鰍工房 手作り小品工芸 工作日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 練馬稲門会釣り部の渓流釣り体験会

<<   作成日時 : 2017/04/04 11:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私が部長をお引き受けしている練馬稲門会釣り愛好会は、従前は船釣りだけでしたが、前回初めてワカサギ釣りを実施したところ、川の釣りもやってみたいというメンバーが多く、今回(4/2)に、練習会を行いました。

午前中は、あきる野市の秋川中流部に架かる東秋留橋付近で、渓流竿の扱い方や餌の付け方などの基礎訓練を実施。
しかし、2週間前に秋川漁協が数千尾のヤマメを放流したといって入漁券を売りにきたにも拘わらず、我々はもちろん、地元の釣り師たちの誰にも当たりすらありません。 
本来は、ウグイやオイカワしか棲まない、こんな中流域にヤマメを放流し、安い雑魚釣り券でなく、高価なヤマメ釣り券を売りつけ、しかも1尾も釣れない。 
雑魚釣りで、川釣りの練習をさせようと思っていたのに、詐欺みたいなものですよ。
こんな場所にヤマメを放流しても、数日で釣りきられてしまうのだから、永くともヤマメ放流の1週間後には、本来の雑魚釣り区域に戻すべきです。
我々一行だけで7人、ひとり2千円もの入漁券代を秋川漁協に寄付したようなものです。

11時前には、秋川での川釣り基礎講習を中止し、車を1時間半ほど飛ばし、日原渓流釣り場まで大移動です。
日原川は、東京都の最高峰、標高2000mを越える雲取山を水源とし、秩父山岳とは背中合わせに位置する険しい谷ですが、この管理釣り場は、全くの自然渓流のまま、安全面に配慮した木橋と小道だけを整備した釣り場で、在来のヤマメや、雨後には源流から下ってきたイワナも釣れるという、自然環境のままの釣り場です。
場所も、鍾乳洞のある小川谷への分岐を過ぎた、かなり上流部に位置しています。
画像

画像

画像

参加したYさんも、ヤマメをヒット。
画像

私も良型ヤマメをゲットしました。
画像

周囲の山肌には、前日に降ったという雪がうっすら残っています。

私がこの付近に来るのは、もう何十年ぶりでしょうか。
若かりし日には足繁く通い、この少し上流の日陰名栗沢の出会い付近から入渓し、唐松沢や大雲取沢などにも入り込んでヤマメやイワナを釣ったものです。
東京の渓とはいえ、日原川は過去に遭難事故で何人もの死者も出ているような険阻な谷です。
残念ながら、懐かしい思いは尽きませんが、70歳を目前とし腰を悪くしている今となっては、昔のような遡行・高巻きは思いもよらず、ただ昔を懐かしく想うのみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
練馬稲門会釣り部の渓流釣り体験会 鰍工房 手作り小品工芸 工作日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる