木彫りの瓢箪が成る木

此の所、瓢箪の根付けを彫るのにハマッてしまいました。
二日に一つくらいのペースで作っています。
シンプルな形だけに、奥が深いです。

素材の木は、枇杷、椿、エンジュ、モッコク、ユスラウメ、柚子、などなど手当たり次第。
塗装も、弁柄朱漆を塗ってみたり、素木(しらき)のままにしてみたり。
春の暖かい陽射しの下、庭のガーデンチェアにのんびりと腰掛けて、コリコリと木材を削っていると、何かとても心が豊かで平安な気持ちになってきます。

本日も、モッコク材で、一個作りました。
グニャグニャっとした蔓の部分は、この後、もっと細く削ります。
その作業は、力が入り過ぎれば、細くなってきた蔓はポロッと折れてしまいます。
細身で、とても良く切れる刃物でないと、この作業は出来ません。
画像

これらを、半年ほど前に作ったツリーに吊るしてみました。
画像

千成瓢箪みたいになってきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック