庭に小鳥の餌台を置いてみた

近年、ヒヨドリ、メジロ、シジュウカラ、ムクドリなどの野鳥が増えています。
代わって、スズメは激減したように感じられますのは、田畑が減ったからでしょうか?

我が家の庭では、ヒヨドリは大害鳥です。
以前は、満開の花を咲かせてくれていた、シデコブシの花は、7~8年前から蕾を悉くヒヨドリに喰い荒らされて、花を見ることが出来なくなっています。
蝋梅も、今年は沢山の蕾が付いて楽しみだな、と思っていたらヒヨドリに全部食べられてしまいました。
黄色の実が鈴なりに生って、家内が正月用の切り花にしようと思っていたセンリョウの実も、気が付いたら全部喰われていました。
豊後梅の花も、全滅とはいわずとも、かなりの数が喰い散らかされ、実の生りが極端に悪くなっています。

ムクドリも、ヒヨドリに類似した行動をしますが、ヒヨドリほどは頻繁にやって来ないので、あまり問題にはなっていません。

可愛いのは、メジロとシジュウカラです。
冬になって食べものが減ってくると、庭のサルスベリの実を食べに来ます。
ですので、我が家ではサルスベリの剪定が出来ず、庭いっぱいにボウボウになっています。

そこで、小鳥の餌台を作ってみました。
と言っても、プラ鉢を逆さにして、止まり木を取り付けただけのものです。
PC297151.JPG
最初は、木の枝に吊り提げるように考えて、洗濯ものの針金ハンガーで吊り手を作ったのですが、揺れて安定が悪いので鉢置き台に置いてあります。
PC297152.JPG
最初は、警戒して少し離れたサルスベリの枝から見ているだけでしたが、
PC297149.JPG
PC297148.JPG
3日ほど経つと、稗や粟とヒマワリの種を入れた餌台に飛来するようになりました。
PC297150.JPG
しかし、まだ餌台の上で食べることはせず、ヒマワリの種をサッと咥えて、近くの木の枝で食べています。
この写真を撮るために、寒いのにガラス戸を開け放って、カーテンの陰に隠れること20分。
もっと良いショットを撮りたかったのですが、寒かったのでメゲてしまいました。
時折メジロも餌台に来ますが、シジュカラの方が好奇心が強く、また、警戒心が少なくて頻繁に来ますが、メジロはまだまだこの餌台には警戒していますね。

不思議なのは、最も傍若無人なヒヨドリが、この餌台には来ないことです。
折角、美味しい餌を置いてやっても、それには見向きもせず、人間様が大切にしている、花木の蕾や実だけを狙って来るのですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント