メダカの赤ちゃん、大量孵化

6月初め頃から、メダカの産卵が始まって、そろそろ産卵期は終わりになります。 親メダカの入っている火鉢です。 オス、メス、合わせて20尾ほどの親メダカが居たのですが、そもそもメダカの寿命は2~3年ほどしかなく、産卵で体力を使い果たし、今回の産卵後に、親メダカの半分近くが死にました。  ホテイソウ(ホテイアオイ)が入っていれば…
コメント:0

続きを読むread more

気分転換のためのヤマメ釣り、結果は散々

此の所、コロナ騒ぎに加え、いろいろと家庭内の問題があって、気持ちが穏やかになれません。 ひとつは、ワン公のクロスケ(という名でも、実はお婆さん犬です)に、腫瘍が3ヶ所ほど出来て、うち2ヶ所の切除手術を今月初めに行ないました。  その結果、国から支給された新型コロナの助成金10万円は、私の口座に3日間しか留まらず、右から左に獣医さんに…
コメント:0

続きを読むread more

メダカの孵化

6月9日に掲載した、『メダカの採卵』の記事  https://kazika-koubou.at.webry.info/202006/article_3.html に記しているように、このところ、一日置きに採卵を行い、今シーズンは、累計で500粒は採卵していると思います。 その卵が、ポツポツ孵化し始めています。 この2枚の画像で、…
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の時期、恒例の梅ジャム作り

梅の雨と書いて、梅雨(つゆ)と読ませる。  季節に敏感な昔の人は、上手い名前を付けたものですね。 我が家では、この時期、毎年恒例の梅ジャム作りです。 この豊後梅、母方の祖母は大分県の人だったので、母の実家には、豊後梅が数本あり、その一本が我が家に貰われて来たのは、私が小学校に入学した年に、武蔵野の土地に父が新居を建築した時…
コメント:0

続きを読むread more

庭の山椒にアゲハ産卵

例年なら、庭の山椒の木には、とっくに多くのアゲハの幼虫が生まれているのですが、どうした訳か今年は姿を見せません。 半月ほど前に、1尾だけ一齢幼虫を見つけたのですが、その後、何かに喰われてしまったようで消えてしまいました。 しかし、今朝、いつものように山椒の若葉をチェックしていると、一齢幼虫を2頭発見できました。 近くの葉の裏を…
コメント:0

続きを読むread more

メダカの採卵

先週、タナゴ釣りに行ったときに採捕したクロメダカは、腹に卵を付けていました。 我が家のメダカも卵を産んでいるのかな、とその翌日に見てみたら、鉢に入れてあるウィローモスにポチポチと卵が付着していて、この日は、30粒くらい見つけました。 我が家は、道路から玄関へのエントランスに3個のメダカ鉢(実は、古い火鉢)を下半分ほどを土に埋める形で…
コメント:0

続きを読むread more

久々のタナゴ釣り

新型コロナも緊急事態宣言が解除されたので、久々の気晴らしにタナゴ釣りに出掛けてみました。 しかし、東京アラート(何なのこれ?、日本語で言ってくれよな~、頭の悪いのに限って、変なカタカナ語を使いたがる傾向がありますな)が出されたので、何だか良く判らないが、取り敢えず釣り場まではマスク着用で行きました。 朝6時前にKさんと共に出発。 関…
コメント:0

続きを読むread more

入梅模様の空の下、青紫蘇で爽やかな食味を味わう

沖縄はもとより、四国も梅雨入り宣言が出たようです。 東京も、6月に入った途端、入梅模様の空からシトシト雨が降っている。 白かった紫陽花の花も、青みを増してきました。 季節遅れの筍が、一夜にしてガーデンテーブルを突き抜けていました。 孟宗竹なのですが、遅れて生えてくるヤツは細いです。 昨年に種を買って育てた青紫蘇の鉢に、…
コメント:4

続きを読むread more