鰍工房 手作り小品工芸 工作日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 3年ぶりに石神井公園に遊ぶ

<<   作成日時 : 2017/09/03 06:03   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

石神井公園ボート池は、我が家から歩いて25分ほど。
クロスケの散歩には時々行きますが、釣りはもう3年以上もしていません。

というのも、東京都が経費節約ということで、揚水ボンプでの地下水からの給水を止めてしまったからです。
その影響は甚大で、酸欠やアオコの発生が甚だしく、まず水質悪化に最も弱いテナガエビが壊滅してしまいました。 
在来のクチボソなども激減し、増えているのはブルーギルばかりという惨状です。
豊洲市場用地には、汚染水対策で50基を越える揚水ポンプを24時間体勢で稼動させているのに、たった1基のポンプの電気代をけちって、都民の憩いの場の水を保全しないのは悲しいことです。
井戸というものは、使わないと枯れるものなので、もう4年以上もポンプを止めているので、井戸自体もダメになっているでしょうし、ポンプもメンテナンスされていないから、壊れているでしょうね。

この処の多雨で、少しは魚の活性も上がったかと、昨日、久々に様子を見に行ってきました。
朝のうちは雨でしたが、10時過ぎには雨も上がり、昼前に上州屋に行ってアカムシを購入、そのまま石神井公園まで自転車を漕いで行きました。
ボート乗り場の売店で、500円の牛丼を買って弁当にします。

今回は、今年7月に作ったタナゴ竿の試し釣りも主要な目的です。
布袋竹製の中通しタナゴ脈釣り竿 http://kazika-koubou.at.webry.info/201707/article_4.html
と、丸節竹製の浮木釣り用のタナゴ竿 http://kazika-koubou.at.webry.info/201707/article_3.html
の2本です。

釣りの支度を始めていると、カズやんもやってきて、並んで竿を出しました。
しばらすると、ヌマチチブが釣れました。
画像

画像

その後が続かず、カズやんからグルテンを分けて貰って、浮木釣りの竿に替えます。
直ぐに、ブルーギルが釣れる。
カズやんは、クチボソを4連チャンで釣り上げています。 さすがに上手いですね。
私は、その後はポツポツと遠い間隔で、ブルーギル主体にクチボソが釣れましたが、魚信が遠い。
3時半過ぎに、アカムシ餌に替えたら、グルテンに寄っていた魚が飛びついてきました。
その後、いい調子になってきて、5時過ぎまで頑張りましたが、クチボソ10尾、ヌマチチブ3尾、ブルーギル24尾ほどが釣れ、初使いの竿の調子は浮木釣り用の方は、充分に試すことが出来ました。
脈釣り用の中通し竿は、もう少し魚影の濃い釣り場で試さないとダメですね。

カイツブリの親子が、「餌ちょうだい」とべったりで、遠くに泳いで行っている時でも、口笛を吹くと寄ってきます。
ブルーギルは、特定外来魚ですから法律に従って、リリースせずに全てカイツブリ親子に投げてあげました。
在来魚のクチボソ(モツゴ)とヌマチチブはリリースしました。

この日は、久し振りにクロちゃん(犬ではなく人間です)や、フレンチブルドックの子犬を連れたHさんなどと会い、楽しかったです。 
以前のように、テナガエビが釣れるようになれば、また石神井公園に通ってもいいのですが、早くそうなって欲しいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
お師匠様

子供が大きくなるにつれ公園で遊ぶ機会も減ってしまい、池がその様な事になっているとも知らず…
大変、ご無沙汰をしておりました。

お元気そうなご様子、機会がありましたら今度は犬の教育を教えて下さい。
H
2017/09/03 15:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
3年ぶりに石神井公園に遊ぶ 鰍工房 手作り小品工芸 工作日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる