鰍工房 手作り小品工芸 工作日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 曙寒竹でタナゴ竿を作る(仕上げ編)

<<   作成日時 : 2017/05/08 16:15   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

この竿の製作作業に関し、前半の造作作業については、
5/1に掲載の記事、『曙寒竹でタナゴ竿を作る(下拵え編)』
http://kazika-koubou.at.webry.info/201705/article_1.html
でご紹介しました。

それから1週間、何とか使用できるレベルに出来上がりました。
画像


この間、竿に塗装を繰り返しながら、竿袋に収納しての持ち運び時に、万一のことが無いように竿トレイを作ってみました。
私は、大抵は竹で竿収納筒を作っているのですが、今回の竿は、仕舞い寸法が60Ccm(2尺)と長くて、竿筒は作りにくかったので竿袋とした為です。

材料は、庭に生えていた孟宗竹の伐採後4年の材です。
画像

表側は表皮をキシャいで、内側は薄く削っています。 
長さは当然、タナゴ竿の仕舞い寸法となっています。
画像

漆で塗装し、風呂場で温度と湿度を管理して乾燥しています。
画像

出来上がった、竿トレイです。
画像

画像

竿も、拭き漆を7〜8回ほど行なって塗装が終了です。
画像

竹トレイに竿を載せ
画像

トレイごと竿袋に入れ
画像

竿袋に安全な形で収納できました。
画像

後は、手薬煉ひいてタナゴ釣り場に行く日を待つのみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
曙寒竹でタナゴ竿を作る(仕上げ編) 鰍工房 手作り小品工芸 工作日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる