渓流釣り今シーズンの最終釣行

先週の木曜から丁度一週間経った本日の木曜、今シーズンの渓流釣り納めと思い、4時半にセットしておいた目覚まし時計が電池切れで鳴らなかったので、予定よりも1時間も起床が遅れてしまいました。 ワン公の世話やゴミ出しなど、いろいろと朝の用事を済ませたら、出発が7時20分になってしまいました。 そんな訳で、一般道を山梨県上野原まで走って、鶴川…
コメント:0

続きを読むread more

壊れた傘の柄で作ったタバコの火消し

必要は発明の母とやら申しますね。  医者から絶対禁煙を申し渡されているので、1本のタバコを3回に分けて吸ったりしています。( ちっとも、禁煙してねぇ~じゃないか ) でも、以前は一日に30本ほどロングピースを吸っていたのが、最近は、この方法で7~8本までに減らすことに成功。  そして、10月に消費税絡みで、タバコが値上げになったら…
コメント:1

続きを読むread more

釣り用ウェーダの靴底フェルトの張替え

暖かくなってからの渓流釣りは、ずっと地下足袋でしたので、昨日のヤマメ釣りで久し振りに履いたウェーダの靴底フェルトが片側が剝がれて無くなっていて、もう片側も三分の一ほど剝がれかかっていたのに、釣りをして初めて気が付きました。 早速、翌日となる本日、上州屋に行って修理交換用のフェルトと接着剤を買ってきました。 上州屋の店員は、『 大…
コメント:0

続きを読むread more

禁漁間近のヤマメ釣り

渓流釣りの一年は短いです。  3月に解禁となって、5月のGW頃は山菜採りと相俟って、どこの渓流もドッと釣り人が押し寄せる。  そして、梅雨の頃は好漁の時期です。 しかし、梅雨が明けると日本の熱帯化で、もう暑くてダメです。 そして、猛暑が過ぎて、何とか釣りに行こうと思う頃には、禁漁目前となっているのです。 7ヶ月の漁期ですが、こ…
コメント:0

続きを読むread more

G.サカイのミニ・ナイフ( SHIMMER )に、花梨の根瘤杢材でハンドルをカスタマイズする

G.サカイのミニ・ナイフ( SHIMMER )の、ハンドルのカスタマイズも今回で、一区切りとなる10作目となりました。 安価なものとはいえ、10個も作ると素材費だけでも3万円を越えるので、公的年金暮らしの我が身としては、ちょっとした贅沢をした気持ちになりました。 記念となる10作目なので、手持ちの、いずれも杢の出た素材ですが、ブ…
コメント:0

続きを読むread more

散歩でみつけた、活け花のような自然の造形

此の処、脚のリハビリ目的で、我が家から徒歩2kmほどの石神井公園まで散歩に行っています。 ボート池の装いも、かなり秋めいてきました。 この池の岸近く、点々と水中に打ち込まれている棒杭には、かつてはロープが張られていたのですが、今は朽ち果てかかっていて、その朽ち窪んだ頭の部分には、いろいろな植物が逞しく根づいています。 ネコ…
コメント:0

続きを読むread more

卓上作業台の工夫

そもそも、洋間が作業部屋だし、腰痛の問題もあって、座って作業を行う当て台は使っておらず、従来は、こんな手製の作業台を使っていました。 椅子に腰掛けて使うので、高さを得るためにビールケースの上に嵌めて、固定できるよう作業板の裏面にはダボが打ってあります。 これを、表が上になるようにして、ダボをビールケースに嵌めて固定します。 …
コメント:0

続きを読むread more

別荘地の草刈りイベント

佐久町と八千穂村が町村合併して、佐久穂町と折中した町名になりましたが、此処に私の所有地があります。 今の天皇が皇太子の頃に登ったという茂来山の山麓にあるので、春は山菜採りやハイキング、初夏からは、抜井川でヤマメやイワナ釣り、秋には、地元でリコボウと呼ばれるキノコ(ハナイグチ)が採れます。 冬は、八千穂高原スキー場まで、30分くらいで…
コメント:0

続きを読むread more

脚の手術後、初のヤマメ釣り

脚の動脈閉塞症の手術を受ける関係もあって、7月18日を最後に、もう1ヶ月半も釣りに行っていませんでした。 8月6日に入院して7日に手術を受けましたが、予後は良好で、先日も自宅から石神井公園を回り、大泉方面を大きく周回して上石神井の早稲田高等学院の前まで、外環の2の工事予定ルートを、この辺りは皆さん不本意な立ち退きを強いられて気の毒なこ…
コメント:1

続きを読むread more

G.サカイのミニ・ナイフ( SHIMMER )に、紅梅材でハンドルをカスタマイズする

この紅梅は、永らく我が家の庭にあって深紅の花を咲かせてくれていました。 しかし、平成元年の頃、父が亡くなるのと相前後して枯れてしまいました。 枯れる寸前の木を切り倒し、材として保存、いろいろと加工してきたものです。 例えば、作りかけで挫折してしまった、茶托とか・・・ その残り材の一部を、ハンドル材の大きさに切り出してみま…
コメント:0

続きを読むread more

G.サカイのミニ・ナイフ( SHIMMER )に、鉄刀木(タガヤサン)材でハンドルをカスタマイズする

新たに、2種類のハンドル材を頂きました。 ありがたい事です。 象牙風の素材については説明は付いていなかったのですが、私が保有している本象牙と比較すると枯れた感じが強く、質感と触感が異なり、比重も軽く感じました。  私は今まで扱ったことは無いのですが、ワシントン条約に抵触しないマンモスの牙ではないかと想像します。 木材につい…
コメント:0

続きを読むread more