江戸川放水路のハゼ釣り

今年は、腰の不調から練馬稲門会釣り愛好会の例会は、ピンチヒッターを依頼しての一回のみでした。
手術で多少は、腰の具合も良くなったので、釣り愛好会の会長である私としては、何とか二回目を、との思いで本日のハゼ釣りを企画。
本日、江戸川放水路の原木中山側にある常宿の高常遊船から大型ボートで出船。
IMG_20191006_080916.jpg
企画した当初の天気予報とは、大きく狂い、風は強く雲が低く垂れ込めていました。
それでも、出船した7時半から11時くらいまでは、何とか雨にはならず持ちこたえていましたが、その後は激しい雨風に襲われてしまいました。
それでも、今年の初ハゼ釣りなので、雨カッパを着て頑張りました。
ポイントは、高圧線の近くで、こんな水門が見える場所です。
PA060296.JPG
カモメが「こんな天気に、バカが釣りしてらぁ」と高みの見物を決め込んでいます。
PA060295.JPG
PA060294.JPG
昨日の土曜は、晴れて最高気温が31度、その翌日の本日は様変わりの天候で、最高気温が22度。
これだけ温度が急降下すると、喰いが渋いです。
竿は、銀座東作の総布袋竹中通し8尺の1本竿です。
PA060299.JPG
昼ころまでの釣果です。 型は10cm~13cmでした。
PA060293.JPG
3時にボートから上がると、脚が痺れてまともに歩くことが出来ませんでした。
手術は上手くいった筈なのですが、何時間もボートの中で同じ姿勢をしていると、まだまだ具合が悪いようですね。

帰宅後の検量では、55尾でした。
同行者に15尾ほど分けてあげましたので、正味の釣果は70尾となります。 
PA060300.JPG
強風と雨に加えて、水温の急降下もあっては、この程度の釣果でも仕方ありませんね。
カミさんが、天麩羅の用意をして待っていたので、小振りのハゼですが無理して天麩羅用に開きました。
PA060389.JPG
二人で食べるには、充分です。
釣果の残り半分は冷凍庫に入れましたので、明日は恒例の唐揚げ南蛮漬けにしますかな。

ところで、持ち帰ったのはマハゼのみですが、今年はやたらにスジハゼが増えています。
小さい魚信でなかなか鈎掛かりしないのは、スジハゼかと思われます。 
釣ってリリースしただけでも、30尾ほどはいました。
他の外道は、シマハゼが1尾、真っ黒なチチブが6尾ほど釣れました。
スジハゼは、星のように輝く青い点々が綺麗だし、真っ黒顔のチチブも同様に水槽で飼ったら、ひょうきんで面白そうでしたが、生かして持ち帰るのが面倒だったので全てリリースしました。
マハゼはキープするが、スジハゼやチチブはリリースするから、増えてしまうのでしょうかね?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント