アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「小品工芸」のブログ記事

みんなの「小品工芸」ブログ

タイトル 日 時
豆柿材と桑材の小匙
豆柿材と桑材の小匙 ナマケモノで寡作の私は、なかなか販売する為の作品製作が進みません。 月に一回の西荻手しごと市、先月の出店から、今月24日に向けての製作は、まだ、小匙2点とストラップ1点しか出来ておりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/14 14:44
8月の西荻手しごと市で
8月の西荻手しごと市で 私が毎月出店している西荻手しごと市(毎月第4日曜日です)。 商売は、ニッパチといって2月と8月が落ち込むというのが定説ですが、 先月の7月は芳しくありませんでしたが、本日は盛況でした。 刃物研ぎのお客様が10人いらして研ぎ注文の刃物は15丁、 小品工芸品も小匙や根付けなど5点が売れました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/27 21:45
本漆仕上げ、豊後梅材の小匙
本漆仕上げ、豊後梅材の小匙 軒下に永年に亘り、私が乾燥のために積み上げていた各種の木材は、 カミさんに言わせれば、汚らしいゴミの山であって、 木喰い虫が付いて家の床下に感染する、という訳で、 先日、カミさんに非常に怒られて、泣く泣く大量処分したのでした。 その際に、惜しくて捨てきれずに残しておいた中の豊後梅材が今回の素材で、 小型の鋸で、小匙をイメージした形に切っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/18 11:05
タナゴ釣りの竿掛け?、それともペーパーナイフ
タナゴ釣りの竿掛け?、それともペーパーナイフ 少し雰囲気を変えて、変わった形の根付を作ってみようかと思い、 枇杷材の二股部分を削り始めました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/13 09:54
タナゴのレリーフ根付
タナゴのレリーフ根付 此の処、私が会長を務める町会は何の課題もなく至って平穏、役員をさせられているOB会の方も、来月の役員会までは、私を煩わせるようなイベントもなく、好きな工芸品の製作に没頭しているこの頃で、日々、朝から甲子園の野球のTV中継を流しながら、クロスケと二人だけの時間に浸っております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/13 00:08
枇杷材で瓢箪と茄子の根付けを作る
枇杷材で瓢箪と茄子の根付けを作る 今回に作ってみた茄子と瓢箪の根付です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/07 11:13
いろいろな木で小匙を作ってみる(その7・・・煤竹)
いろいろな木で小匙を作ってみる(その7・・・煤竹) 今回は、煤竹で作ってみました。 素材とした煤竹の欠片です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/09 20:49
いろいろな木で小匙を作ってみる(その6)
いろいろな木で小匙を作ってみる(その6) きょうは、クロスケを風呂に入れてから、山椒の小匙を2本ほど作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/02 16:19
いろいろな木で小匙を作ってみる(その5)
いろいろな木で小匙を作ってみる(その5) 小匙を作っているうちに、フォークも作ってみたくなりました。 写真の左側の丸木が素材の桜です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/01 18:44
いろいろな木で小匙を作ってみる(その4)
いろいろな木で小匙を作ってみる(その4) 一昨日の28日は5月の第4日曜で、恒例の西荻手しごと市でした。 これに向けて、以前から作ってあったもの、今回新たに作成したもの、取り混ぜて出品してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/30 10:02
いろいろな木で小匙を作ってみる(その3)
いろいろな木で小匙を作ってみる(その3) 今回は、蝋梅(ロウバイ)と南天(ナンテン)を試してみました。 前回までに作った、梅・桜・ハリエンジュ・モッコクに蝋梅と南天を加え、だいぶ数が出来てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/20 22:51
いろいろな木で小匙を作ってみる(その2)
いろいろな木で小匙を作ってみる(その2) 今回の素材は、桜とモッコクです。 左側の丸枝が桜です(右はハリエンジュ)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/17 14:20
いろいろな木で小匙を作ってみる(その1)
いろいろな木で小匙を作ってみる(その1) 本日、テレビを観ながら、ポチポチと削った2本です。 あまり綺麗に作らずに、敢えてザックリ野生味を出して作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/15 21:52
豊後梅材から木匙を作る(その1:材の切り出し)
豊後梅材から木匙を作る(その1:材の切り出し) 寒さの所為か、このところ、いろいろと身体の故障が顔を出し、痛みで満身創痍です。 うち2つは持病であって、腰椎の脊柱管狭窄症と腰椎滑り症による下肢の障害、ならびに頚椎損傷による前腕の痛みと痺れです。 もうひとつは、20年ほど前から時折顔を出す、右膝関節のお皿に軟骨が挟まってしまうもので、これが起こると挟まった軟骨が外れた後も、少なくとも10日間は膝が痛くて仕方ありません。 最後は、今まで罹ったことが無かった五十肩です。 昨年暮れの12月19日と28日に、2週連続でアジ釣りに行ったら、コマセ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/11 19:22
南高梅の材で箱を作る
南高梅の材で箱を作る 友人から送ってもらって預かっている、南高梅の古木を製材した板材が30枚。 反りを考慮して12ミリ厚に製材されています。 銀座東作に依頼して、ハゼの船釣り用の餌箱10個を作った残りの材なので、マシな材は既に使われてしまっていて、乾燥による反りやヒビ割れのきつい材ばかりです。 これを、今月初めにプレナー掛けに出し、3ミリ、5ミリ、6ミリ、7ミリに再製材して貰いました。 但し、30枚の材のうち、プレナー掛けに耐えられそうなものは、16枚のみでした。 その16枚中でも、実際のプレナー掛け作業中... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/15 11:49
灰皿で仕立てた、超ミニチュアの池
灰皿で仕立てた、超ミニチュアの池 この灰皿は、母方祖父の遺品で、私が形見分けで頂戴したものです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/24 14:30
黒水牛角で茄子のストラップを作る
黒水牛角で茄子のストラップを作る 素材入れの箱を引っ掻き回していたら、日本刀の鞘の装具を作るのに使った残りの、小さな黒水牛角の先端が出て来ました。 直径15mm、長さ25mmほどの小さな角片です。 このところ、あまり作るものも無く、手持ち無沙汰でしたので、根付かストラップにでもならないかと、茄子のデッサンを描いてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/08 12:51
自作の根付とストラップ
自作の根付とストラップ 主に釣り具に付けるために、今まで、いろいろな根付やストラップを作ってきました。 と言っても、本職の方が作るような精緻で、かつ、俳味や剽味のあるものは作れませんので、所謂、素材根付と言われる面白い素材をそのまま活かしたものや、形を彫っても、栗、瓢箪、茄子などシンプルな形のものが殆どです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/08 08:07
木の枝で作る、木製フック
木の枝で作る、木製フック 今週の月曜に奥武蔵に遊びに行った折、東吾野付近の国道299沿いに、木楽里という木工施設があるので寄ってみた。 友人の相模湖にある工房と同じ名前である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/07/29 21:27
廃物利用の角盆で書見台を作る
廃物利用の角盆で書見台を作る 三味線を楽しむ知り合いから譜面台を兼ねた書見台を作って欲しいと依頼されました。 昔、蕎麦屋の開店祝いに貰った角盆が不要なので、これを利用して格安で作って欲しいとの条件付きです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/07/28 11:20
竹で作る素朴な根付
竹で作る素朴な根付 先日に観に行った根付け展で、根付けの原型とも言える帯車も展示されていました。 帯車というのは、根付けの原点ともいうべきもので、単なる円形の環にすぎません。 根付けというものは、精緻な超絶技巧で彫られたものだけではないことが良く判りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/14 10:01
根付と提げ物展に行ってみました
根付と提げ物展に行ってみました 先週の水曜日(6/29)、カミさんとバ様と一緒に、押上はスカイツリーのすぐ近くにある「たばこと塩の博物館」で開催されていた、「根付と提げ物展」に行ってみました。  こんな立派なカタログが販売されていました。 僅か1,400円で総グラビア200ページの大冊。 展示品の紹介の他、根付の歴史や種類の分類など、かなり内容の濃いカタログです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/09 21:45
お正月バージョン金箔柄のペーパーナイフ
お正月バージョン金箔柄のペーパーナイフ 明けましておめでとうございます。 今年は、穏やかで暖かいお正月になりました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/02 12:32
鮎友竿で作った一輪挿し
鮎友竿で作った一輪挿し 鮎の和竿を頂いて、先日より竿筒とハゼ竿を作ってきました。 残った、一番太い手元竿。  これを加工して一輪挿しを作り、庭に咲いていたホトトギスを活けてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/10 22:06
イシモチの石で、ブレスレッドを作ってみた
イシモチの石で、ブレスレッドを作ってみた 釣ってきたイシモチの頭を兜割りにしますと、目の裏側の下に一対の石があります。 これは、イシモチ(標準和名=シログチ)の名の由来となっている大きな耳石(平衡石)です。 魚の成長に伴い、この耳石も年輪を作って成長します。 その主成分は、炭酸カルシウムをベースとした化合物と言われていますが、その色調から推察するに、海水に多く含まれる、珪素やナトリウムも含まれているような気もします。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/10 13:31
骨董の竹魚篭に紫陽花と菊を活けて見ました
骨董の竹魚篭に紫陽花と菊を活けて見ました 4/12 西荻骨董好き祭りで見つけた、レトロな竹魚篭については、 以下の記事にて紹介しています。 http://kazika-koubou.at.webry.info/201504/article_7.html ハゼ釣りに使いたいが、今にも切れそうな紐などを交換しないと危うい。 竹の網目も籐を巻いて縁を縢った部分が、何箇所も傷んでおり、 これも補修しないと実用強度が保てない状態です。 ま〜、追々これらの補修をすることにして、当面は花活けに使います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/10 13:02
イチイ材で小箱を作る
イチイ材で小箱を作る 釣り具の手入れ用小物を収納する箱を作りたくて、材料のイチイ材を購入したのは、3月19日でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/29 20:54
孟宗竹の靴べらと、靴べら立て
孟宗竹の靴べらと、靴べら立て 鰍工房ブログをご覧になった方から、竹製靴べらの製作依頼を頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/20 13:51
昆虫観察ハイクで拾った小枝で鑿置きを作る
昆虫観察ハイクで拾った小枝で鑿置きを作る GW前に高校時代からの友人であるタカシさんと、 北川林道に昆虫観察ハイキングに行きました。 この時のことは、以下の記事に掲載しております。 http://kazika-koubou.at.webry.info/201504/article_11.html ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/08 22:43
鹿角で靴べらを作ってみた
鹿角で靴べらを作ってみた この素材の鹿角は、非常に扁平で面白い形をしています。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/03 06:19
孟宗竹で作る長尺の靴べらと、樟材の靴べら立て
孟宗竹で作る長尺の靴べらと、樟材の靴べら立て 4月9日からポツポツと作ってきた長尺の靴べらが、やっと出来上がりました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/03 05:55
骨董市で見つけた鹿角の矢立?で、小さな刃物立てを作る
骨董市で見つけた鹿角の矢立?で、小さな刃物立てを作る 西荻骨董好き祭りの初日にゲットした、鹿角製の竹の造形物。 鹿角なので、中はがらんどうです。  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/16 08:29
銘木寄木の額を作る
銘木寄木の額を作る 寄木の額フレームは、これまでにも何作か手掛けています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/10 03:04
書見台・・・老眼の読書に
書見台・・・老眼の読書に その齢になってみないと、判らないことがあります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/30 00:56
タバコのストックケース
タバコのストックケース 私の父はショート・ホープを愛煙していましたが、晩年はラークを吸っていました。 その赤いパッケージを、残数が見えるプラスチック製の収納ケースに入れ、毎日1箱ずつ取り出していました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/03/28 07:36
食卓延長用のサイドテーブルを作る
食卓延長用のサイドテーブルを作る 鰍工房では、基本的に、こういった家具的な物は作りません。 単なる、私の日曜大工としてご覧ください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/09 19:26
蝦夷鹿の角で作った耳掻き
蝦夷鹿の角で作った耳掻き 蝦夷鹿角材の耳掻きは、なかなか人気があって、作ると直ぐに売れてしまいます。 しかし、作るのが大変なので、あまり数は作りません。 前回に作ったのが、2012年の11月でしたので、今回は2年と2ヶ月ぶりの製作です。 そして、今回は、漆塗りの竹製ケースも作りました。 ですが、製作数は僅か2本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/07 20:05
2015謹賀新年(胡桃の根付け12個完成)
2015謹賀新年(胡桃の根付け12個完成) 明けまして、おめでとうございます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/01/01 01:32
森のきのこ<胡桃透かし彫り根付けの製作(その2)>
森のきのこ<胡桃透かし彫り根付けの製作(その2)> 9月末の渓流釣り禁漁間際。 今年も例年どおり、最後のヤマメ釣りで、秩父の沢でクルミを拾い集めてきました。 これを、10月初めから、延々と毎日、透かし彫り作業を続けていました。 これは、以下の記事に掲載しています。 http://kazika-koubou.at.webry.info/201410/article_3.html 寒さに向かい、手首の腱鞘炎を発症させないよう、 1日最長で4時間以内と、作業時間を決めて行ないました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/30 07:12
孟宗竹で色紙掛けを作る
孟宗竹で色紙掛けを作る 色紙立ての注文を頂いていたお客様から、 「色紙の縦・横の両方に使えるもの」 というリクエストがあったのですが、溝を彫った柱に色紙を挟む方式では無理と感じました。 そのような折、先週末に銀座で会社のOB会があり、その帰りに有名文具店を覗いてみると、竹桟で上下に挟むだけの色紙掛けがありました。 これなら作るのも簡単だし、色紙を挟む溝を長めに彫っておけば、色紙の縦・横の両方に使えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/13 09:35
紫檀材の色紙立てを作る
紫檀材の色紙立てを作る 夏の頃から製作の打診を受けていた色紙立て。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/13 09:08
西荻手しごと市に向けた、卓置き看板を作ってみた
西荻手しごと市に向けた、卓置き看板を作ってみた 西荻手しごと市の会場は、女子大通り地蔵坂交差点近くにある木造2階建ての井荻會館。 完成したのは昭和7(1932)年といい、井荻村の村民会館のようなものだったようです。 このレトロな畳敷きの建屋で、出品者は座卓を並べたブースで品物を展示しています。 http://www.nishiogi-teshigoto.com/about.html ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/03 06:51
胡桃の透かし彫り製作の季節になりました
胡桃の透かし彫り製作の季節になりました 例年のように、9月の末から、10月の初めにかけて、芦ヶ久保や高麗川の巾着田界隈で、釣りの傍ら拾い集めた胡桃です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/10/15 14:20
西荻手しごと市のJAZZコンサート
西荻手しごと市のJAZZコンサート 毎月、第四日曜に開催される西荻手しごと市。 今月は、昨日の9/28に開かれました。 http://www.nishiogi-teshigoto.com/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/09/29 05:38
手漉き和紙貼りランプシェードを作る
手漉き和紙貼りランプシェードを作る エランズ・マーケットのカフェ・スペースがリニューアルされました。 庭も英国ガーデン風になりました。  次から次へと、いろんなことを考え出して実行するエランズ・ママのエネルギーには、 ただただ脱帽するばかりです。 以前のオンボロ小屋風のカフェスペースも高校のクラブ活動の部室のような懐かしい雰囲気があって好きだったのですが、綺麗になって嬉しいような、ちょっと残念なような・・・。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/07 09:09
今月(6月)の鰍工房出店予定
今月(6月)の鰍工房出店予定 6月の鰍工房の小品工芸品販売と包丁研ぎの出店予定は、以下のとおりです。 商品工藝品の展示販売のほか、修理や注文製作もお請けしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/03 13:11
枇杷材で作った野菜の根付け
枇杷材で作った野菜の根付け 雪折れ枇杷の枝端材5片を入手してから約1ヶ月。 普通なら、何の躊躇いもなく捨ててしまう材木片ですが・・・。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/07 21:14
枇杷材で根付けを作ってみた(その2:瓢箪)
枇杷材で根付けを作ってみた(その2:瓢箪) 先日、鯨の根付けを作った枇杷材。  その経緯はこちら http://kazika-koubou.at.webry.info/201403/article_2.html まだまだ沢山、枇杷材が残っています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/21 21:24
3月の刃物研ぎ予定
3月の刃物研ぎ予定 1月と2月は、さすがに寒さにメゲて、いずれの催事場にも刃物研ぎは出店しませんでした。 そして2ヶ月ぶりで、昨日(3/14)は、入谷ふれあい公設市場で刃物研ぎです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/15 06:11
枇杷材で根付けを作ってみた(その1:髭鯨)
枇杷材で根付けを作ってみた(その1:髭鯨) 先日の2回目の重たい大雪で、エランズパパの町内に庭木が折れた方が居られました。 ご高齢なゆえ、自分で処置が出来ないので、エランズパパに切り倒してくれるよう頼みにみえていました。 偶々、私もエランズカフェに遊びに来ていたので、パパが買ったばかりのチェーンソー片手に出掛けるのにお付き合いです。 ボッキリ折れてしまった枇杷の木を、根元から切り倒して欲しいとのこと。 片付けを手伝って、太めの枇杷材を何本か頂戴してきました。 家に戻ってから、切り残された枝を付け根から切り、綺麗な丸木にして保... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2014/03/08 21:25
缶入りロングピース
このところは連日、製作中の居合い刀の鞘の下地塗りをしています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/19 21:54
大型の根掘りを作る
根掘りとは山野草採集に使う細長く鋭利なシャベルです。  ”鋭利”というのは、山菜の地下茎や根を切断できるように、通常の園芸用シャベルよりは鋭利な刃が付いているからです。 私は筍を掘ったり、野蒜を採取したりするのが大好きで、イワナ釣りに行く際には、車のトランクに根掘りを入れるのを忘れません。 ただ、市販の根掘りはそれ程の長さがなく、また、強い力を加えると曲がってしまったりします。 充分な長さと強度のある、使い勝手のよい根掘りを探していたのですが、売っていません。 そこで思いついたのは、息... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 1

2014/02/16 18:36
黒水牛角板で栗型を作る(鞘製作−2)
製作依頼を受けている居合刀の鞘作りも徐々に下仕事が終わって佳境に入りつつあります。 栗型を作れば、小物の作成も終わりとなります。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/02/12 02:27
黒水牛板で日本刀の鯉口を作る(鞘製作−1)
新年早々、岩手県は盛岡の方から依頼があり、居合い刀の鞘を作ることになりました。 今年の注文制作の初仕事です。 鞘作りの仕事は、日本刀を長期間に亘りお預かりすることになりますので、今までは相対で顔を合わせ、互いの信頼関係を確認しないと引き受けなかったのですが、この度はメールだけでなく電話も掛けて来られて話をさせて頂き、この方なら大丈夫、との心証を得たのでお引き受けした次第です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/07 23:31
茶漉しの柄を作る
もう9年も前になりますが、2005年8月に家族で九州旅行に行った折、有田で求めた急須がとても気に入って使っていました。 しかし、磁器でなく陶器であったためか、はたまた破格のお買い得品であったためか、5〜6年ほど使用したら自然崩壊してしまいました。 焙じ茶が大好きな私にとっては、使いかってのよい急須は必需品なんですが、その後、気に入った急須に廻り会えずにいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/04 10:26
樫の木で拍子木を作ってみる
鰍工房主は、よほど暇人と思われているらしく、昨年春から地元の町会長を仰せつかっています。 いたって小さな町会につき、町会費と区からの補助金を併せても、年額歳入は私の1ヶ月分の小遣いほどしかありません。 金がないから何もできない。 つまり、何もやらずとも回覧さえ回していれば誰からも非難されません。 それが判っているから、仕事が忙しいにも拘わらず、お引き受けした次第です。 暮れに、所轄の警察署から、 「お宅の町会でも防犯防火の夜警巡回を行って欲しい。」 との打診を受けましたが、 「警察... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/24 23:43
エランズマーケットの石窯ピザ本格化
昨日と一昨日の土日、新年初回のエランズマーケットでした。 ランチメニューは、土曜がスパゲッティ、そして日曜がピザで、いずれも500円。 日曜は、開店前からエランズ・パパがピザ窯の火熾しです。 プレヒートに2時間近く掛かります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/01/20 12:51
自然木の一輪挿し3点の製作
毎月数ケ所の手仕事市に出品販売していますが、寡作であるため、毎月のように新作ばかりを並べるほどの品数がありません。 しかし、年も改まったので何点かの新作を準備したいけれど、まだクロモジの小匙しか出来ていませんでした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/15 22:01
2014年の手仕事始めはクロモジの小匙
つい数日前に作り納めをしたばかりだが、もう手仕事始めとは何とも忙しないことである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/02 20:33
平成25年の作り納め
最新作のお玉で、石狩鍋。 旨いね! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/28 18:12
エランズ・カフェで石釜ピザの販売開始
鰍工房が毎月出店させて頂いている、エランズ・マーケットを主催するエランズさんでは、中庭にピザ窯を作って1年余。 ピザ製作の修行期間も終わり、いよいよエランズ・カフェ(毎週、火・金・土の午後に営業)で本格的にピザ販売が開始されました。 前日までの予約販売だそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/11/29 12:04
クロモジ小匙で作った森の情景
猛暑再来ではありましたが、さすがに10月も半ばになると、秋の風情が漂ってきます。 家の近所の井草森公園では、台風余波の強風で落ちたマテバシイのドングリが小枝ごと沢山落ちていました。 昔、シマリスを飼っていた頃には、これを拾って食べさせたものでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/14 07:10
瑪瑙(メノウ)で茄子の根付けを作る
敗戦直後に生まれ、物資不足で玩具も満足に無かった団塊世代の幼少期。 私の楽しみは、いろんな図鑑を見ることでした。 昆虫図鑑、植物図鑑、魚貝図鑑、鉱物図鑑、・・・。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/19 13:56
寄木細工のペンダントとキーホルダは、今月の手仕事マーケットに出品
白樺湖からほど近い長門牧場では、例年、工芸品の出店が行なわれています。 そのなかに、端材で作ったペンダントが並んでいました。 このところ、注文制作品は熱心に作っているのですが、展示販売品には新作が乏しいので、私も作ってみようかなと思って、ちょこっと作ってみました。 ちょうど、額やペーパーナイフを作る為に、銘木を圧着して作った寄木の端材が残っています。 これを加工してみました。 まずは、チェーントップです。  これから秋を迎え、ザックリとしたセーターなんかに似合うんじゃないでしょうか。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/09/14 20:41
竹光用に木製の鍔を作ってみた
この処の猛暑で、朝夕の犬の散歩以外には、クーラーの効いた部屋から一歩も出ず、 高校野球をTV観戦するだけの毎日です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/15 00:58
寄木細工の額フレーム
6月22日に、ポスターサイズの額フレーム作製を依頼され、1ヶ月後に出来上がりました。 丁度、他の先約の製作依頼を請けていたものが、全て終わったタイミングだったので早かったです。 「この絵に似合う、寄木細工で、明るい感じに作って欲しい」 という依頼でしたが、如何なものでしょうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/23 08:08
7月 エランズマーケット 西荻手しごと市 鰍工房出店予定
今月の鰍工房の出店予定は、   7月27日(土) エランズ・マーケット   7月28日(日) 西荻手しごと市 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/23 06:08
栗材の大匙3本、やっと出来ました
今年の春先、3月から4月にかけて、3人の方から栗材の大匙の作成を依頼されておりました。 1本は汁物用のお玉、2本は煮物など用の大匙です。 大きな栗や栃などの素材を切らしているので、材料が手に入るまで催促なし、ということでお引き受けしていたのですが、やっと出来上がりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/21 23:12
何ともマニアックな仕様の白鞘と竹光を作る
日本刀の鞘作りは、カミさんが嫌がるし、製作途中の鞘と本身を合わせる作業で、美術刀だとスレやヒケ傷を生じたりして問題があるので、請け負わないことにしていました。 しかし、今回は熱心な方が同じ大学の卒業でもあり、危ない人間ではないことを証明するため、わざわざ遠方から奥様と小学生のお子様2人を引き連れて依頼に見えたので、こちらもムズムズと心が動いてお引き受けした次第。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 23

2013/07/08 00:21
バター色したバターナイフを作る
5月末に新木場の材木店まで材料の買出しに行きました。 製作依頼を受けた、刀の鞘と竹光を作る為の材料です。 そこで、竹光に付ける木製のハバキを作るために黄楊(ツゲ)の端材を物色していたら、 こんな形の端材がありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/06 21:45
犬のサークルを作る(その4、クロスケ・ハウス完成)
廃材利用のペットサークル作りも、格子を嵌めてほぼ完成しています。 いよいよ今日は最後の難関、扉の蝶番の取り付けです。 蝶番を埋めるミゾをノミで彫ります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/05/12 22:37
犬のサークルを作る(その3、格子桟の作成)
格子の棒を約9cm間隔に取り付けることにしました。 計算しますと、2cm幅で、長さ74cmの格子の縦棒が 開き扉に5本、他の固定部分に48本、合計で53本ほど必要になります。 買ってくると、一本300円としても、軽く1万円を越えてしまいます。 ネジや金具と同じで、一つひとつは安価でも数の力は莫迦になりません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/10 10:47
犬のサークルを作る(その2、フレームの組み立て) 
廃材から角材を切り出し、穴を埋めカンナを掛けて綺麗にし、やっと材料が出来ました。 いいかげんな図面を描いて ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/05/06 02:32
犬のサークルを作る(その1、材料作り)
クロスケの住居が、二階のリビングから一階の工房に移りました。 毛が舞うので、漆塗りの場所を別に考えないとなりません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/26 23:01
春の朝
きょうは、久々に何とも春らしい、よい一日でした。 母の没後の仕事も大方片付いたし、3月末で「まちづくり協議会」の仕事も終わり、諸々のストレスからすっかり解放される。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/04/12 21:21
エランズ・マーケット 4月のご案内
エランズ・カフェの出入り口が、重くて開けにくい開き戸だったのが、近所の家の解体で頂いてきたガラスが入った引き戸になり、すっかり内外装がリニューアルされ、ちょっとレトロな雰囲気に生まれ変わりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/04/08 09:54
和魂洋彩の簪(かんざし)
もちろん、「和魂洋彩」という言葉はありません。 「和魂洋才」のもじりで私の造語です。 和風モダンというのが流行っていますが、同様の感覚で、和の心に西洋の彩りの組み合わせという程の意味です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/02 20:42
木で、お玉を作る
栗材の大匙を見た知人から、味噌汁などを掬うお玉を木で作って欲しいと頼まれました。 軽い気持ちで引き受けたのですが、 柄とお玉の角度が大きいので、かなり大きな材を必要とし、削り出す量も多いので、 やってみると、なかなか大変な作業でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/03/11 10:33
竹の節浚いと、ワインボトルのカット
今日は何たる好天!  とはいっても、昨日まではこんな温暖な天気になるような予報はありませんでした。 週末近くに三寒四温の「四温」が始まる、そんな予報でした。 火曜はまだ週末じゃないよ(怒!)。 という訳で、用事もないのに釣りに行く予定にしていませんでした。 秩父の渓流釣り鑑札も手元にあるし、何で家でくすぶらにゃ〜いかんのだ! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/03/05 20:19
鹿児島展でイイもの買った
たしか、2月22日から3月5日までだったと思いますが、池袋の東武デパートで鹿児島物産展をやっています。 工房主は、こういう催しが大好きです。 早速2日目の2月23日に、カミさんと一緒に、黒豚ラーメンの昼飯を喰いに行ってきました。 薩摩鍛冶の刃物がお目当てだったのですが、刺身庖丁でなかなか良さげなものはありましたが、他には、どうしても欲しいというものは見当たらずです。 既に刺身庖丁は何本も持っていますし、ここで気に入った一本は2万3千円もして、買うのを躊躇してしまい無駄遣いは踏みとどまりま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/01 22:11
作品展のお知らせ
今年も、練馬区の石神井地区区民館での作品展が、3月1日(金)と2日(土)の両日に開催されます。 基本的にアマチュアの作品展で、書画、生け花、パッチワーク、七宝焼き、切り絵、押し花、写真など 多彩なジャンルの作品が展示されます。  私は、今回は木製の匙やお玉などをメインに展示しています。 釣竿は、タナゴ竿の新作2点を展示しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/27 09:21
栗材のシュガースプーン
此の所、比較的大型で漆塗りの木製匙ばかり作っているので、 その端材を利用して小さなスプーンをいくつか作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/02/14 19:33
煤竹製のペーパーナイフ
先月の西荻手仕事市で、主催者のナベさんが持っていた古民家から出た煤竹を、無理を言って譲って頂きました。 200年近くも囲炉裏の屋根裏で燻されていた煤竹、古色が出ています。 箱を作るのに、この煤竹で竹釘も作ってみましたが、堅く締まった材でなかなか宜しい。 で、ペーパーナイフにも良かろう、ということで作ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/07 21:34
西荻窪井荻会館の手仕事市に初出店しました
新しい年を期して、今年から骨董通りで有名な西荻窪の井荻会館で、 月1回開催される手仕事市に出店することにしました。 毎月第四日曜の開催で、本日が鰍工房の初出店です。 今回は約30の出店者さんがおられました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/27 19:00
鹿角で作る、お供の瓢箪
蝦夷鹿の角で作った耳掻きを、工藝作家仲間に見せましたら、 こういう物は同じ素材でお供のものを作って付けるのが定法、 そうした方がずっと価値が高くなりますよ、とのご意見を頂きました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/18 00:30
栗材で木匙の木地作り
昨年暮に行なった木匙用の木材の切り出しは、以下掲載記事のとおりですが、 http://kazika-koubou.at.webry.info/201212/article_5.html 年明けから、これを1本1本匙の形に削り出しています。 鋸で挽ける部分は、極力鋸で挽きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/01/12 22:52
木匙の原型切り出し
11月初めから、作業部屋を綺麗に片付けて、工房は半分閉鎖状態になっておりましたが、日にちの経つのは早いもので、いろいろな用事も済み、部屋も段々と工房らしさを取り戻してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/27 21:02
腕時計コレクションの飾りケース
だいぶ以前から、エランズマーケット常連のお客様から、 腕時計コレクションを吊り飾る、飾りケースを作るよう依頼されていました。  鰍工房主は、和風のものは得手なのですが、洋風のデザインは得意ではありません。 お客様にデザインの要望をお聞きしても、「お任せします」とのこと。 なかなかデザインのイメージが固まらず、困りました。 そこで、だいぶ以前になりますが、多種の銘木を組み合わせたデザインの額を作ったのが、結構好評だったのを思い出し、今回もあれでいこうと決めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/21 11:53
栗材で作る大匙、小匙
いろいろありまして、10月末に製作に着手し、やっと出来上がった大匙と小匙です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/12/10 22:04
11月と12月のエランズ・マーケット
11月のエランズ・マーケットは、24日(土)25日(日)の両日、珍しく好天に恵まれて開催されました。 ドッグ・カフェ的な雰囲気のあるエランズ・ハウスなのですが、 最近は大学自転車部OBのエラン・パパに加えて、エラン・ママまでが石垣島一周の アース・ライドに出場するなどで、自転車仲間の集まりも増えています。 石垣島でママと知り合った、所沢在住のK氏も、自慢のバンブー・バイクで所沢よりいらして頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/11/29 12:54
雑木で一輪挿しを作る
このところ、ちょっと家庭の事情があって、広い方の工房を片付けて、道具類や素材の山を狭い方の工房に押し込んでしまいました。 狭い方の工房はぎゅうぎゅう詰めの物置同然です。 年内一杯は、このような状況になりそうです。 従って、作業場所が無くなってしまいました。 それで、庭にビールのプラケースを利用した作業台を作り、好天の日には庭で作業をしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/11/07 19:24
10月のエランズマーケットは20日と21日です
10月のエランズマーケットは、今週末の20日と21日の土日に開催です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/10/18 07:15
鹿角の指環(続き)
1日にバカ犬に咬まれた傷は驚異的なスピードで治っています。 まだ身体が若いな! 昨日から、犬の散歩にも行けるまでに回復しました。 今朝は、インド鹿の角で作った指輪を嵌めて犬の散歩に行ったら、日本鹿の角を下さった方も来ていました。 指環を見せると、例の鹿角で作ってほしいとのこと。 で、散歩から戻り、朝食を食べてから昼食までの間にチョチョッと作ってみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/10/08 19:22
鹿角で指環を作ってみました
このところ、鹿角でいろいろ細工をし始めましたら、知人から指環は出来るかと尋ねられました。 そこで、どの位まで薄く削っても大丈夫なのか、試作してみました。 素材はインド鹿(インディアン・サンバー・スタグ)です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/10/06 15:22
愛犬思い出の鹿角でチェーントップを作る
最近、犬の散歩仲間から頂いた日本鹿の角があります。 切ってある部分は、加工用にご指定の箇所です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/10/02 19:39
今月のエランズマーケットに向けた新製品は、鹿角製の耳掻き
今月(平成24年9月)のエランズマーケットは、22(土)・23(日)です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/19 14:43
小物用壁掛けハンガー
以前から知人の書道家宅にあった、洗った筆の乾し提げ具が気になっていました。 電動糸鋸細工で作られていて、ちょっと大人向きの和風テイストとは異なると感じていたからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/07/16 10:54
光る泥団子のアトリエ・テラ訪問
昨年の4月末、アトリエ・テラを主宰する田村和也さんが、ひょっこり鰍工房にお寄りくださいました。 そのうちに、私もアトリエ・テラを訪問させて頂くことにしていましたが、近いのでいつでも伺えると思いつつ、1年以上が過ぎてしまっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/07/13 19:45
木工房「木楽里」を訪問する
木工房「木楽里」は、相模湖を見下ろす北側の丘陵地にあり、相模湖ICの少し上に位置しています。 百貨店で店長まで勤め上げたM氏が、定年後の楽しみに中古民家を改修して作った別荘工房です。 氏とは、偶々調布の深大寺で青空マーケットに出店されていたのが契機で知り合ったばかり。 私と同じ団塊世代で、先月にはエランズマーケットに来て頂いたりもしました。 この度はお招きを頂き、ずうずうしくも家内とともに訪問見学に伺わせて頂いた次第。 昨日(7/8)、9時25分に自宅を出発。 調布ICから中央高速で八... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/07/09 07:15
特注の写真額を製作する
藤田嗣治が1937年に描いた高さ3.65メートル、幅20.5メートルの大壁画、「秋田の行事」。   参照: http://yamagata-np.jp/news/201111/17/kj_2011111700535.php オカッパ頭がトレートマークで、永くパリに暮らしたレオナルド藤田が、秋田県でこのような和風の壁画を描いていたとは、浅学の私は知りませんでした。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/07/07 20:52
エランズマーッケトで紙漉き体験イベント
もう終わりましたが、6月のエランズマーケットは、16日〜17日の土日で開催されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/06/23 21:15
長尺物の靴べら完成
きょうは誘われて、久し振りに石神井公園のクチボソ釣りに。 石神井公園クチボソ釣りキングのDr.Nさん、早朝から釣っていて 私が到着した時には、既に60〜70尾を上げていました。 その後に合流した私は、4時間ほど付き合って、クチボソが7尾、ブルーギル1尾、ヨシノボリ1尾でした。 最終的に、Nさんは90尾、他も朝6時くらいから釣っていた仲間2人も60〜70尾ほど。 皆さん、すご腕です。 犬2匹の世話してから、ノコノコと10時過ぎに家を出てくるような私とは、力の入れ具合が違います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/04/01 22:10
エランズマーケットで刃物研ぎ始めました
昨日と今日の2日間、3月度のエランズマーケットが開催されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/25 19:35
長尺物の靴べらを作る
靴べらは、長尺短尺を含め、今までにも少なくとも20本以上は作ってきました。 素材は、主に各種竹材で、真竹、孟宗竹、黒竹、白竹などです。 今回は、太めの真竹で作成中で、作業工程的には塗装を残すのみ。 吊るし紐は、塗装が完了するまでの仮紐で、最終的には、もっと綺麗な紐に付け替えます。 1回目の弁柄朱漆下地塗り乾燥中の裏側。 全長80センチです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/21 21:19
欅材で塗り椀を作る(その2、漆塗り)
孫のお喰い初め用のお椀、やっと出来上がりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/13 00:52
お喰い初め用の匙も作る
お喰い初め用の椀は、器胎が出来上がり、塗りの段階に入って延々今日で7回目の塗りです。 塗っては2〜3日乾かして、また塗るの繰り返しです。 下地の生漆は、砥粉が入っているし、木地に浸透する分だけ乾燥が速いのですが、上塗りの木地呂漆や朱合漆は乾きが遅くなってきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/08 22:53
欅材の丸太から作ったものアラカルト
前夜から冷たい雨が激しく降って、解禁になった渓流釣りに行かれません。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/05 16:57
煎茶の茶匙を作る
最近、エランズ・マーケットで知り合った方から茶匙の作成を頼まれ、孫用のお椀を作る片手間に、3個ほど趣きを変えたものを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/05 00:01
展示会来場御礼
2日〜3日の両日、区民館で開催された「作品展」は、初日の2日は寒い雨天で人出も少なかったのですが、翌3日は桃の節句に相応しい暖かな好天に恵まれ、来場者もひっきりなしとなりました。 アマチュアカメラマンのS氏、お子様連れでお見えになったH氏、鰍工房ブログの案内を見てご来場頂き、ありがとうございました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/03 22:53
欅材で塗り椀を作る(その1、器胎を作る)
暮に生まれた初孫の「お喰い初め」を3月24日にすることになりました。 通販カタログを見ると、漆器の「お喰い初めセット」は、なかなか高価で2万円以上しています。 それで、ジっ様が手作りすることにしました。 2月17日に着手し、10日間かけて、やっと器胎が出来上がりました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/02/27 10:27
LPレコードのジャケット飾り額、取り敢えず出来ました
下地の上に弁柄を生漆で塗り込み、更に呂色(黒)漆を塗って研ぎ、一回目の上塗りを朱合い漆で行なった状態です。 木地が南洋桐なので、砥の粉を生漆で練った下地付けをしても、漆の吸い込みが激しいです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/14 14:16
LPレコードジャケット飾り額(2作目)
思えば、延々とこれに携わっています。 一体、いつ製作を頼まれたのかも定かには思い出せません。 一週間前から、やっと製作に着手し、ここまで出来てきました。 着手さえすれば、あとは早いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/09 21:00
木製の大匙を作る
工房の復活後、作成依頼を受けていたものの中で、まずは最も気になっていた額縁から作ろうと思っていたのですが、寸法などのスペックが定まらないので、仕様が決まるまでの間、別のものを作ることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/02/04 10:59
竹製の楊枝容れ
最近ショップに出品させて頂いているお陰で、いろいろと勉強させて頂いています。 非常に手を掛けて作っているものであっても、価格設定が高いと、 大半のお客様は、「ほ〜、素晴らしいですね〜」だけで終わってしまいます。 そこで、500円ワンコインで買える品物も適度におりまぜて出品するようにしつつあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/24 20:00
真竹製の唐辛子など粉物の蓋付き容器
1年も前から、やげん掘の唐辛子容れの量産タイプ試作を打診されていたのですが、なかなか数を揃えて同じデザインの品物を作れるような画一的な素材が手に入りません。  また、同じような製品形状を得られるデザインをイメージできませんでした。 それで、なかなか作業が進捗せず、手付かず状態でした。 一方で、或る個人のお客様からも、唐辛子や山椒粉、焼き塩などを容れる器を頼まれて半年経ちます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/21 22:28
今年の作り初めは小匙から
暮に出店したエランズマーケットは、胡桃透かし彫りをメインに出しましたが、脇役に出した小匙が好評でした。 胡桃透かし彫りと比べて製作時間が10分の1ほどなので、売価も10分の1ほどに設定したのもお求め易かったのかと思います。 そんな訳もあって、今月21日と22日に開かれる新年のマーケットに向けて、小匙を多く出品してみようと思い、今年の作り初めは小匙です。 焼き塩や、唐辛子、山椒粉などに使って頂くような和風の小匙です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/06 22:53
象牙の印材
釣竿の竿尻とか、ちょっとしたアクセサリー部品などに、東急ハンズにて過日購入した象牙材を使っています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/14 14:55
胡桃の透かし彫り根付け量産中
この1ヶ月かけて、胡桃の透かし彫り根付け量産中です。 11月のエランズ・マーケットに間に合わなかったので、12月17日(土)には、どうしても出品したいのです。 毎日々々、コリコリと胡桃を彫って削って彫りまくって、何とか10個を越える根付けが仕上がってきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/04 23:43
エランズ・マーケットに行ってみました
自転車で自宅から2駅のエランズ・ハウスで行なわれているエランズ・マーケットを見に行ってみました。 西武新宿線下井草駅から徒歩なら10分ほどの場所にあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/20 15:12
久し振りに透かし胡桃の根付けを作る(エランズ・マーケット)
中野区白鷺3−19−16にあるエランズ・ハウスに置かせて頂いて販売するために、暫く振りに胡桃の根付けを作り始めています。  エランズ・ハウスは、アイリッシュ・セッターのエラン君とその母犬のエミリーが看板犬の、犬好きが集まる雑貨ショップです。  ここの奥様は皮細工をされ、素敵なジュエリーや銀象嵌を施した犬の首輪もあります。 我が家のクロスケも、エランズ・ハウスのジュエリー・チョーカーをしています。   そう、実はクロスケはオス犬ではなく、おシャレな女の子なのでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/11 23:25
竹枠の額にアケビの写真を飾る
先日、益子で頂いたアケビがとても素晴らしかったので、すぐに竹笊に盛って写真に撮りました。 以前に作っていた、竹枠の写真額に入れて飾ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/15 08:27
和手拭い飾り額の製作
どこで見つけたのやら、カミさんと娘がつるんで銀座方面で食事して、絵柄の和手拭いを買ってきた。 「専用額も売っていたけど、9千円くらいしてたので買わなかったから作っておいて!」と仰る。  ヤマノカミの仰せであるから、これは作らなければなりません。 という訳で、和風の竹枠の額を作ってみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/09/08 17:15
杉古材の額フレーム
家内の母は、80歳を越えているが、矍鑠として油絵を楽しんでいる。 20cm×15cmほどの小品に合う額がないので、作って欲しいと頼まれました。 先日作った写真用額と同じくらいのサイズなので、折り良くスペアのガラス板が残っている。 フレームを何で作るか考えてみましたが、家内の実家が建て替えで取り壊しの折、玄関の下駄箱上の飾り天板に使われていた、素晴らしい杉の厚板を貰っていたのを思い出しました。 長さ一間(180cm)、幅1尺5寸、厚さ1寸3分の柾目の素晴らしい材で、20年前に貰っておいたも... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/15 22:25
孟宗の割り竹フレームの写真額を作る
一昨年の秋、石神井公園で撮った紅葉樹の写真。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/07/31 23:47
真竹の花器小品
唐辛子容れ製作の約束もあり、素材となる竹を物色中、娘から和風の花器を頼まれているのを思い出しました。 外観では唐辛子容れに良さそうな竹でしたが、根方近くで身肉が厚く、唐辛子容れには内容量が不足。 しかし、自然の染みが作る景色がなかなか良い竹です。 そこで、花器の小品を作ることにしました。 製作中のタナゴ竿も、最終工程に入り漆塗装の段階なので丁度よい。 釣竿と一緒に漆室に入れて乾燥させました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/07/21 08:55
柿渋と胡桃渋で紐を染めてみました
釣竿の袋の紐に薄手で平織りの良いものがないか、と近所の手芸品店を覗いてみたが、リボンのような物しかなく、意に沿うものはありませんでした。 仕方ないので、白の綿テープを購入。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/06/03 21:36
七味唐辛子容れ
昨年の11月頃に、知人から浅草の老舗七味唐辛子店に店舗ディスプレィ用の七味唐辛子容れの蓋物を作ってみないか、とのお話を頂いていたのですが、なかなかイメージが湧かずに春が来てしまっていました。 3月末頃に、素材ストック物置の中を探していましたら、これはと思える竹材が出てきました。 少なくとも3年は乾燥させてあったし、太さ、色合い、節間の長さ、丁度手頃な大きさです。  しかも、大変な肉厚の材で、これなら蓋物に加工できると思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/05/05 21:43
竹で遊ぶ(簡単に花器を作る)
5月1日に知人に誘われて、武蔵五日市から程近い日の出山にある「みんなの森」という処に行ってきました。 これは、杉の植林地を買い取って、広葉樹に植え替える活動を行なっているNPOから発展した財団法人が主催した一般参加の集まりでした。 お目当てのひとつ、山にはびこっている孟宗竹の整理を兼ねたタケノコ掘りと、タケノコ料理メインの昼食は、この春の寡雨が原因との話ですが、タケノコの不作(もしくは出遅れ)で、タケノコ掘りは出来ず、僅かにスタッフが前日までに掘り集めたタケノコ料理も、我が家のタケノコ料理に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/05/03 21:19
イワナの皮で栞を作ってみました
昨夏の北海道の釣果を燻製にして、高校同窓の気の合った小さな集まりで供したら大好評でした。 呑み助連中は、残った頭や骨まで骨酒にするとか言ってポリ袋に入れて持ち帰るなか、慶応大学の教授をしているOちゃん、やっぱりロマンチストですね〜、燻製になってもパーマークが鮮やかに残った尺ヤマメの皮を、栞にするとかで大切そうに持ち帰っておりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/04/22 15:57
鰍工房工作塾、倶楽部員募集のお知らせ
この4月から工作倶楽部を開く予定であったのですが、原発事故や地震などで気持ちが出遅れていた処、押し掛け塾生の飛び入りもあり、肩を叩かれた形で、以下の要領で工作倶楽部を始めることと致しました。 当初のプランより、大幅に料金などを低く設定し、半ばボランティア的な地域貢献の仕事と致しました。 既に、成り行きで男女両名の塾生がおりますので、その作品をご紹介いたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/04/18 16:35
木彫りの岩魚の根付け
ユスラウメ材で、岩魚を彫って根付けを作りました。 ユスラウメは潅木で、なかなか太いものは在りません。  この材は、永らく我が家の庭に生えていたものが枯れかけた時に伐ったものです。 適度な固さで、逆目などのクセがなく、彫り易い良材ですが、だいぶ在庫も減りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/30 22:30
マッコウ鯨の歯で作った落款印と一輪挿し
展示会出展のご縁で、父上が大洋漁業の捕鯨母船「日新丸」の船長だった方から、マッコウ鯨の歯を数本頂きました。 この方も書道で出展されていて、大きな落款が無いので、ケシゴムで作った落款を作品に押しておられました。 そこで、鯨の歯を頂いた御礼も兼ね、適した形の歯を1本お預かりして落款を彫って差し上げることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/30 22:00
竹製のペーパーナイフ
先週の区民館での作品展で、展示した10数点のペーパーナイフの中で、最もシンプルな竹製のものが、意外なことに一番人気でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/03/09 22:26
区民館の作品展ご来場御礼
先週末の下石神井区民館での作品展は、想像以上の盛況で、初日の昼過ぎまでに140人の来場者という途中経過しか聞いていませんが、おそらくは両日で、延べ400人以上の来場者があったのかと思われます。 また、私のブログを見て来たという方も確認できただけで5人いらっしゃいました。 うち1名は、なんと群馬県の前橋市からお見えになったとのことで、こちらも感激して、タナゴ竿を継いで調子を見て頂きました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/09 17:25
作品出展と実演のお知らせ(練馬区下石神井地区 区民館主催)
非常にマイナーでローカルな話で恐縮ですが、 以下のとおり地元の区民館主催の作品展に、鰍工房も展示と実演を行います。 急なご案内ですが、お近くの方は、気が向いたら覗きに来て頂ければ幸いです。 日時 : 3月4日(金) 10:00〜19:00      3月5日(土) 10:00〜15:00 会場 : 下石神井地区 区民館 2F 所在地  :  練馬区下石神井6−8−15  問い合わせ先(区民館事務所): TEL 03-3904-5061  地図 : こちらを、ご参照ください ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/03/02 22:53
シーリング蛍光灯のシェードを竹で作る
年末に、天井の蛍光灯のプラスチック製の丸いシェードを外して大掃除していたら、パチンッと割れてしまいました。 12年ほど使った物なので、紫外線でプラスチックが劣化したのかも知れませんが、大した力を加えた訳でもないのに弱いです。 でも、私が勤務していた電機メーカーの製品を社内販売で買ったものなので、あまり文句も言えませんね。 こんな形の蛍光灯でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/01/08 13:26
お正月の門松を作ってみました
11月末から、ずっと風邪が治らなかったのですが、正月を前にしてやっと治ってきました。 そこで、庭の孟宗竹を1本切って、門松を作ってみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/31 21:29
胡桃のブレスレッドとチョーカー
高校のクラス会に来ていた友人の奥さんから、透かし胡桃のブレスレッドとチョーカーの製作を依頼されました。 依頼されたデザインは、胡桃の中心線に沿って紐を通すというもので、こういったイメージは、私には全くありませんでした。 いろいろな人の創造力やアイデアを聞いてみるものですね。 で、早速にオカダヤとかユザワヤとかに行って、皮紐や留め具などを仕込んでくれば、あとは連結するだけで簡単です。 トップの胡桃を透かし彫りにするのが一番大変です。 チョーカー ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/09/29 08:30
鰍工房の扁額が完成!
2009年初に公園の伐採木払い下げでミズキ材の丸太を入手してから、1年半余。 今年7月のブログ記事で、扁額作成の途中状況を掲載しています。 http://kazika-koubou.at.webry.info/201007/article_4.html その後、ボチボチと作業を進め、やっと昨日に完成に漕ぎ付けました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/22 04:59
鰍工房の扁額の作成
6月末に開催しました第一回展示会も盛況裏に行なうことが出来ました。 私の物置部屋のような工房では、大きな素材の加工は大変なので、展示会を行なった部屋を片付け、ミズキの半割り丸太を持ち込んで、鰍工房の看板となる扁額の作成に本格的に着手しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/07/31 16:49
展示会ご来場の御礼
6月26日と27日の土日の両日、ささやかに鰍工房作品の第一回展示会を催させて頂き、友人縁者込みですが、53人の方のご来場を賜りました。 また、ブログをご覧になったとのことで、初対面の方も近隣のみならず、群馬、埼玉、千葉、横浜方面からも5人の方にお越し頂きました。 暑いなか、本当にありがとうございました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/06/29 19:59
光雲堂主人
5月中旬の土曜日、運動不足解消を兼ねて石神井にある自宅からサイクリングで新座市の黒目川沿いに遊歩道を遡り、少し先の支流である落合川の方に分かれて、その源流である東久留米市の落合川湧水群まで行ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/23 07:08
鰍工房作品展の会場変更のお知らせ
日時:変更ありません。 6月26日(土)、27日(日)の両日 10:00〜19:00    :追加 6月25日(金)、 午後から内覧会をします。 土日が都合の悪い方はどうぞ。 場所:変更になりました。 鰍工房(松浦自宅)で開催します。  練馬区下石神井4−22−6    昭和通り商店街振興事務所の100m先左側(和菓子の青柳の向かい、センブンハイムを入って通り抜ける)。   ※もう一本西側の道路、石神井南幼稚園の向かい側からも入れます。 アクセス:    西武新宿線 上井草駅下車、北... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/06 21:33
第一回、鰍工房作品展開催のご案内
先日テレビで、『還暦過ぎてからの夢が、男の本当の夢』というようなことを申しておりました。 実に、いいことを言いますな〜。  昨年に定年退職し、その後1年間は取引先であった企業に勤務しておりましたが、そんな訳で、この5月末を以ってネクタイでの出勤は終わりとし、背広を脱ぎ捨てることと致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/06/01 23:22
胡桃透かし彫り根付けに、タグを作ってみた
頼まれたのか、押し付けたのか、とにかくも3組の胡桃透かし彫り根付けを作ることになりました。 2組までは完成し、既に進呈。 3組目も、この連休2日目で完成しました。 久し振りに作ると、段々に調子が出てくる。 また、ちょっと工夫を加えたくなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/03/21 21:07
胡桃の透かし彫り根付けの詳しい作り方
神田の勤務先近くに、クリスティという感じの良い喫茶店があって、時々昼にドライカレーを食べにいくのですが、愛想の良いウェイトレスが3人働いています。 そのお嬢さん達が、胡桃の根付けに興味を持ってくれたので、久し振りに作ってみました。 窪みを作った丸太台をドリルスタンドにセットし、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/03/10 00:08
タバコ値上げ対策で煙管を作る
写真上段の煙管は、調べてみたら、2年前になる2008年の正月に作っていたものです。 その記事は、以下のブログを参照ください。 http://kazika-koubou.at.webry.info/200801/article_4.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/01/13 23:31
自作の竹製花器に正月の花を生ける
暮れも押し迫った12月下旬に、同居の老母が脳内出血で緊急入院した為、今年の正月は在って無きが如きものでしたが、老母もまだ入院中ではあるものの一命は取りとめて快方に向かう兆しが出たので、遅まきながら家内が正月の花を生けてくれました。 ささやかですが、我が家もお正月の感じになりました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/01/10 09:49
孟宗竹製のトレイ
直径15センチもある巨大な孟宗竹です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2009/11/08 09:48
ユスラウメ材の小匙
時々、思い出したように木や竹を削って、小匙を作っています。 今までに何本作ったか判りません。 結構、人気があり出来の良いものは殆ど貰われていって手元に残っていません。 左から2本は今回作った、ユスラウメ材製、真竹製。 一番右は以前に作ってメダカの餌やり用に使っているクロモジ材製のもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/28 23:45
手斧(チョウナ)で、扁額素材の下拵え
今年の2月1日に、田無市の公園で頂戴したミズキの材も半年寝かせ、重さを量ってみると13Kgでした。 多少、水分が抜けて軽くなってきたようです。  幅27cm、長さ92cmとかなり大きい。 玄関に入れて、ゆっくりと乾燥させてきたので、半年経ちましたが、ヒビひとつ入っていません。 材の入手経緯については、2009/02/01付け記事『公園の伐採木無料ゲット!』を参照ください。 http://kazika-koubou.at.webry.info/200902/article_1.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2009/08/05 22:49
山野刀の2本目と鞘も完成
椿象庵氏に進呈する2本目と、夫々の鞘も完成しました。 鞘に収納した状態。 柄紐も付き、椿象庵氏への進呈用は鞘の下げ緒も、蔓で巻いて取り付けています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/01 22:36
古鋏から作った山野刀
そろそろ渓流釣り解禁の季節ですね!! そして山菜の季節も近いです。 そこで、こんな山菜採り小刀(”野良山野刀”と命名)を作ってみました。 マタギの使う山刀ほどの重々しさはなく、里山や川辺などで遊ぶ小刀ほどの意味です。   ヤマウドの根本をズバッと切るのに良さそうでしょう?! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/27 23:05
鰍工房オリジナル・カレンダー
旅でのスナップ写真などを取り入れて、鰍工房オリジナルカレンダーを作ってみました。 編集は、パソコンでExcelを使っています。 表紙は湯布院の寺院で見つけた羅漢様です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/01/03 21:21
温度計の置き台
タナゴを飼っている水槽の中には水温計、その上には気温を測るデジタル寒暖計を置いていました。 その寒暖計が壊れたので、代わりの良いものがないか探していたのですが、気に入ったものが見つかりませんでした。 先日、釣具店に行ったとき水温計でちょっと良さそうなものがあり、水に浸けなければ当然ですが気温も測れるので、買ってみました。 水温計として売られているものなので、室内に掛けたり、置いたりする構造になっていないので、置き台を作ってみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/10/23 22:49
正月には早いですが(手製の独楽)
去年も、同じようなタイトルで、羽根突きの羽根をムクロジの実と公園で拾った鴨の羽で作って掲載したのを思い出しました。 今年は独楽です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/10/08 22:26
なぜ、透かし胡桃にするの?
「かずどん」さんから、「何故穴を開けるのですか,自然のままでは駄目ですか。」とのコメントを頂戴しております。 いや〜、鋭いご指摘を頂戴いたしました。 自然のままが、一番素朴で美しいです。 自然の造形の美に手を加えるのは、人間の傲慢であり僭越な行為であります。 根付けとしての強度も、穴を開けてしまうよりも自然のままが遥かに丈夫です。 しかしながら、手を加えないと「工房」になりません。 また、自然のままとは違った趣も出すことが出来ます。 自然のままの面影を残しながら・・・というところでしょうか。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/08 22:02
書見台
この4月から、退職後の趣味と実益を狙って校正士の認定通信教育を受講し始めました。 歳をとると夜は目が疲れて、細かいテキストや辞書は読めないものですから、毎日、朝5時頃には起きて出社前の一時を勉強時間に充てる努力の甲斐あってか、6ヶ月コースの半分までを何とか折り返しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/18 22:53
隣家の竹(ペーパーナイフと靴べら)
昨年、隣家の竹の根が、とうとう我が家との境界の万年塀の下をくぐって筍を生やし竹に育ってしまいました。 今年は、2本。 1本は筍のうちに気が付いて美味しく頂きましたが、もう1本は、1週間ほど旅行で留守にしたため、気が付いた時には既に5メートル位に育っていました。 現在は、10メートルほどに育っています。 孟宗の大木ですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/18 22:14
木刀掛け(釣竿掛けでもOK)
時代劇映画を見ていると、宮本武蔵が舟の櫂を削って木刀を作ったり、あるいは、別の映画では道中の木陰で小柄でちょっとした木の棒を削ったりするシーンがあって、木を削るのが大好きな鰍工房主の気持ちをそそるものがあります。 鰍工房主は木刀が大好きです。 泥棒退治用の木刀を何本も削りました。 室内では小太刀でないとダメですから短いものです。 木の種類は様々ですが樫が2本で、ユスラウメが1本、名前の判らない木が2本あります。 これらを掛ける刀掛けが欲しくなりました。 見飽きたら、タナゴ竿掛けにもなります。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/08 01:19
百人一首もじりの百作名刺
 鰍工房の看板犬ブラッキーを失ってから早や十日。 結構早いペースで、工房主は立ち直ってきました。 ペットショップのサイトを検索すると、かなり数は少ないけれどE-コッカの全体真っ黒で胸だけちょっと白いブラッキージュニアがいます。 1年後には、毎日が日曜日になるので、1歳の成犬になってから飼ったブラッキーの代わりに、今度はジュニアを子犬から育ててみようか・・・とか、気持ちも切り替わってきました。  そこで、気分転換に以前に作ってあった百作名刺(実際には81枚)が切れたので、また印刷してみました。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/01 01:02
携帯椅子の肘掛用灰皿受け
自宅通勤だった息子がやっと転勤して家を出て、息子の部屋が空いた。  これにより私は書斎を得、ブラッキーは机の下を犬小屋に占拠しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/02 22:57
クラッシック譜面台風CD立て(トコブシでインレイ、塗装、完成)
やっと9割方、出来上がりました。 塗装は、最初は薄いウルシを木材に浸透させるように1日置きに数回塗り、下地を作ります。 この下地作りをすることで、木材の木目が明瞭に美しく出てきますし、上塗りがポロリと剥げるようなことが防止されます。  下地が固まったら、その後は、通常の濃さで塗っては4〜5日乾燥させ、塗装面を研いでからまた塗る、という作業を繰り返すので日数が掛かります。 現在、下地を含め8回塗った段階ですが、あと3〜4回やれば、一応満足のいく仕上がりになろうかと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/12 17:28
クラッシック譜面台風CD立て(PROXXONミニウッドトレースによる脚作製)
浮木の加工や塗装用にと思い、木工用のミニ旋盤である、PROXXON社製ミニウッドレースを正月に衝動買いしていたのですが、なかなか使う機会がありませんでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/30 09:42
クラッシック譜面台風のCD置き(作製工程前半)
娘が、ピアノをやっていて、「さやかの音楽日記」なるブログも作っています。 http://saya-piano.at.webry.info/  その娘に今年の正月頃から、クラッシック譜面台風のCD置きを作って欲しいと頼まれていたのですが、優先作業であった竹の整理と火入れも一段落したので、ポチポチと作成に取り掛かっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/28 00:06
和風モダン?(古竹風一輪挿しに色を着けてみました)
1/14に掲載した、布袋竹製の古竹風一輪挿しに着色してみました。 ウチのカミさんが、「あなたの作るものは渋過ぎる、今時、流行りませんよ!和風って言ったってモダンでなくちゃ〜」と曰うので、漆で彩色してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/16 00:37
布袋竹玉虫飾り杖
この正月に里山で伐り出してきた竹は、数年寝かせて枯らし切らないと、竹筒のような精度を要する加工には狂いが出るので使えません。 それで、古いストックを使い果たした此の所は、花器とか煙管など狂いが出ても問題のないものを作っています。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/06 23:05
古竹風一輪挿し
布袋竹の根方で作った一輪挿しです。 古竹”風”と謳っているのは、素材の竹は、この1月4日に伐り出したばかりの材で、伐ってからまだ10日しか経っていない青竹だったからです。 この材は、根元から20センチ程上で刈られていた2年子か3年子の切り株竹で、ほぼこの部分のみが青く生え残っていました。 少し根本を掘り下げてから携帯用の折り畳み鋸で伐ったのですが、足場も悪い上に材も堅く、八方に張り出した強靭な根をニッパーで切り外しながらの作業で、30分ほどかけて寒中でありながら大汗をかいて伐り取ったものです。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/14 14:03
布袋竹製の南蛮煙管
伐りだして来た竹材を、保存の為に毎日炙って火入れするのですが、じっと色の移り変わりを眺めながら、火入れしていると、空を行く雲を眺めていると象の姿になったり色々な姿がイメージされるように、竹材ごとに、何らかの形がイメージされて来ます。 この布袋竹の根本材も眺めているうちに、石川五右衛門や地雷也などの盗賊が銜えていたような南蛮煙管の形に見えてきました。 ここまで、強く火入れすると、ほんの1週間前には緑色であったとは思えません。 作ったばかりとは思えない、古色を感じる色に仕上がりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/11 00:06
変形双子胡桃の透彫り根付
明けましておめでとうございます。 新年の初製作は、やはり鰍工房オリジナル透かし胡桃です。 お正月なので、普通に作っても面白くありません。 昨年、数百個拾い集めた沢胡桃の中で4個(2組)だけ双子胡桃がありました。 通常、果皮の中には1個だけ堅果が入っているのですが、2個入っているので、左右対称ではない変形の胡桃です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/06 09:10
寄木の額縁
この額縁は、最近の作ではなく、かなり以前の作なのですが、多様な色の材を貼り合わせて圧着し、色彩の変化を付けてみました。 板は主に南洋材で、黒はリオグランデ、朱はパドック、他にカリン、チーク、ブナの各材を使っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/22 22:46
落ち葉のペンダント
花の色は、移りにけりな徒に・・・と、いにしえより儚んだことですが、今を留めず、移ろい行くからこそ美しいのだと思います。 それを留めようというのは、野暮なことではあるのですが、これまた古来より絵に留め、彫刻に留め、写真に留め、『乙女の姿、暫し留めん』という儚い努力を人類はしてきました。 自然のものは、潔いですね。  半蔵門にある勤務先近くで、ハナミズキの街路樹から落ちた紅葉を拾ってきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/18 22:49
流木樹皮のトレイと晩秋のオブジェ
あちこち、釣りや散歩の折に拾ってきたものを、樹皮のトレイに並べてみました。 天然の造形は、秋のオブジェですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 12:23
紅梅材の茶托
やっと涼しくなり、渓流釣りも禁漁になって落ち着いて工作が出来る季節となりました。 18年前に父が75歳で他界したのを、後を追うようにして庭の紅梅の老木が枯れたのですが、その材を伐って、ポチポチといろんな物を作っています。 紅梅、白梅というのは、花の色ではなく、材の色で区別するというのをご存知ですか? 紅梅は材に赤い色素を含みますが白梅には赤の色素がありません。 材に赤い色素が含まれていれば、花にまで赤い色素が及ばずに白い花であっても、紅梅です。 材に色素の含有量が少ないとか、まばらであったりする... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 11:43
本物の羽根突き羽根(お正月には、気が早いですが) 
先週末の土日は、近所の公園を自転車で走り巡り、いろいろと工作の材料や、釣り餌となる虫が入った木の実を拾い集めてきました。 近所と言っても、私のセミ・ロードレーサーで、40km位は走りました。 メインのレポートは別項にてご紹介させて頂くつもりですが、余興でこんなものを作ってみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/16 20:06
不器用者の為の鉛筆削り器
本来、鉛筆は子供が初めて小刀を使って、モノを削ることを覚えるものであった。 昨今は、シャープペンシルやボールペン全盛で、そもそも鉛筆が使われず、かつて一世を風靡した電動鉛筆削りなる、これは不器用者のための道具ではなく横着モノのための機械も最近は見かけなくなりました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/09/22 22:49
竹製の長尺もの靴べら
お世話になった知人に所望されて、長尺の靴べらをまた1本作りました。 熟年世代には、長い靴べらが人気があります。 もう、7〜8本は、いろんな方に差し上げました。 今回は、概ね出来ていた半完成ストックから選んで、柄の加工などをして完成させたものです。 素材は真竹で全長78センチです。 孟宗竹で作ったものに比べて、撓り強度は弱く杖の代用にはなりませんが、繊細な感じに仕上がりますし、表皮の艶が綺麗です。 吊り紐の留め具は、小さいながら象牙で作りました。 鰍工房の焼印は、加熱が足りず、薄いキツネ色になっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/10 21:45
工房の地震対策
新潟県の方には、度重なる地震災害にお見舞いを申し上げます。 テレビで地震の揺れでロッカーの引き出しが出たり閉まったりしているのが放映されておりました。 私の工房には、雑多なものが大量に仕舞い込まれておりますので、用具戸棚の開き戸が心配なので、かなり以前から写真のような仕掛けを作っております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/19 00:38
蓋付き煤古竹風トレイと胡桃透かし彫り
海の日の3連休は、台風に降り込められたお陰で、いろいろと懸案だった作業が出来ました。以前から然る麗人から鰍工房の焼印が入った竹の小皿が欲しいと頼まれており、また、胡桃の透かし彫りも携帯電話の飾りに付けて頂けそうだったので、一挙に作りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/19 00:23
コルク鉄砲(黒竹製)
雨台風の来襲により、海の日を控えた3連休の初日から、鰍工房主は釣りにも行けずに燻ぶっております。 そんな訳で、リクエストのあったコルク鉄砲の2作目を昨夜より半徹夜で作り上げました。 竹質の柔らかい黒竹なので、音がボスッとか悪いのではないかと危惧しましたが、意外に良い音を出してくれました。 10年以上も前に伐って、枯らしておいた素材だからかも知れません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/14 15:48
コルク鉄砲
ポンッと、乾燥した軽快な音のする、コルク鉄砲の作成依頼がありました。 依頼主はウチの娘で、軽い雰囲気のコンサートで効果音に使うとのことで、音に注文があるので、ただ作るだけではなく、娘のイメージする音が出なくてはならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/08 12:16
簡単に竹で作れる、身の回りの小物
このところ、マニアックなタナゴ釣り用品ばかりご覧になって頂いたので、今回は、誰でも簡単に短時間で作成可能な竹製の小物を紹介します。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/06/29 21:56
工房生の作品(花器)と剣山
我が鰍工房の現時点では唯一の生徒さん(実は友人)の作品で竹の花器です。 時間が無いというので、2時間足らずで即席に作ったものですが、素材の味が出ていますね。 というか、素材そのまんまと言われても仕方ないですが・・・。  しかし、一応内部も防水塗装を施し、底面もころがり防止の平面を作ってあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/06 22:58
ピアノ楽譜文鎮
我が家では、家内と娘がピアノを弾きます。 ふたりとも音大を出ているので、一応セミプロです。 新しい楽譜は、開き癖がついていないので、譜面台に置いたときに綺麗に開きません。 何とかならないの? と言うので作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/01 06:46
携帯灰皿とパイプ
以前にも2月4日の「木製の灰皿」で、3点ほど紹介しましたが、今回のものは、蓋と内部は金属製です。 近所の床屋さんが、理髪椅子の買い替えの時に、古い椅子の腕に嵌まっていた床屋用の灰皿をくれたので、椅子の腕ごと貰うわけにもいかず、外枠を欅の刳り抜きで作りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/28 21:33
都幾川杉のツーウェイ飾り台
4月9日に「春全開」のタイトルで紹介した、都幾川村(実は、都幾川村と玉川村が、平成18年2月に合併していて現在は『ときがわ町』となっており、由緒ある村の名が、変なひらがな町名になってしまい、誠に残念!)の建具会館で購入した杉の端材で作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/28 00:55
虫籠(季節はずれですが)
本来は、秋に鳴く虫の季節に掲載しようと思っていたのですが、釣りシーズンで新作が乏しくなってすいません。 もう10年以上も前ですが、知り合いの方から鈴虫を頂きました。 無粋なプラケースに入っていたので、「これはイカン」と思って急遽作成したものです。 作ってみて気が付いたことは、途方もない数の竹籤(タケヒゴ)が必要ということです。 竹の枠材にドリルで穴を穿入して竹ヒゴを通していくのですが、なかなか大変な作業でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/04/10 21:18
4月だ! 野遊び小道具のシーズンインです
先週末は、埼玉の奥武蔵方面に山里の春を味わいにドライブしました。 都幾川の川原でトランクから手製のパチンコを取り出し、目いっぱい遠くに小石を飛ばしてみました。 気持ちのいいものですね。 川原に空き缶を並べての標的遊びも童心に帰って夢中になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/04 20:47
アワビのリバーシブル・ペンダント
きょうは、本当は釣りに行きたかったのだが、先週に寒タナゴ釣り(冷え込みで釣れなかった)に行って風邪を引き、20日〜21日と寝て暮らした手前、自粛して燻ぶっていたら、娘が流行りとかで貝のペンダントを作ってくれと言うので、いい暇つぶしと思って作ってみました。 3時間ほどで完成しました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/25 22:16
瓢箪を作る
凝り性で一時は一生懸命やるのですが、厭き易いので、一通りやるとやらなくなってしまいます。 瓢箪もそんなもののひとつです。 最初は、成った瓢箪を人から貰って、武者小路実篤の「清兵衛と瓢箪」を読んで作り方を研究し、農産物直売所で瓢箪を見かける度に、買っては中身を出して作っていました。 更には、自宅の1階ベランダに畳2枚ほどの棚を作り、大瓢箪の種を蒔いて成らせて育て、作ったのが大きい方のものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/04 01:01
竹の花器
近所の農家の竹薮から竹を伐らせて頂き、1年枯らして作りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/02 22:50
篆刻・・・娘に頼まれた遊び印(その2、象牙椰子材)
先のツツジ材の印は娘がデザインしたのですが、こちらは、多少は私のアイデアも入っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/25 22:41
篆刻・・・娘に頼まれた遊び印(その1、ツツジ材)
ピアノをやっている娘が、仲良くさせて頂いている、エッセイストの三宮麻由子さんが、かわいい印を作っているのを見て、とても羨ましがっていたので、娘が下書きしたデザインを彫ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/24 20:59
根付け・・・抹香鯨、 ナマズ
マッコウクジラのつもり。 ターボライターに着けて、釣りに使っているので傷んできていますが、「ナレ」も滲み出つつあります。 材はユスラウメです。 ユスラウメの材は大好きです。 材は緻密で堅いのですが、逆目がなく、刃物がどの向きにでも、羊羹でも切るような感じで喰い込んでくれます。 油脂成分を多く含んでいるような感じで、ヒビ割れも出ません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/22 01:02
根付け・・・沖縄のマンタ(鬼イトマキエイ)
沖縄の海に泳ぐマンタをイメージしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/19 23:53
根付け・・・紫檀の小茄子、名前も知らない貝
根付け3種。 紅梅材の小品載せ。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/19 23:30
根付け・・・石の素材のもの
瑪瑙を加工して作った瓢箪根付けです。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/17 21:25
小匙・スプーン・・・その(2)
茶杓は、クロモジの材で、筒は黒竹。  透かし胡桃の根付けを付けたので、茶杓入れではなくて、煙管入れのようになってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/17 21:03
小匙、スプーン・・・その(1)
貧乏症だし、何らかの縁があって手に入った材料なので、端材でも捨てるに忍びない。 そんな時にチョコチョコっと作っています。 タナゴやシマドジョウを飼っている水槽の餌やり用の小匙は、ドジョウの形に作って遊んでみました。 材は、庭のユスラウメです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/15 21:38
ペーパーナイフ・・・その(4)雑仕事
余った素材で、その時々に気の向くままに実用本位で作ったもの。 惜しげなく、ボンドを引き延ばしたり、ホッチキスの針を起こして外すのに使ったり、サンドペーパーを切ったりに使っています。 大半は、差し上げてしまったので手元には残っていません。 写真も残していないものが沢山あります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/12 10:42
ペーパーナイフ・・・その(3)
椿の材です。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/12 10:18
ペーパーナイフ・・・その(2)
最初は、ペーパーナイフを作るつもりではなく、本物のナイフを作る前のイメージ・モックアップを作っていたのが、木肌に魅せられて、かなりの数のペーパーナイフを作りました。 人様に差し上げるのに手頃なものなので、半分くらいしか残っていません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/11 20:37
ペーパーナイフ・・・その(1)
最近はペーパーナイフというものは、あまり使われないようです。 高校の同期会で、かつてのマドンナにプレゼントしようとしたら、「電動レターオープナ−を使っているから要りません!」と断られてしまいました。 きっと、とても簡便なのでしょう。 でも、ペーパーナイフはホッチキスの針を外すにも便利ですよ。 箆の代わりに接着剤を延ばすにも使えるし・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/11 20:20
家紋 印籠
記録というか継承のために、子供たちが忘れないように家紋を入れた印籠を作ってみました。 「雪環に梅鉢」という紋です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/11 20:01
犬の散歩用品
我が家のブラッキー嬢の迷子札です。 真鍮の板を適度な大きさに切って、ルータで名前を彫ってあります。 裏面には、飼い主(私)の名前と電話番号が彫ってあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/10 22:16
欅材刳り抜き椀
私が住んでいる練馬は石神井の在も、まだ私が中学生の頃までは、通学途中に雑木林を通り抜け、捕まえたクワガタを筆箱に入れて学校に持ち込んだりしたものですが、新青梅街道が作られてからは、急速に宅地化も通り越して商業地化してしまい、昔の面影はありません。 遥か一面に、風に波打つ麦畑などがあったことが夢だったかのように思われます。 僅かに散在する旧農家は今やマンション経営の大地主であり、取り残されたように植えられていた大きな欅の木が、駐車場拡張のために切られていたものを頂いてきました。 家から歩いて1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/10 01:02
木の小箱
これは、30年くらい前に結婚したばかりの頃に作った、螺鈿細工の爪楊枝入れです。 未熟な作で、人さまにご覧に入れるようなモノではないのですが、何か愛着があるので掲載させて頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/10 00:18
竹製の靴べら
我が家の玄関には、不必要に沢山の靴べらがあります。 お客さんが気に入ったものをお持ち帰り頂いています。 ですから、出来の良いものから無くなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/08 23:35
竹簡と和歌
シューベルトのピアノ五重奏曲「鱒」は、初夏の頃に私が山女魚釣りに行く時のテーマソングです。 そして、志貴皇子の万葉和歌、「岩ばしる垂水の上の早蕨の萌えいずる春となりにけるかも」は、岩魚の解禁の頃、そして山菜の季節のテーマソングです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/08 22:28
胡桃(クルミ)の透かし彫り根付け
ヤマメ釣りに行く里山の沢には、野生の胡桃(クルミ)の木が多い。おおざっぱには、2種類あるように思える。 堅果がフットボール様の形状のものと、ふっくらと鬼灯(ホオズキ)のような、ハート型を膨らましたようなタイプとがある。 9月末の禁漁間際に、胡桃は実って沢に零れ落ちる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/08 00:18
女性向けに・・・アクセサリー
アワビの螺鈿で、菊花模様、カタバミの葉っぱ。 指輪は、食卓の牡蠣殻から発見した扁平真珠。 黒い石は、北海道旅行の糠平温泉はずれの林道で拾った黒曜石を研磨しました。 緑の瑪瑙は妹がドイツで買ってくれた原石を加工したものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/05 21:21
山のドングリ
身近な木の実である、栗やドングリを木で作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/02/05 20:53
木製の灰皿
ピースを1日30本、40年間吸い続けて、検診時に正直に申告すると肺ガンの再検査になるので、過少申告している私ですが、近くの農家が駐車場を作るのに切り倒した欅の材を貰って灰皿を作ってみました。 欅はとても固くて、電動工具はドリル程度しか持たない私にとって、殆ど手鑿ひとつでの加工には固くて泣かされましたが、その分、火にも強い。 タバコの火をもみ消す程度では焦げもしません。 結構、気に入って愛用しています。 特に四角のものは、無造作に鋸で挽いた6面体で、どの面をとっても平行や垂直ではなく、歪な立方形に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/04 15:28
スポーツ吹き矢の置き台
最近、友人が健康増進を兼ねてスポーツ吹き矢を始めたという。 体育館で的に刺さった矢を抜きに行く際に、ちょっと吹き矢を立てておく台が欲しいとのことで、作ってみました。 子どもの玩具と違い、スポーツ吹き矢は2万円くらいするらしい。 しかも、長くて重い。 これをしっかり立てて置けて、かつ、持ち運びには小さく軽くという二律相反する注文である。 サワラの丸木を刳り貫いて底に鉛を仕込んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/04 13:09
小品工芸 鰍工房 ブログ・レビュー
  「自然素材を利用して、身の回りの使える小物を作ろう!」   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/27 21:17

トップへ | みんなの「小品工芸」ブログ

鰍工房 手作り小品工芸 工作日記 小品工芸のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる