4/28の西荻手しごと市で

4/28の西荻手しごと市。
ホームページは、こちらです。  http://www.nishiogi-teshigoto.com/

会場の井荻会館に着くと、先月に出展者である「A-bag」さんに頼んでおいた真鮒竿の竿袋が、私のブースに置かれていました。
私の注文と寸分違わずに、素晴らしい仕上がりで、縫いあがっていました。
画像

この竿は、私の小学校からの朋友から貰った九尺と十二尺の対になった真鮒竿で、ともに穂先が欠損していたのですが、私が真竹を削って穂先を再生修復したものです。
画像

これを手に春のノッコミ真鮒釣りも楽しそうですね!

鰍工房のブースでは、刃物研ぎと小品工芸品の展示販売をしています。
最新作の瓢箪箸置きです。
画像


出展者の陶芸の「手前味噌」さんに、織部風の小皿を誉めたら、頂いちゃいました。
先日の釣りで採ってきたコゴミを盛ってみました。
画像

暗緑色の織部に、明緑色のコゴミ。  緑に緑ですが、けっこう似合います。  

この日は、ちょっと珍しい種子島で作られた鋏が研ぎに持ち込まれ、楽しい調整をさせて頂きました。
種子島は、昔は刀鍛冶の盛んな土地柄で、その技術を見込まれて我が国で初めて鉄砲鍛冶が生まれた土地柄でもあるのです。
和鉄で鍛えられた鋏、持ち込んだお客さまは、『すごく使いにくい』と言っていましたが、それは咬み合せの擦り合わせ調整が雑に作られていて、スムースに動かなかったからです。
本質的には、伝統的な製法で良い和鉄を用いて鍛えられていた鋏です。
私が、刃を研ぎつつ、咬み合せの調整を行なった結果、素晴らしい鋏に蘇りました。
刃物マニアでもある鰍工房主は、ちょっと、この鋏が欲しくなったほどです。

また、この日は、善福寺公園付近に置かれた巣箱のミツバチ達が、この春に桜から集めたばかりの、出来立てハチミツも「森を守る蜂の話」林さんが出品している純国産(西荻窪界隈産)芳醇で濃厚なハチミツも買いました。 外国産の数倍の価格ですが、これは食する価値がある逸品ですね。
添加物なしの絶対安心の地場産。 
混じりっ気なし、純粋に春の香りが凝縮されていました。

月に1回、第四日曜日だけ開催される西荻手しごと市ですが、こんな感じで、いつも楽しく遊ばせて貰ってます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック