鰍工房 手作り小品工芸 工作日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ジョンジョロ(シロゲンゲ)を食べてみた

<<   作成日時 : 2017/03/17 21:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、彼岸の入り。 
都営小平霊園にある我が家の墓地にクロスケも車に乗せて墓参。
我が家から、車で小一時間の距離です。 
折角ここまで来て、私の大好きな角上魚類を覗かないという手はありません。

ここでは、私は骨董市で掘り出しモノを探す感覚で魚を探します。
高価な魚が美味しいのは当たり前。 
それに、タイやブリ、ヒラメなどは、ありきたり過ぎてつまらないです。

旬で大量に捕れて、安くて美味しい魚、例えばトビウオとか、ハタハタとか。 
或いは、見た目が悪いうえ漁獲量もまとまらず、産地では捨てられるか
超安値で叩き売られている魚。
こういう安くて、美味しい魚を探すのが楽しいですし、お魚通(ツウ)というものです。
しかも、初めて食べる魚なら、期待感もひとしおというものです。

今までにも、ミシマオコゼ(ウシガンコ)、ゴッコ(ホテイウオ)、ケムシカジカ、ハチメの類、
そういったモノにトライしてきました。
ミシマオコゼの名は、三島女郎から来た名前で、見目は悪いが喰っては美味い・・・、
こういう魚を探すのが趣味とでも言っておきましょうか。

本日は、ジョンジョロ、カジカ(海のカジカ)、宗八カレイの3種を購入。
ジョンジョロ・・・1尾 300円、カジカ・・・300円×2尾、 宗八カレイ・・・1尾 400円
計 1,300円也の買い物でした。

まず、目に止まったのは、ジョンジョロという魚で、深海魚系の姿をしており、
コラーゲンたっぷり系のフルフルした感触の魚です。
ぼうずコンニャクさんの市場魚類図鑑で調べましたら、ゲンゲの類で、この仲間には、
ノロゲンゲ、シロゲンゲ、クロゲンゲ、アゴゲンゲ、カンテンゲンゲなどがあるようです。
写真で突き合わせた限りでは、買ったジョンジョロは、シロゲンゲと思われました。
画像

ヌルヌルするヤツを出刃で開いてみますと、綺麗な白身です。
画像

今夜は、試しに3分の1ほどを使って味噌汁にしてみました。
画像

まずは、期待とおりの食感で、フルフルとコラーゲン系の身を美味しく啜って頂きました。
味の薄い魚だったので、もう少し、味噌を濃くした方がよさそうでした。
残りの身は、明日、煮付けか唐揚げにしてみる予定です。

鰍工房のカジカは淡水渓流に棲む魚ですが、このカジカは東北地方や北海道ではポピュラーな海水魚です。
画像

これは、定番の煮付けにして、カサゴに似た味で非常に美味でした。
一緒に煮ている魚卵は、ソウハチカレイの卵で、これは当然ながら美味でした。
画像

小骨が多いのだけが難点。 
それが無かったら、高級魚として高値で取引されても不思議ではありませんね。

ソウハチカレイは、別に珍しくもない魚ですが、安値で沢山出ていたので買いました。
画像

このサイズで1尾400円なら、お買い得ですよ。
まったく、大金かけて釣りに行くのが馬鹿馬鹿しくなってしまいます。
画像

これも、明日の晩に煮付けか唐揚げにする予定です。

夫婦二人分で2日分の夕食メイン・ディッシュ食材が、1,300円ならマズマズでしょう?
それに、とても美味しい魚たちです。
しかもジョンジョロはコラーゲンたっぷりで、腰痛や肩痛にも効きそうな気がします。
食後の今も、腹の底から、身体がポカポカしてきてます。
明日の朝、起きてみたら五十肩痛が和らいでいそうで楽しみです。

< 3/18 追記 >
今日は、唐揚げ。 および二夜連続のジョンジョロの味噌汁でした。
画像

ソウハチの唐揚げは、当然ながら美味でした。
ジョンジョロの唐揚げは、味が薄く、また意外と骨が硬く、身肉の質として、鍋・味噌汁のようなもの方が向いていると思いました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジョンジョロ(シロゲンゲ)を食べてみた 鰍工房 手作り小品工芸 工作日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる