今年の豊後梅の実は

我が家の豊後梅の古木、大きく育ち過ぎたので、一昨年に三分の二ほどの大きさにまで枝払いして小さくしました。
その結果、昨年は殆ど実が付かず、例年なら西荻手しごと市で売り出すほど作っていた梅ジャムも、自家用に3壜ほど作れただけでした。
今年は、枝払いされたダメージから回復し、花もよく咲きました。

現在の木の姿です。
画像

母方の祖母が大分県(豊後)臼杵の出身であったため、大事にされてきました。
私が知る限りでも、植えてから50年は経っている古木で、根方は大きな瘤(コブ)状になっています。
画像

さて、現在の実の付き具合は、マズマズですね。
結構な数の若い実が育っています。
画像

樹勢もよく、落果する若い実も殆どありません。
昨年は、僅かに実った実も、その殆どが大きくなる前に落ちてしまいました。
6月か7月の西荻手しごと市には、壜10本くらいは梅ジャムを出品できそうですね。

"今年の豊後梅の実は" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント