鰍工房 手作り小品工芸 工作日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 北品川から仕立て船でシロギス釣り

<<   作成日時 : 2018/06/03 00:02   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

本日は、学生時代の釣り部のOB会がおこなっている毎年一回のシロギス釣り。
このところ、痺れて固まってしまう左脚を庇うためか、右足の膝が痛んでなりません。
二次会に参加する為には、電車で行かねばなりませんが、品川でJRから京急に乗り換える階段、そして北品川から立体歩道橋を越えねば船宿である平井丸には行けないのですが、重い釣り道具を担いで、痛む脚では品川駅の階段も北品川の歩道橋も無理。

という訳で二次会は不参加として車で行くことにしました。
車では初めて行く場所で、遅れるわけには行かないので、7字半集合のところ、5時半に家を出ました。
早朝でもあり、青梅街道、山手通りともに渋滞もなく、現地近くの開かずの踏切りも難なく通過したため、6時半に平井丸の船着場に到着。 早く家を出過ぎましたね。
帰途も1時間半で自宅に帰着。 思ったより近いな。

今年は参加者が19人と少なく、仕立船も一隻のみでした。
OB会も老齢化して、年々参加者が減ってきました。
来月70歳の私が、参加OBで下から3番目の若手ですからねぇ。
創部60年を越えるサークルですから、中には親子3代、この部に入っている者もいいます。
大橋巨泉のお兄さんが3代目の幹事長をしていた学生の会なのです。

8時、いざ出船。
画像

お孫さんを連れてきた先輩もいます。
画像

そういえば、昔、私も息子を連れてきたことがあったのを思い出しました。
来年は、孫でも連れてきますか。

船は羽田沖を通過し
画像

頻繁に離着陸するジェット機を見ながら
画像

画像

海ホタルを越え
画像

横浜沖も越え、
画像

その少し先で釣り場に到着。 航程50分。
1時間に5尾ほどのポチポチのペースで釣れた。
型は、そこそこ良く20センチ以上が大半。
画像

イシモチも混じって、途中の釣果。
画像

終始穏やかで、風もなく、絶好の釣り日和でした。

帰宅して釣果を確認。 シロギス18尾、イシモチ7尾、イワシ1尾
右から2番目の30センチほどの魚は、尾鰭の形状が中央が尖っており、魚体も黒っぽいのでクログチかと思われます。 これまで、あまり釣った記憶がありません。 刺身にしましたが、旨かったです。
画像

他に、サメ3尾、フグ1尾、トラギス2尾をリリース。

イシモチは大きい方から3尾を刺身に。 これがクログチの1尾分です。
画像

4尾を開きにして塩干しにします。
画像

シロギスも良型を2尾、やはり開いて干しています。

残りのシロギスは、中型を天麩羅に
画像

小型は、私の大好物である吸い物の椀種に。 
少し片栗粉をまぶし、ミツバを入れただけのシンプルな椀ですが、とても上品な味です。
画像


残りは、近くにある家内の実家にお裾分け。
画像

天麩羅やフライ用に下拵えしたシロギス6尾と、イシモチ2尾分の刺身です。

4時起床して、今が夜中の12時になろうとしているところですが、楽しかったので、何も疲れた感じはありませんでした。
帰宅してからの、魚の処理が慌しかったですけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北品川から仕立て船でシロギス釣り 鰍工房 手作り小品工芸 工作日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる