鰍工房 手作り小品工芸 工作日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 台風で大増水後の高麗川でヤマベ釣り

<<   作成日時 : 2017/10/26 20:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

超大型といわれた台風21号の来る前には好天の予報だった25日(水)。
稲門会のメンバー4人で高麗川にヤマベ釣りに行きました。
釣りとしては、怠けて朝は7時の遅い出発でした。

この日の天気は台風による気圧配置の変化で大きく狂ってしまいました。
晴れ男を自認している私でも、超大型台風には勝てずに雨模様の釣りとなってしまいました。

台風豪雨による大増水の2日後の高麗川巾着田付近です。
画像

川幅が平水時の5倍はありました。
画像

全川、洗い流されて白川と化していて、茫漠としてポイントの把握が難しい。
川虫も流されて全く採取できないので、持参のキジ餌で竿を出します。
画像

そんな中、M先輩のポイントを見抜く眼力鋭く、3時間で50尾ほどの釣果。
これはスゴイです。 こんなスゴ腕の人は見たことがありません。
画像

私は、魚信は少ないが良型が付いていそうな荒瀬を狙い、カワムツなしで、ハヤ・ヤマベを20尾ほど。
写真は、まだ途中で10数尾程度が入っていますが、良型揃いでした。
画像

しかし、ポイントが茫漠として狙いが定まらなかった初心者2名は、ほぼボウズ状態。
どこに竿を出しても釣れた夏の釣りとは様変わりで、釣果には経験の差が歴然でした。

断続的に小雨が降るなか、正午を過ぎると本降りになってきました。

多摩川原人(ホームレス)風な、ターフ・シートを木の枝を利用して張りまして、
画像

お約束の、素揚げパーティの始まりです。
画像

私の愛用の銅製の活かし缶ですが
画像

食べきれない分の魚を、缶を流れに沈めて生かしておいたのですが、
帰るときに、置き忘れてしまうハプニング。
30分ほど車を走らせてから気が付きました。 
急いで取って返し、無事に回収できました。 良かった!
中の魚も、すべて元気いっぱいで、川にリリースしてあげました。

最初、川を見た時には、心中では全員ボウズもあり得るな、と小心者の釣り部長は覚悟したのですが、小型魚とカワムツは流されたのか殆ど釣れず、大増水の激流に耐え残った良型のヤマベ(オイカワ)とハヤ(ウグイ)中心に釣れ、なかなか難しいところが楽しい釣りになりました。
川虫も川中に満ちあふれ、どこに竿を出しても入れパクの夏の釣りとは違って、一面茫漠と同じ流れに見えるなか、ちょっとした流速の違いを見極めて、魚の付く筋を探し出して釣るのは、釣趣満点でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台風で大増水後の高麗川でヤマベ釣り 鰍工房 手作り小品工芸 工作日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる