鰍工房 手作り小品工芸 工作日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 落合川から黒目川合流点まで川見の散策

<<   作成日時 : 2018/02/11 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2月7日、M先輩が
『散歩がてら川を見に行こうよ』
と言ってきたので、即、OK。

ヤマベ釣りのポイント調べを兼ねての川見の散歩です。
東久留米市の南沢湧水群の公園付近に車を停めて、先ずは湧水地点の見学。
それから、落合川を見ながら下って行きました。
勿論、手には釣竿。

しかし、落合川はフェンスがしっかりと作られていて、しかもセキショウモがびっしりと繫茂しており、藻の切れ目をフェンス越しに探ってみる程度。
ヤマベは釣れず、釣れるのは小型のカワムツとアブラハヤばかり。
川虫も、あまり採れません。

2kmほど下ると、黒目川の合流点に出ます。
合流点下手の黒目川から、落合川との合流点を見た写真です。
画像

黒目川に入ると、黒川虫は沢山いるし、セキショウモは全く生えておらず、全然異なった様相になります。
右岸にはフェンスがありますが、左岸はフェンスもなく自由に土手から川に降りられます。

それに、お友達になりつつある彼(彼女?)が、すぐにお出迎えしてくれました。
画像

クローズアップすると、例のカワセミくんです。
画像


この日は、歩くことを主眼にしたので、私の釣果は、カワムツ4尾、アブラハヤ6尾でした。
M名人は、カワムツ10尾、ヤマベ1尾、アブラハヤ数尾。

落合川はダメという結論で、次回は黒目川の産業道路から下流方面のポイントを調査したいと思います。

私は、埼玉県の川には、ハヤ・ヤマベ釣り、タナゴ釣りで世話になっていますので、例年、県内共通雑魚遊漁の年鑑札を購入していますが、M名人も、こんな手近な遊び場があるなら、と今年から購入するとのこと。
3月1日〜翌年2月末までの年鑑札が5千円。
河川管理の寄付金みたいな気持ちで、私は毎年購入しています。

それと、某沼でタナゴ釣りをしていると、
『ここは、俺たちのへら鮒釣り場なんだから、邪魔だからタナゴ釣りは禁止だよ』
などとぬかす不埒な輩がいるので、そういう時に
『この紋所が目に入らぬか!』
と水戸黄門の印籠よろしく示して見せ、不埒な輩を撃退するのに大変便利です。
鑑札と一緒に送られてくる、県内の釣り場一覧には、黒目川も切れ所沼も載っており、対象魚一覧にはタナゴも明記されていますので、これもクリアファイルに入れて一緒に持ち歩いています。
釣りをしていますと、いろんなことを言ってくる人がいますから、自分の正当性を証明する為の必須アイテムですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
落合川から黒目川合流点まで川見の散策 鰍工房 手作り小品工芸 工作日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる