GW中の渓谷を楽しむ

10連休のGW中は、渓流釣りには行かない心づもりでしたが、如何せん長すぎます。
そこに、連休中では人出が少なそうな2日の前に、条件のいい雨が降りました。
軽いハイキングのノリで、ゆっくりと朝は6時半に家を出ます。
秋川渓谷本流の中流部に位置する十里木にある駐車場に車を置いたのが8時。
ここから、釣りの身支度を整えて、戸倉まで歩いて戻ります。 
山は青葉の緑一色に覆われていました。
ウグイスの声が長閑で、そして河鹿蛙の鳴き声が涼やかです。
画像

徒歩、約30分で、せせらぎ通り(向坂)の入り口となる星竹橋に着く。
画像

バス通りは秋川の右岸を通っていますが、鄙びたこの道は、左岸を通っています。
画像

ちょっと風情のあるお地蔵様のある辺りから渓に降りてみます。
画像

渓は水量、水色ともに申し分なし。
前日、前々日の降水量から予想した通りです。
画像

流れの緩いところの枯葉が沈んでいるような場所を手網で掬うとピンチョロが捕れます。
早瀬の石の下では、オニチョロやキンパクが捕れました。
何しろ、GW中ですからね・・・横着してキジやブドウムシなどの市販餌を使ったりしません。
画像

竿を出したのは、9時過ぎでしたので、さすがに川虫を使っても魚信に乏しい。
釣れてくるのは、10センチ~14センチほどのチビヤマメや、ハヤ、カワムツの類ばかり。
チビヤマメを10尾ほどリリースしてから気が付きましたが、ここは東京都、ヤマメの体長制限は12センチ。
リリースしたヤマメの大半は、12センチはあったな~。 唐揚げで美味しいサイズ。
でも、身体に染み付いた15センチ以下はリリ-スというルールからすると、12センチはいかにも小さいです。

遅く家を出たときには、狙いは午後3時過ぎから夕まずめ。
ま~、日中は川虫捕りに精を出し、のんびりと景色でも楽しむことにしましょう。

渓の至る処に山フジが咲き乱れていました。
画像

画像

これでもか・・・、というくらい咲いています。
画像

画像

時間潰しに、渓から上がって、せせらぎ通りを散策してみます。
山村風景が広がり、
画像

日向には、あちこちに卯の花(ウツギ)が、真っ白な花を咲かせています。
画像

画像

日陰の岩肌には、ヤドリギが着生し
画像

画像

葉裏には胞子嚢が並んでいます。
画像

同じく、この湿った岩肌には、レース状に葉が並ぶ名前を知らない植物が貼り付いていました。
画像

近寄って写してみます。
画像

路傍の石垣の下で、十二単の花が塔のように立ち上って咲いていました。
画像

草に埋もれて、ひっそりと佇む馬頭観音。
画像

こんな風にして、散歩したり弁当を食べたりしながら時間を潰しながら、実は、しっかりと路から渓の様子と入渓点をチェック。
午後2時半ころ、再び渓に入りました。
地合いよし。
オニチョロに近いくらい大きなキンパクをパックリと呑み込んで、先ずはニジマスの23センチが釣れました。
ヒレピンの綺麗なニジマスでした。
画像

そして3時半過ぎには19センチのヤマメです。
画像

上流部の釣りと違って、頭上の木の枝を気にせずに7mの本流竿を悠々と振れるのはイイね!
画像

4時過ぎには、17センチのヤマメ。 写真なしです。
この3尾は、塩焼きとなって我が家の食膳を賑わせてくれました。
画像

ヤマメが美味なのは当然なのですが、特筆すべきはニジマスで、渓の急流で川虫を喰って育ったニジマスは、スーパーの店頭で売られているニジマスとは、全く異なる魚と言っても良いでしょう。
ヤマメに勝るとも劣らない、透明感のある爽やかな味でした。

4時半、そろそろ夕まずめのゴールデンタイムと思ったのですが、どうも、今年は脚腰の具合が一層悪くなっていて、左脚の感覚が全く無くなってきました。 車まで歩いて戻るのが、かなり大変な感じです。
7メートルの本流竿を久し振りに振ったので、手首も痛くなっています。

渓の景色も堪能したし、カミさんと二人分の塩焼きも確保出来たので竿を畳むことにしました。
脚を引きずりつつ、杖にすがって歩きますが、バカ長靴が重いです。
十里木が目前という処まで戻りますと、趣のある暖簾が出ている蒟蒻屋がありました。
買いたいと思ったのですが、製造のみで小売はしていないようでした。
画像

その隣にある燻製屋も、同じく、製造のみで小売はしていないようでした。
画像

河原でみつけて持ち帰ったミズナラのドングリから生えた芽生えを
画像

翌日の朝、鉢植えにしてみました。
画像

湿った砂と一緒に、一昼夜、ポリ袋に放り込んであったので、少々萎れてしまいました。
持ち直してピンとなってくれると良いのですが・・・。
この作業中、庭の片隅で、今年最大の筍を発見。
他に、小さいのが2本、一昨日に降った雨の後にニョキニョキ出たようで、これで今年度累計で13本となりました。
画像

昨日の釣りに引き続き、本日は、息子のところから孫の4歳の誕生会に招かれていたので、この筍はお土産となりました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック