鰍工房 手作り小品工芸 工作日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 孟宗竹内部の水

<<   作成日時 : 2018/12/17 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

どこぞかでM名人が伐ってきた、太い孟宗竹の材を頂戴しました。
太くて長いのを3つに切断したうちの一つです。

担いでみると、かなり重い。 10kg以上はあるでしょう。
画像

おまけに、揺すってみると、竹の内部でチャポチャポと水音がします。
何か、この竹を切って水を出してみたら、澄んで甘く美味しい水が出てくるのではないか・・?
そんな思いに取り憑かれて、鋸で切れ目を入れてみました。
画像

清澄で甘露な水と思いきや、植物質の腐った黒い水でした。
画像

昔、我が家の庭に生えた孟宗の若竹を伐った時、やはり水が入っていて飲んでみた記憶があったのですが、今回の竹は、少なくとも2年物で内部の水も腐れかかっていたようです。 残念!

腐れ水が入っていない通常の節間は、綺麗でした。
直径12センチほどはある孟宗竹なので、何年か乾燥させてから、ハゼ釣りのイソメを入れる餌桶を作ってみたいと思っています。

この綺麗な節間の内側を覗いてみると、薄紙のような皮膜が剥がれかかっています。
画像

これを取り出してみますと、薄くて丈夫な和紙のような感じです。
画像

試しに、ボールペンで文字を書いてみました。
画像

天然のセロハン紙ですね。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
孟宗竹内部の水 鰍工房 手作り小品工芸 工作日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる