テーマ:グルメ食材

家族で流しソーメン

2週間ほど前から、娘が孫のために流しソーメンをやりたい、と言ってきた。 竹で蕎麦猪口やら箸やらの食器を作り、夏休みの工作とし、流しソーメンで楽しもうという。 当初は、我が家の5本しか生やしていない孟宗竹を伐って、それでソーメン流しの樋も作ってくれと言っていたのですが、流石にそれには私が難色を示したので、ネット通販で1万円也のソーメン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の茗荷が盛りを迎えた

例年、8月の声を聴くようになると、茗荷が出てきます。 それで、この所、ヤブ蚊に悩まされながら、毎日のように庭の片隅の薄暗い場所をチェックしています。 ついでに、青紫蘇の葉も何枚か採ってきます。 これを刻んで、ご飯に混ぜる。 ついでに、昨夜の残りの枝豆と梅干の刻んだのも混ぜて、爽やか朝ご飯です。 猛暑の練馬の夏を乗り越え…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カサゴ釣りで、一気にストレス解消

この所のコロナ騒ぎで、大好きな釣りの方も回数が激減。 行っても気合が入らず、釣果も推して知るべし。 5月のマゴチ釣りも惨敗、6月のタコ釣りもタコ。 そのような状況を打破すべく、この4連休は、初めの3日間は小池都知事の顔を立てて外出を自粛し、最後の7/26(日)は、西村大臣の観光産業支援の要請を受けて出漁です。 釣り船業界も、厳し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

タコ釣りとタコ料理

稲門OB会は、コロナ対策として、年内一杯、集会など人の集まる公式イベントは中止です。 従って、釣り部もオフィシャルな例会は開催せず、個人レベルの少数で釣りに行くようにしており、往復の自動車の中もマスク着用としています。 昨日(7/11)は、金沢八景は金沢漁港にある、横内丸という船宿に初めて行ってみました。 参加メンバーも私を含め3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏にはこれ! 紫蘇・茗荷・明太子ご飯

蒸し蒸しする夏は、爽やかな食材で乗り越えましょう。 今朝の朝食は、茄子の味噌汁に、紫蘇・茗荷・明太子ご飯です。 紫蘇と茗荷の香り、明太子の風味に良く合います。 去年、園芸店で買い求めた青紫蘇の種を播き、今年は、それから落ちた種で勝手に育っています。 ワラワラと生えてきているものを、鉢に1本ずつ移植し、適量の肥料を与えると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の時期、恒例の梅ジャム作り

梅の雨と書いて、梅雨(つゆ)と読ませる。  季節に敏感な昔の人は、上手い名前を付けたものですね。 我が家では、この時期、毎年恒例の梅ジャム作りです。 この豊後梅、母方の祖母は大分県の人だったので、母の実家には、豊後梅が数本あり、その一本が我が家に貰われて来たのは、私が小学校に入学した年に、武蔵野の土地に父が新居を建築した時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々のタナゴ釣り

新型コロナも緊急事態宣言が解除されたので、久々の気晴らしにタナゴ釣りに出掛けてみました。 しかし、東京アラート(何なのこれ?、日本語で言ってくれよな~、頭の悪いのに限って、変なカタカナ語を使いたがる傾向がありますな)が出されたので、何だか良く判らないが、取り敢えず釣り場まではマスク着用で行きました。 朝6時前にKさんと共に出発。 関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入梅模様の空の下、青紫蘇で爽やかな食味を味わう

沖縄はもとより、四国も梅雨入り宣言が出たようです。 東京も、6月に入った途端、入梅模様の空からシトシト雨が降っている。 白かった紫陽花の花も、青みを増してきました。 季節遅れの筍が、一夜にしてガーデンテーブルを突き抜けていました。 孟宗竹なのですが、遅れて生えてくるヤツは細いです。 昨年に種を買って育てた青紫蘇の鉢に、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

筍と蕗と山椒で料理を作ってみました

15日は、新型コロナの緊急事態制限が解除されれば、 友人と一緒に上野原方面に初夏の昆虫観察に行く予定でした。 しかし、残念ながら私の住む東京都も友人が住む埼玉県も、 ともに解除されず、引き続き自宅に篭ることになってしまいました。 致し方なく、庭の楓の木の下で、ガーデンチェアに座り、 日がな眠狂四郎殺法帖なんぞを読みつつ、傍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の蕗で伽羅蕗を作ってみた

当初予定では、緊急事態宣言による巣篭り最終日となった筈の昨日(5/6)、外出せずに一日を送るため、庭の草取りを兼ねて蕗を刈って伽羅蕗(キャラブキ)を作ってみました。 冬の間は、枯れ枯れとしていた庭も、既にボウボウとなりつつあります。 蕗の薹を探していた頃は、ショボショボと生えていた蕗も、今や庭いっぱいに蔓延っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巣篭もりGWは庭いじり

私の場合は、特に世間が騒ぐGWというものはありません。 言ってみれば、毎日が休日ですから人生の中のGY(ゴールデン・イヤー)と言うべきか。 ですから、例年であれば人出で混雑するGWは、どこにも行きません。 他人様が仕事に出掛ける平日が、私の出動日。 今年のGWも、どこにも出掛けないのは例年と同じなのですが、自分の意思で外出しない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の食材で作る天麩羅ラーメン

10日ほど前に採ってきた野蒜(ノビル)が、まだ沢山残っています。 玉の方は、半分ほど味噌漬にして保存。 しかし、タッパーに入れて冷蔵庫に保管している葉の方は、どんどん固くなっていきます。 そこで、今朝方、庭で採った食材と一緒に、皆、天麩羅にしてみました。 庭で採れたものは、アミガサタケが1本 そして、小振りな筍1本と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨後の筍

昨日は、昼過ぎまで大変な豪雨。 それで、庭の筍チェックもやっていませんでした。 明けて、今日は快晴。  本来なら、雨後の増水を狙って、ヤマメ釣りにすっ飛んでいくところですが、コロナ自粛しています。 で、朝から庭をチェックしていますと、案の定、出ていましたね。 しかも、かなり地上に頭を出してしまっています。 昨日、チェック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた黒目川でノビル採り

4/15、前日にチェックした天気予報では、まずまずのヤマメ釣り日和。 一応、ヤマメ釣りの用意をしていたのですが、私の今年のヤマメ釣り場は桂川漁協管内、つまり山梨県です。 東京ナンバーの車を停めて釣りして大丈夫かな~。 東京モンが、コロナ連れて来やがったか! とか思われて嫌がらせされたり、車にキズでも付けられたらイヤだな~。 そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年、2本目の筍の収穫

今年、我が家の初筍は、4/11でした。 その後、毎日、庭を見張っています。 4/14の朝、シジュウカラの様子を眺めたりしながら、 庭の其処此処を見て回っていますと、 アミガサタケが出ていました。 もう少し、数があれば料理するのですが、1本ではどうにもなりません。 このまま放置して、来年のために胞子が飛び散るのを期待します…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の初筍とジャコ山椒

外出禁止令が出ているので、工房での作業に疲れると庭に出て木刀を振る。 それに飽きたら、アマゾンで取り寄せた講談本「鳴門秘帖」を読み耽る、 そんな日々を過ごしている訳ですが・・・。 例によって、今朝がたも庭に出て木刀を振っていると、こんな地割れを発見。 すわっと、その奥に目を凝らすと、土塊を押しのけた筍の穂先が見える。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒目川土手道の散策

きょうは、ヤマメ釣りに行きたい気分で、前夜から用意だけはしていました。 しかし、この冬、持病の脊柱管狭窄症が悪化していて具合が悪いのに加え、2週間ほど前から右足の膝関節に軟骨が挟まってとても痛い。 少しずつ良くはなっていますが、まだ車のアクセルを踏んでも痛い。 という訳で、足慣らしと運動不足解消のため、家内と黒目川まで行ってみました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春雪の翌朝に

昨日の雪は、当初の予報よりも大雪になりましたが、午後には天気は回復。 車に積もった雪は、翌朝に備えて水を掛けて溶かしておきました。 一夜明けて、今朝、工房の庭に面する雨戸を開けますと、沓脱石にキジバトの足跡が・・・。 雪で餌台を室内に取り込んでしまい、代わりに、ここにパラパラとヒマワリの種を撒いておいたのを食べに来たのですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢八景のイシモチ乗り合い船の釣り

昨年は、脚の動脈閉塞で入院手術したり、体調不安な状態が続き、金沢八景には1月に小学校からの朋友との黒川丸からイシモチ釣りに行ったきりで、1年以上もご無沙汰でした。 この朋友から、『通っている成人大学講座がコロナで休講になって暇だから、海の空気でも吸いにいこうよ。』とのメール。 二つ返事でOKし、好天を待って本日(3/6 金)昨年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の蕗の薹と黒目川のオイカワ釣り&野蒜採り

本日は薄曇ながら寒気は緩み風も穏やか。 いつものように、朝6時に起床。 犬の餌、5個のメダカとタナゴの水槽の世話、仏壇の水換えを済ませ、 庭に出て、シジュウカラの餌台にヒマワリの補充をしていると、 既に、蕗の葉はだいぶ大きく育ってきています。 その根元付近を搔き分けて捜してみると、蕗の薹を発見。 6個ほど採れました。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

またまた蕗味噌を作る

1月22日に今年の初蕗の薹を採ってから早くも10日が経ちました。 当然ながら、もう作った蕗味噌も食べ尽くしました。 それで本日、限定新発売のピース・リトル・シガーを売っているタバコ店を探しながら、チャリで散歩。 昨日とは打って変わって、寒風が吹いて寒かったです。 残念ながら、ピース・リトル・シガーは、回ったどのタバコ屋さんに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪のち陽春の黒目川

一昨日の雪、そして昨日は終日の雨に降り込められて、最近古書店で見つけた開高健の『雨の日の釣り師のために』などという本を読んでいました。 そして本日は何と4月の陽気だという。 これでは、人間はおろか自然界の生物もまごついてしまいますよ。 ともあれ、陽春の陽射しに誘われて、きょうも黒目川に行ってみました。 例により、自宅を出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の初物、蕗の薹

きょうは、持病の薬を貰いに、自宅から電車で駅2つ離れた病院まで行きました。 帰途は、脚のリハビリ目的で歩いて帰宅です。 途中、石神井川べりの空き地で蕗の薹が出る場所があるのですが、まだまだ時期尚早、何もないだろうなと思いつつ見てきました。 我が家の庭にも、蕗の薹が出るのですが、例年の初物は、2/17~2/23の間で、収穫の盛期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釣り始めは黒目川でオイカワ釣り

昨年末の釣り納めと同じく、今年の釣り始めも黒目川でオイカワ釣りです。 本日は、いつもと少し別なポイントを試してみました。 夏場には、良く釣れるポイントなのですが、寒中はどうでしょう。 10時半に現地到着し、30分ほど川虫採り。 夏には鮎も釣れるので、護岸の蛇籠に、コロガシ禁止の注意書きが掲示されています。 昨年秋の台風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年の釣り納めは、黒目川のオイカワで

大晦日の今日、朝からカミさんに命じられて、スーパーに買出しの荷物持ちにお伴する。 帰宅すると、まだ10時半。 天気も良い。 急遽、釣り支度を整えて家を飛び出します。 黒目川の、いつものポイントには、11時15分に到着。 泡喰って、飛び出してきたので、手拭を忘れてしまいました。 川虫を採捕して、竿を出したのは11時45分。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日置きに黒目川に遊ぶ

この処、一日置きに、天気の良い日と悪い日が繰り返されています。 そして、今日は天気の良い日です。 14日、16日に続き、本日(16日)も黒目川で遊んできました。 昨日から天気予報で、今日は気温が17℃くらいまで上がって暖かい日、という事だったので、黒目川に行ってみようと思っていたのですが、それにしては出発が遅く、例によって現地到着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マゴチ料理

昨日の釣果ですが、 昨夜は時間もなく、一尾の半身だけ使って、手っ取り早く刺身を作っただけでした。 残り半身は、ご近所さんにお裾分けしました。 一夜明けて、一晩冷蔵庫で寝かせたマゴチを調理します。 時間はたっぷりあるので、念入りに包丁研ぎから始めます。 マゴチは、先ずは三枚に下ろして冊にします。 二夜続きにはなりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釣ってはヒラメ尽くし、食べてもヒラメ三昧

11/2(土)は、一人でいつもの江戸川にハゼ釣りに。 三連休の初日ということで、往路の外環道は朝早いのにかなりの渋滞。 渋滞で止っているところに、携帯が鳴ったので出てみると、稲門会の釣り仲間からです。 「今、高常遊船にきたら『鰍工房さんと一緒じゃないの?』と言われたけど来るの? それなら、先にボートに乗っているから、一緒に釣りまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月3回目の江戸川ボート鯊(ハゼ)

大雨台風19号で、行徳の可動堰が開放され、もう終わりかと思われていた江戸川放水路のボート鯊。 しかし、釣果は半減したものの再び釣れてきたとの情報で、昨日、釣友ふたりと出動。 しかし、前日の雨から夜半には一転して快晴になったお蔭で、放射冷却されたのか、珍しく濃霧の朝。 その影響なのか、天皇即位正殿の儀関連の交通規制も終わったのに、外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏が来て、今年の我が家の茗荷と蝉が初見参

長かった梅雨の冷夏が過ぎてみると、いきなり連日の猛暑です。 年寄りでなくとも、これは堪えますよね。 で、いきなり我が家の庭も真夏の様相。 梅雨の間は水遣りの必要も無かったのですが、僅か数日、目を離したら鉢物は枯れ枯れです。 猛暑とヤブ蚊の猛攻に耐えながら、ホースで水遣りしていますと、水に驚いて木の根元から何匹も蝉が飛び立って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more