鰍工房 手作り小品工芸 工作日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 西荻手しごと市に向け、根付と箸置きを作ってます

<<   作成日時 : 2019/01/24 14:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1/27(日)は、第四日曜なので、西荻手しごと市が開催されます。
今年の初市ですので、茄子と瓢箪の目出たいデザインで、根付と箸置きを作ってます。
大相撲やら大坂ナオミのテニスをTV観戦しながら、ポチポチと作っているので、1日に1個も出来れれば良いほうです。
画像

素材は、枇杷とモッコクの5年枯らした材です。
白い木肌が枇杷材、赤みがかったのがモッコクの材です。

ここで、これらを削っている小刀を紹介します。
画像

20年ほど前に、門前仲町の富岡八幡宮で開催される骨董市で掘り出した際削り鉋。
台は磨り減ってガタガタ、刃もかなり錆が進んでいましたが、かなり研いで腐食部分を研ぎ落とし切れるようにした刃に柄と鞘を作って小刀に仕立て直したものです。
画像

15年ほど前に、鰍工房の先代看板犬ブラッキーを連れて野草採りに行ったときに、鞘を草原で落としてしまい、緑色の鞘は緑の草原の中ではどうしても見つからず、鞘は作り直しています。
本職の職人が使っていた鉋の刃ですから、良質の鋼で鍛えられており、素晴らしい切れ味です。
こういった切れる道具がないと、意のままにモノは作れません。

根付けや箸置きのような小さな物を削り出すには、左手に材を持ち、右手に握った小刀で削るのに、ギリギリまで丸木から切り落とさずに加工します。
モッコクの材で、長茄子を彫っています。
画像

こちらも材はモッコクで、丸茄子を彫っています。
画像

だいぶ、それらしくなってきました。
画像

これは、枇杷材で瓢箪を彫っています。
画像

画像

河童が抱いているのは、以前に作った蔓付きの瓢箪です。
画像

今回は、小さい蔓付き瓢箪を作っています。
画像

本材から切り離して、磨きます。
画像

こんな調子で、モノ作りというよりも愛用の小刀の切れ味を楽しんでコリコリとやっているので、27日までに何個作れるものやら・・・。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西荻手しごと市に向け、根付と箸置きを作ってます 鰍工房 手作り小品工芸 工作日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる