今年も工房にカミキリムシが続々と

私の工房は、フルネームだと天牛庵・鰍工房と勝手に名前をつけておりますが、漢語で天牛とはカミキリムシのことです。
なぜ、そういう名前にしたのかと言いますと、工作材料の木材や竹材から、毎年、かなりのカミキリムシが出てくるからです。

今年も、今のところはタケトラカミキリばかりですが、もう4頭ほど室内で見つけました。
P7098189.JPG
これで、また釣竿の材料が虫喰いになっているのが増えたと思います。
P7098190.JPG
竹材を積んでいるあたり、竹の粉が沢山出ていて、管理状態が悪いですね。
一応、山で採ってきたままでは、保管せずに、軽く火を入れてから保管しているのですが、どのタイミングでカミキリムシの卵が産みつけられるのでしょうかね?
P7098191.JPG
季節によって出てくるカミキリムシの種類は変わりますが、珍しい種類は出てきませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント