春は桜山女魚釣り

4月になれば、ヤマメ釣りも3月解禁の喧騒も一段落してきます。
そして、日に日に暖かさが増すにつれ、魚の活性も上がってきますが、また、釣りも難しくなってきます。

海の釣りには、桜鯛釣りという言葉があります。
これは、何もサクラダイという種類の魚がいるわけではなく、春にのっこんで来る鯛を言います。
それとともに、厳しい寒中の釣りから開放された釣り人の喜びを示す言葉でもあるでしょう。

同じように、私は4月の山女魚釣りを桜ヤマメと呼びたいです。
釣れても、釣れなくとも、春爛漫の里山に遊ぶのは心が浮き立つものです。
画像

というわけで、昨日、都下の秋川にヤマメ釣りに行きましたが、釣果は15センチ前後の小型4尾のみ。
良型も2回掛けましたが、2回とも合わせ切れでバラシ、というお粗末でした。
特に、淵尻で羽虫にライズしていた4~5尾のヤマメを発見、見えているその中の一番大きい8寸クラスが喰い付くのを目視しての合わせは、乱暴だったのですね。 道糸の繋ぎ目でプッツリでした。

解禁当初の寒さから開放されたヤマメは、動きも俊敏となり、釣り人の鈎の怖さをしっかりと学習してきたツワモノに育っているので、勢い、こちらも素早く合わせようとして大合わせになってしまうのです。
餌もキジやブドウムシは喰いが悪く、また、同行のM名人が前日に黒目川で採取して持って行ったクロカワムシ(ヒゲナガトビゲラの幼虫)も、然程の卓効は得られませんでしたが、現場で採取したキンパク(カワゲラの幼虫)は、M名人がブドウムシ餌で先に竿を出した後からヘボの私が竿を出しても喰ってくるほどの威力がありました。
画像

ヒラタ或いはナデムシとも呼ばれるカゲロウの幼虫は、好餌ですが柔らか過ぎて鈎に装餌するときに壊れ易く、餌持ちも悪く釣りにくいです。

私は、悪い足がヘタってきたし、肋骨3本骨折からようやく1ヶ月経ったM名人も、午後3時過ぎには納竿です。
ノロノロと脚を引きずりながら車まで戻る途中、カメラ片手に自然観察。
釣りは貧果であっても、こういう一刻が珠玉の時間です。

南秋川の流れを育む山の姿。
所々に、ヤマザクラが、朧に霞んでいます。
画像

路傍の民家の庭先に咲く、ミツバツツジの巨株。
画像

ツクシ
画像

今や、雑草と言っても良いほど、あちこちに自生するようになったムスカリ。
画像

この人里(「へんぼり」と読む)地区は、枝垂桜が多く、先週末は”へんぼり桜まつり”が催されていたらしい。
そのポスターにも使われている代表的な枝垂桜が、この人里バス待合所前にあります。
画像

屋根もある家型のバス待合所の内部には広いベンチもあってイイですねぇ。
この画像をマウスでクリックして拡大画像を見て頂ければ、「人里バス待合所」の看板の文字も読み取れますし、内部の桧原杉間伐材丸太で作られたベンチもよく判ります。
画像

待っていた客の乗せ、バスが出て行きました。
画像

背景となっている竹の新緑も綺麗です。
画像

帰りがけ、例に拠って河原でカップラーメンを食べ、食後のコーヒーを飲みながら周囲の景色を見渡します。
渓の崖に咲くヤマツツジ。
画像

今は使われていない旧道に掛かる橋。
画像

岩盤に着生したダイモンジソウは、栄養不足なのか生育が悪いようです。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック