで昼寝するしかありません。 しかし、清流や渓流では、釣りに取って代わる野遊びが幾らでもあります。 春には山菜採り、秋には栗や胡桃拾いやキノコ採り。 夏は、そういうものが無いので岩石採集道具を車に積んでいました。 冬は、竹取り道具を車に積んでいます。 今週の月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒目川のレインボウ

先週の水曜日(11/28)に黒目川に遊びに行き、一昨日(12/1)には、金山緑地公園付近の柳瀬川で遊び、そして本日(12/3)は、またまた脚の運動と称して黒目川で遊んできました。 曇りで、ほぼ無風、気になる程ではないものの、時折僅かに顔に小さな雨粒が感じられる、そんな天気でした。 オイカワ釣りの竿を出しましたが、殆ど魚信なく、たまに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋川から奥多摩湖周遊の紅葉ドライブ

今週7日に秋川本流のニジマス釣りに行った折、思いもかけず紅葉が綺麗でしたので、カミさん孝行の鰍工房主は、昨10日にカミさんとワンコのクロスケを車に乗せ、僅か中2日で、またまた秋川まで車を走らせたのでした。 前夜、WOWOWシネマ1時間ものの連続サスペンス全5話を一挙放映されていたのが面白く、夜中の2時まで見てしまい、ちょっと起床が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平櫛田中美術館と、赤城山の紅葉ドライブ

10月からは渓流釣りも禁漁期に入りましたし、今週はカミさんサービスに精を出し、また次も気持ちよく釣りに行かせてもらう環境整備です。 10月29日(月)には、都下の小平市にある平櫛田中彫刻美術館に行ってみました。 この美術館のHPです。 http://denchu-museum.jp/ 電車でも行けるのですが、我が家からは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金宝樹という名を教えて貰いました

猛暑も去って、凌ぎ易い季節になりましたので、毎日の1時間ウォーキングを復活させています。 通りすがりに、いつも何という名前の木なんだろうか、と思っていた赤いフサフサした花の咲く庭木を、丁度、剪定している方がいたので、名前を教えて頂きました。 『 キンポジュ、漢字で書くと”金尾樹”で、外国では”ブラシの木”と言うのですよ。』 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石神井の豊島山道場寺

今日は、散歩で珍しく石神井公園近くにある道場寺に立ち寄ってみました。 隣にある三宝寺は、家内の実家の菩提寺でもあり、ちょくちょく覗いているのですが、道場寺は我が家の宗派である曹洞宗の寺院であるにも拘らず、何か敷居が高く、本殿には賽銭箱すら置いておらず、何か寄り付き難い雰囲気を醸し出していて滅多に立ち入ることがありません。 久し振…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も咲いた、不思議な花

数年前に、ご近所さんから頂いた不思議な花、今年も咲きました。 毎年、一輪だけ咲きます。 葉だけ見ると、達磨君子蘭に似ているのですが、花の姿形や咲く季節が全く違います。 頂いた時に、この植物の名前をお訊きして名札を付けておいたのですが、日光と雨風に晒されて消えてしまったので、名前も判らなくなってしまいました。 地味な植物なので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

石神井公園に残された台風24号の爪跡

昨日は、近所の井草の森公園に歩いて行ってみたのですが、本日は、自転車で石神井公園と隣接する三宝寺池に行ってみました。    ※ 鰍工房ブログに掲載されている写真は、マウスで左クリックすると原寸大に拡大表示されます。    最初のクリックで、画像のポップアップ画面が現れ、それを更に左クリックしますと、大きく拡大されます。    綺…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大型台風24号からの贈り物

大型台風24号が通り過ぎた今朝、家の周囲を見回ってみますと、玄関脇のラテイスの衝立が倒れ、それに巻き込まれて陶磁器製の傘立てが倒れてコッパ微塵に割れていました。 駐車場周囲も草花の鉢物が倒れて散乱し、自転車も倒れて車に擦り傷を作っていました。 1万円以上もした傘立てが割れたのは、痛かったですね。 去年の9月にも、台風の後に大量…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エゴの虫から大イワナへの食物連鎖計画

エゴのムシと言いましても、これは所謂エゴイズム、エゴイストのムシが疼いて他人に迷惑をかけるエゴのムシではなく、正真正銘、昆虫のムシの話です。 本来ならエゴノキは、雑木林や公園の一隅などにエノキなどと混じって生えている、目立たない地味な木です。 ところが、我が家近くでは歩道の街路樹にまで出世した木もあるのを発見しました。 立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アルプス~富士五湖ドライブ

このところ、夏風邪をこじらせて具合が悪かったカミさん、何とか元気になってきた。 月末の第5週目は、カミさんは仕事が休みなので、昨30日は、久々に涼を求めてドライブと洒落込みました。 前夜までの計画では、近隣のドライブコースでは、日光の丸沼高原が最高気温24度の予報で最も涼しく、ロープウェイに乗って更に涼を求め、それから戦場ヶ原、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛夏のサルスベリ、紅に燃ゆ

この夏の暑さで、昨年よりも一週間早く、庭の百日紅(サルスベリ)が満開になりました。 この百日紅は、庭の南端に植えてあるのですが、隣接する家屋などに日照を阻まれているので、逆に北側のガラス窓からの反射光を求めて、北側の窓に向かって伸びてきます。 二階の窓から、手が届くところに ド~ンと咲いています。 室内からは、隣家も見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天牛庵 鰍工房

鰍工房は、フルネームでは、『 天牛庵 鰍工房 』と号します。 天牛とは、昔の中国語で、カミキリムシのことです。 工房の納戸には、いろいろな竹材や木材を溜め込んでいますので、そこからカミキリムシとか、小さなクワガタムシなどが出てくるのです。 それが、 天牛庵という名の由来です。 今年は、タケトラカミキリとか、名の判らない小さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒目川の大蛇

この処、タナゴ竿作りに精出していた所為か、腰の具合が宜しくなく、足がもつれるし痺れていけません。 来週は2回も海釣りに行かねばならないし、足慣らしをしておく必要があります。 という訳で、今日も黒目川まで行ってきました。 10:30現地到着。 ポイントまでは徒歩10分ほど。 川虫を採取し竿を出したのは11:00でした。 川虫捕り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

林芙美子記念館の見学

現在も交流が続いている宝幸水産OBの有志で、「歩こう会」という集まりがあって、毎月、まち歩きなどを行なっており、昨日は林芙美子記念館の見学に行ってきました。 参加者は、70歳~90歳の総勢7名で、私が最年少です。 私の最初の勤務先であった宝幸水産は、一応は東証一部上場会社ではありましたが、社員数は1,000名ほどで、船員と工…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more