寒竹製タナゴ竿(四尺一寸三分)総漆塗り

先日に行ったタナゴ釣り場は、足場の関係から長めの竿が具合が良かった。 そこで、別に作らなくとも沢山あるのですが、新たに手持ちの寒竹で1本作ってみました。 素材の竹です ちょっと曲がった根堀りの竹で握りを作りました。 カーボン丸棒φ1.5mmとφ2.5mmとで込み芯を作り、 挿げ口の巻き糸を施してから、漆で全体を塗装…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウスバシロチョウ舞う、初夏のヤマメ釣り

ウスバシロチョウとヤマメ 昆虫と魚の違いはあっても、どちらも氷河期からの生き残りで、高原の清楚な妖精といった趣があります。 私は、幼少の頃から図鑑を愛読書とした生き物好きでしたが、東京都内で生まれ育った関係で、遠くまで行ったことがありませんでした。 昔のことですから、家に自家用車など無く、また父親がフリーの音楽家だったので、学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軍刀の拵えを修復する(その2、鞘の漆塗り)

4月20日頃に、白鞘の修復と鯉口の加工を行なった軍刀拵えの日本刀ですが、 https://kazika-koubou.at.webry.info/201904/article_10.html その後、やはり白鞘のままではなく、漆で塗って欲しい、という依頼があり、そのまま引き続き預かって漆塗装を行なっていましたが、約25日間を掛けて漆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫を連れて都幾川でオイカワ釣り

11日の晩、柴又ドライブから戻り、疲れたから早寝するかと思っていた矢先、娘から電話。 12日の母の日に我が家に来るという話かと思いきや、孫のソラマメ君がジイジと釣りに行きたいと言っているから、どこか連れて行ってくれない? という話です。 娘も一緒だから、トイレ設備のある都幾川の鞍掛橋付近に行くことにしました。 前日は疲れて何の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柴又帝釈天に行ってみました

私がハゼ釣りの定宿にしている、江戸川河口の高常遊船に行くときに、いつも車で柴又付近を通っていたのですが、帝釈天には一回も行ったことがありませんでした。 昨年、私の古希の祝いを柴又の鰻の名店でやって貰おうとしたのですが、カミさんや子供達の誰も声を上げてくれず、結局、古希の祝いをして貰えなかったのは、家庭を顧みず釣りばかりしている日頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2年ぶりに埼玉県下の某川でタナゴ釣り

きょうは、久し振りにKさんと一緒にタナゴの野釣りです。 6時に家を出て、高速は使わず、現地まで1時間20分で到着。 前回、この埼玉県東北部の釣り場に行ったのは、2017/04/19でしたので、丁度2年振りです。 タナゴ釣り場は、興廃が激しいので、まだ釣れるのか少々不安を抱えながらの釣行でした。 現地に到着し、車を置いてポイン…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

GW中の渓谷を楽しむ

10連休のGW中は、渓流釣りには行かない心づもりでしたが、如何せん長すぎます。 そこに、連休中では人出が少なそうな2日の前に、条件のいい雨が降りました。 軽いハイキングのノリで、ゆっくりと朝は6時半に家を出ます。 秋川渓谷本流の中流部に位置する十里木にある駐車場に車を置いたのが8時。 ここから、釣りの身支度を整えて、戸倉まで歩い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more